七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

「 何者 」  於 シネプレックス幸手

お付き合いで鑑賞。

今どきの若者たちの就活環境を描いた群像劇。
自分はバブルの余波が残っている時期に社会へ出た。
就活も殆ど苦労無しに第一希望へ決まった。
却ってそれが良くなかったかなと回顧する事もある。

今は学生・企業共に色々と事情が複雑なようだ。
面倒なプロセスも多そうで、気の毒にも思えた。
しかしそれが世代と云うものだろう。
 
 
 

  1. 2016/10/24(月) 23:59:55|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0

「SCOOP!」  於 109シネマズ菖蒲

到着が遅れて冒頭を見逃す。
ひと暴れした後のようだった。
福山雅治、二階堂ふみ、リリー・フランキーと好みのキャスティング。
思わずアッとなる終盤の展開。 面白い一本だった。
いずれVODにでもなったら冒頭を確認せねば。
 
 
 
  1. 2016/10/23(日) 23:59:41|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0

「ジェイソン・ボーン」 - Jason Bourne - 於 TOHOシネマズ新宿

デイモン主演の四作目、全体では五作目となる。
既に観る側に心構えが出来てしまっているので刺激は少なかった。
アクションもカーチェイスも高いレベルで絵作りはされていた。
しかし三作目で描かれたタンジールの追跡劇を超えるものは無かった。
あれがこのシリーズのピークだったかも知れない。
次はあるのか。あるとしたら超えるものは出来るのか。
本作で前作から9年。デイモンも確実に歳をとっている。
 
 
 
  1. 2016/10/15(土) 23:59:23|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0

「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」 -The BFG- 於 シネプレックス幸手

お付き合いで鑑賞。
正直、おじさんが観て面白い類では無かった。
児童文学のようで懐かしさはあった。
ガリバーとか思い出したりして。
巨人が人間の食糧をチマチマ食べるシーンはいつ見ても面白い。
そしてとても美味そうに見える。
 
 
 
  1. 2016/09/19(月) 23:59:20|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0

「シン・ゴジラ」  於 TOHOシネマズ新宿

面白かった。
やはりゴジラは日本人に限る。

ただ、さとみちゃんより まさみちゃんに出て欲しかったな。
 
 
 
  1. 2016/07/30(土) 23:59:03|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0
次のページ

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (60)
演芸など (306)
フォト・キネマ・アートとか (152)
道具のたぐい (37)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

archive

counter

search form