七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『 通ごのみ ~扇辰・白酒二人会~ 』 於 日本橋劇場 / 平成二九年三月三〇日

一目上がり / かな文
紫檀楼古木 / 扇辰
花見の仇討 / 白酒

仲入り

親子酒 / 白酒
幾代餅 / 扇辰


扇辰の一席目「紫檀楼古木」は初めて聴く噺と思われ。
(落語リストをもう丸三年もつけていない)
羅宇屋と御新造のやりとりが面白く、軽妙に聴かせる噺だった。
白酒は「花見の仇討」が先日の白酒ひとりと重なってしまった。

この二人会はお互い持っているものが違うので楽しめる。
なるべく都合をつけて通いたい会のひとつである。

やはり潰し合いになるような顔づけは飽きてしまう。
一方が弾けるなら他方はしっとりと聴かせてほしい。
個々に好きな噺家でも組み合わせによっては似たり寄ったりで退屈する。
弾けまくって面白いだろうと行ってみたら単調な芝居だった事もあった。
これが三人会だとひとり一席だし、何となくでも聴けてしまう。

二人会こそが世話人の企画力と客の選択眼が試される芝居ではないだろうか。
 
 
スポンサーサイト
  1. 2017/03/30(木) 23:59:01|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

『第54回 白酒ひとり』 白酒独演会 於 国立演芸場 / 平成二九年三月九日

馬の田楽 / 白酒
辰巳の辻占 / 白酒

仲入り

花見の仇討 / 白酒


昨年九月以来の独演会。三回ぶりである。
テケツを買い忘れたりでご無沙汰であった。
三席とも良かったが初っ端の「馬の田楽」が今日一番だった。

はねてからも久々にゴールデン街。
ママさんがしばらくお休みをとっていた。
お休み前に行ったのは去年の三月、実に一年ぶり。
その後お休みに入る夏前に顔を出そうと何度か寄ったが入れず。
満席だったり、臨時のお休みだったり。
長期のお休みを挟んで都合四~五回振られていた。
そんなこんなで一年振りになってしまった。

無沙汰になったのは新宿エリアへ出向くことが減ったのもある。
末廣亭にでも行けば程近いので寄り道し易いのだが。
家からは一番近いこの新宿の定席には一度も行った事がない。
上野と池袋が専らなのは、それぞれが駅から近いからだ。
末廣亭は家からの距離は最短であるが駅から離れている。
ただそれだけで行った事がない。
日本橋や人形町で落語を聴いた後にゴールデン街へ行く。
その時には新宿三丁目駅から末廣亭の前を通って行くのだが。
それを思うと奇妙な話だ。
その気になれば家から徒歩圏内の末廣亭に縁がないのは不思議もある。

白酒の会の記事なのに横道に逸れてしまったな。
 
 
  1. 2017/03/09(木) 23:59:52|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

『 小辰の十三ヶ月(第三回) 』 小辰独演会 於 お江戸日本橋亭 / 平成二九年三月三日

たけのこ / 小辰
不動坊 / 小辰

仲入り

御神酒徳利 / 小辰


ひと月振りの落語、前回の小辰以来だ。
忙しくて落語日照りだった。
そもそも暇つぶしの落語なのだからそれで良いのだが。

「たけのこ」と云えば亡き喜多八の高座を思い出す。
喜多八は好んで聴いた噺家の中で初めて鬼籍に入ったせいか事ある毎に思い出す。

この日の小辰は本調子ではなかったか。
この会は根多おろしでナーバスにもなっていよう。
途中、携帯がなったりで芝居の雰囲気も味方してくれない。
それでも三席演りとげた。
こうした修練の積み重ねなのだろう。
芸の道はこれだから面白い(観る側にとっては)。

はねてピッコロへ。
以前、扇辰や小辰の会でお会いする人に高円寺演芸まつりの手拭を頼まれていた。
現物はピッコロのママさん経由でお渡し済みだったが、お代を受け取っていなかった。
直接お渡し出来なかった為、お代もピッコロに託されていた。
その後ご本人には何度もお会いしているのに、ピッコロへ行けずにいた。
お代だけが宙に浮いたかたちでお互い気まずかった。
これでスッキリ。ピッコロのママさんにも要らぬお気遣いをさせてしまった。
いつもどおり馬刺しでワインを飲んで帰宅。
 
 
  1. 2017/03/03(金) 23:59:20|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

『 小辰の十三ヶ月(第二回) 』 小辰独演会 於 お江戸日本橋亭 / 平成二九年二月三日

鈴ヶ森 / 小辰
火事息子 / 小辰

仲入り

宿屋の仇討 / 小辰


十三ヶ月、二回目。
仕事が押して開口一番には間に合わず。
急げば間に合ったが腹が減っていた。
日本橋から一駅歩いて尚且つ途中小諸そばへ寄った。
で、前座は聴けずに会場入り。

初回より客入りは良かった。
途中入場では座布団席には座れず、後方の椅子席に落ち着いた。
「鈴ヶ森」は相変わらず尻の穴がムズムズした。苦手である。
「火事息子」は圓生の音源の印象が強過ぎて誰のを聴いても今一つだ。
と、書いておいて現役では雲助の演り方が好みだったことを思い出す。
「宿屋の仇討」も白酒が何度聴いても面白くて圧倒的。

小辰は「金名竹」がいい。
長講ではないが、この噺は小辰で聴くのが一番好きだ。
やがては長講の中にも小辰が一番と思える噺が出て来て欲しい。

はねてからは新橋へ行った。
いつもの店の店長が御新造になられたのでお祝いを言いに寄った。
店長のご友人と云う若い娘さんがお客で来ていて、今年の一級に合格したと。
こちらも目出度い話である。
自分が取得した頃に比べて建築士の試験も随分難しくなっているだろう。
確か科目も増えている筈だ。
次の更新講習はいつだったか。そんな事を考えていたら酒が苦くなった。
 
 
  1. 2017/02/03(金) 23:59:21|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

『 冬 』 三三独演会 於 練馬文化センター 小ホール / 平成二八年一月三〇日

やかん泥 / 小はぜ
富久 / 三三

仲入り

堀部安兵衛 / 三三


この芝居の会場はいつも近所のなかのZEROホールだったのだが。
今回初めてネリブンになった。
古くて安普請な中野の施設に三三の愛想が尽きたかと思った。
ならば区民としては残念なことだが実際は違うようだ。
ZEROホールは年度末工期で大規模改修工事中なのだった。
それが明ければまた中野に戻ってくるだろう。来てほしい。

練馬もアクセスは悪くない。
家から大江戸線で一本だし、駅からの距離はZEROのそれより近い。
それでもあの練馬より見劣りする中野の施設の方が落語の小屋には相応しく思えるのだ。
芝居がはねてからの帰り道、総武線各駅停車の車庫脇をぶらぶらと駅まで歩く。
あの感じも余韻に浸るにはちょうど良い距離と暗さである。
いろんな意味で、ZEROホールは落語向きの函だと自分は思うのだ。
 
 
  1. 2017/01/30(月) 23:59:35|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0
次のページ

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (64)
演芸など (318)
フォト・キネマ・アートとか (160)
道具のたぐい (40)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

archive

counter

search form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。