七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『第8回 産経新聞 平成特選寄席』 市馬・志らく・志ら乃・一之輔・菊六  於 赤坂区民センター 区民ホール / 平成二三年五月二四日

親子酒 / 菊六
持参金 / 志ら乃
粗忽の釘 / 市馬

(仲入り)

夏泥 / 一之輔
青菜 / 志らく


菊六は第一印象から比べると随分と印象が良くなった。
初聴きは平成21年度NHK新人演芸大賞を受賞した直後でノリノリであった。
嬉しかったのだろう。“オレ巧いでしょう”なオーラが出過ぎていてちょっと鼻についたのを憶えている。
ここ最近聴く機会が続いたが、落ち着いたと云うか空気圧が下がって寛いで聴ける感じになった。

対して一之輔は第一印象からそれほど変わらない、不敵な感じがまだ残っている。
こちらは平成22年度NHK新人演芸大賞受賞者である。
菊六と同じようにいずれ押し出しがおさまるのだろうか。
何となく彼はずっとこのままのような気もする。 好きにつけ、悪しきにつけ。

志ら乃は初聴き。 やはり立川流はちょっと異彩を放っている。
好き嫌いが別れるのも分かる気がする。
僕はまだ色々聴いてみたい駆け出しな客なので、
目に留まった噺家は機会があれば積極的に聴くようにしたいと思っている。

志らくと談春は暫く聴き比べて行きたい。 なかなか券の取り辛いお二人だが。
スポンサーサイト
  1. 2011/05/25(水) 12:00:21|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (53)
演芸など (299)
フォト・キネマ・アートとか (143)
道具のたぐい (36)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (13)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

archive

counter

search form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。