七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

群馬遠征 寝坊の末 -GUNMA expedition  03. Jul. '11 -

かつて 「飲め飲め団」 と云う大酒飲みの集団があった。
今や中心メンバーが50代となり、往時のように酒池を涸らすようなことはなくなったが、
この時期になると蛍を観がてら高崎郊外に温泉の湧く一軒宿に集まるのが恒例となっている。
兄が団長だったこともあり、自分も末席に加わり週末の宴に参加して来た。
しかし目的は宴席ではなく、そこを拠点に渓流へ入ることが目当てなのであった。

去年は宿から北上して川へ入ったので、今年は西側のエリアへ入ることに。
宿に着くなり荷物と同乗者を落とし、2時間ほど走り回って入渓点の見当をつけておいた。
・・・しかしついつい飲み過ぎてしまった。
日曜は3時半には起床、入渓ポイントへ4時過ぎに入って待機する目論見が、
目覚めると5時半、窓の外は既に明るくなっていたのだった。
その時点でもう止めてしまおうかとも思ったが、前日のうちに遊漁券を買ってあったこともあり、
今回はロケハン程度でもいいやと目的地へ車を走らせ、結局、6時半を過ぎて入渓に至った。

コンディションは悪くなかった。霧の立つ朝で、夜中に若干のお湿りもあったらしく餌釣りには好条件だった。
実際に谿へ降りてみるとトロ場と大渕が交互に現れるような渓相で、どちらかと云えばフライに適した場所であった。
それでもピンポイントで楽しめるのが餌釣りの良い所で、竿を出す場所にはこと欠かなかった。



230703


しかし、まず以って取り返せないのが時間である。
当初は4時過ぎから4時間ほど釣って8時半には宿に戻る予定でいた。
お尻は動かせないので釣ったのは2時間ほど。
釣果は17㎝の岩魚と18㎝の山女が1尾ずつ。
いずれもヒレピンで、尾鰭が鋭角で長いためこのサイズでは身が小振りであった。 立派に育てよとリリース。
どちらも姿は美しかったが、やはり山女の引きの方が手応えが確かで面白味があった。
と云っても 6寸はどう頑張っても 6寸であり、竿が撓ることはなかったのだが・・・

 
今回のツーリング <期間:2日>

  走行距離:344㎞       走行時間:6時間58分
  平均時速:49.38㎞/h   平均燃費:11.6㎞/L

スポンサーサイト
  1. 2011/07/04(月) 12:24:50|
  2. 旅や野遊び
  3. | コメント:0

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (60)
演芸など (306)
フォト・キネマ・アートとか (152)
道具のたぐい (37)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

archive

counter

search form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。