七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

澗声録 - my fishing logbook -

渓流釣りの記録をつけている。スカして 「 澗声録 - かんせいろく - 」 と気障な名前をつけて。
使っているのはミドリのトラベラーズノート。茶の牛革のカバーに5㎜方眼のリフィルを入れている。

・釣行番号 (行った回数)
・日付
・ロケーション (行った場所 川の名称)
・コンディション (天候 川の状況)
・入渓時刻
・脱渓時刻
・水温
・外気温
・使用装備 (釣具・服装・仕掛け・餌種など)
・釣果 (魚種・サイズ・釣った時刻・キープ or リリース)
・メモ (備忘録)

以上を記入して、当日正午の天気図・日鑑札・地形図・記録写真 などを貼り付けている。
見開き2頁で一回の釣行。
リフィルのほかにオプションのジッパーケースを追加して、
傷害総合保険の証書のコピーや、その遠征や釣行中に入手して残しておきたい紙片などを保管している。


logbook
澗声録

 
一冊目のリフィルの釣行番号が35になり、残り頁が半端になったので2冊目に差し替えることにした。
1番から9番まではきちんと記録をつけ始めるより前の釣行なので内容を省略記載したが、
レギュラー書式で記録すると1冊のリフィルで30回の釣行が記録出来、後ろに数頁の予備が出る計算になる。

久々に売り場へ行ってみると発売して5年経った今、色々とオプション展開がなされていて、
よりユーザーのカスタマイズへの対応が多彩になっていた。
売り場に揃っていないオプションもあるだろうと 専用サイト を覗いて見ると更に色々な小物が揃っているではないか。
ブラス製の定規は良さそうだ。 今度目に付いたら記録フォームの線引き用に手に入れよう。

オプションの他に目に付いたコンテンツが。 “便利なダウンロード集” と云うもの。
ノートサイズに合わせた地下鉄路線図・カレンダー・世界地図・度量衝換算表・国情報など多数、
色々なプリントアウトが用意されているのだった。
システムノートによっては有料で販売されているオプションの類が無料でダウンロード・プリントアウト出来る。
これはなかなか良心的なサービスと云えるだろう。 ミドリブラボーである。

因みにスクーバダイビングのログブックも2007年からこの5㎜方眼のリフィルを使ってオリジナルにしているが、
それを使い始めてから、小笠原父島と沖縄久米島へ一回ずつ行っただけでログが全然増えていない。
渓流釣りが5年で1冊使い切ったのに対してこちらは芳しくないこと・・・
言い訳をすれば5年の長きに亘って渓流釣りのビギナーズ・ハイが続いていることと、
スクーバにかかるコストが釣りに比してひと桁大きいことがその原因と云える。
まとまった休みをとって遠き島へ赴く誘惑は捨て難いのだが、
短く休んであちこちで釣り糸を垂らす日々の方が、今はプライオリティが高いのが正直なところなのだ。

ごめん、海の友よ。 今しばらく浮気を許してくれ。  木綿のハンカチーフを送るから。


  1. 2011/08/03(水) 12:05:19|
  2. 道具のたぐい
  3. | コメント:0

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (64)
演芸など (318)
フォト・キネマ・アートとか (160)
道具のたぐい (40)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

archive

counter

search form