七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

『 カーズ2 』 -CARS 2-  於 新宿ピカデリー スクリーン4

映画館の大きなスクリーンで観たかったなぁと、後になって悔やんだ映画が何本がある。
『 カーズ 』 もそんな中の1本で、DVD化されてからは甥っ子と何度となく観ている。

そうなると 『 カーズ2 』 は外せない訳で、何通りか見方がある中、3D吹替版で観て来た。

『 カーズ 』 の時系列そのままに続編であるが、
内容としては脇役だったメーターを主人公に据えたスピンアウトもののようだった。
スパイアクション映画に仕上がっていて一作目とは別物と思って楽しんだ方が良いと思う。
こうやってキャラごとにストーリーを作って行くと連ドラみたいに大量生産が出来るのだが、
更なる続編は果たして目論まれるのだろうか・・・それは今回の興行成績如何か。


cars2
[C] Disney/Pixar.All Rights Reserved.


見慣れた一作目の画像に比べて随分質感がリアルになっていた点が印象に残った。
そのことの良し悪しはあるだろうが映像技術は素晴らしく、丁寧なロケーションを窺わせる背景画も秀逸。
作り手も楽しんでやったのだろうなと思わせる遊び心あふれる映像だった。
最初の舞台となった日本の描かれ方も、ステロタイプの程よい匙加減が笑いを誘った。
とは云え、興行的に成功を収めた国を二作目の舞台に持って来るのはお伽話としては少々生臭く感じなくもない。
そう云う見方は大人の意地悪だろうか・・・。

エンドロールではばっちり Perfume の “ ポリリズム ” が流れていたが、あれは全世界共通なのだろうか。
デジタル編集は何でもありだから吹替版限定かも知れないが、あれがデフォルトだったら大したものなのだが。
 
  
  1. 2011/08/25(木) 11:44:36|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (58)
演芸など (305)
フォト・キネマ・アートとか (149)
道具のたぐい (36)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

archive

counter

search form