七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

歌武蔵・喬太郎・菊之丞 三人会  於 北区赤羽会館 / 平成二三年九月ニ九日

真田小僧 / 歌る美
禁酒番屋 / 喬太郎

(仲入り)

幾代餅 / 菊之丞
胴斬り / 歌武蔵



赤羽会館は少々高座の位置が高いものの個人的印象は悪くないのだが、
どうも赤羽と云う町自体の放つオーラが苦手である。
苦手な町として真っ先に浮かぶのは渋谷だが、
赤羽も赴くとどうにも気分がドヨ~ンとしてしまう場所なのである。

珍しい組合せだなと思っていたが、この面子での三人会は初めてらしい。

歌武蔵を落語教育委員会以外で聴くのは多分初めてだ。
案外と云っては師に失礼だが、まくらが面白い人だ。
もと力士だから相撲の話題も多い。
大きな体躯と大きな声で細かい毒を吐く。

噺の方は風貌もあってか、女っ気のない噺の方が合っている気がする。
今まで聴いた中では 「植木屋娘」 が印象に残っている。
娘は出て来るがひとことも喋らない。 植木屋の親方の演じ方が良かった記憶がある。

相撲のまくらの後に 「大安売り」 を遣ったことがあった。
出来れば 「佐野山」 をこの人で聴いてみたいが、持ち根多に入っているのだろうか。

今度師を聴けるのは年明け正月下旬の落教委になるだろう。
もう来年の話である。 やれやれ、鬼が哂うぜ。


スポンサーサイト
  1. 2011/09/30(金) 12:50:23|
  2. 演芸など
  3. | コメント:3

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (64)
演芸など (318)
フォト・キネマ・アートとか (160)
道具のたぐい (40)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

archive

counter

search form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。