七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ある日、森の中・・・ -大信溶接工業所製作 熊除け鐘-

昨年六月に信州新町のイソGハウスへ遊びに言った際に、それは他の魅力的なガラクタと共に机上に転がっていた。
手に取ってみると予想外に良く通る大きくて高い音が出た。 なかなか良く出来ている・・・欲しい。
イソGに訊くと以前買ったものだが記憶が曖昧だとのこと。 いろいろ調べたがついに見つけることは叶わなかった。

それが先日のこと、イソGから製造元の連絡先が出て来たとのメールが。
それを元に漸く見つけたネット情報は5年前と古く、現状が分からないので過度な期待はせず直接電話をしてみた。
技術職人を想起させる男性が出て、現在も作っておりコレクト便(代引き通販)で対応しているとの回答。
ダメ元だっただけに嬉しい誤算、予備も含めて二つ送って欲しいと頼むと翌朝には荷物が届いた。
初めて見た時から約十ヶ月。 随分と探し回って諦めかけていたが、突然に呆気なく手に入れることが出来たのだった。


bell
ホイッスルは大きさの比較のため撮影、付属品ではありません。


熊鈴、熊除け鈴などと呼ばれる。
これは鐘が衣服等に触れて鳴りが鈍くならぬように同材の円筒外殻がついている。
使わない時には中にぶら下がって鐘を鳴らす舌(ぜつ)にビニル製のカバーをして消音出来る。
真鍮と何かの合金らしい。 明言はされていない、企業秘密と云ったところか。
音は高く音量もそこそこある。 唯一のネット記事によれば熊が嫌がる音の波形とあるが、如何なものか。
これとカウベルタイプを併用すれはチリンとガランで按配が良いかなと思っている。

熊鈴は他人様に忌避される代物でもある。
確かに熊など出そうもない場所で絶え間なく音を出されると興醒めであることには自分も意見を異にしない。
静寂や自然音に身を置くことを楽しむ人々にとって、チリンガランと騒がしいのは確かに頂けない話だ。

自分が主に使うのは道なき源流部へ入る時。 別荘付近では熊が出たためしがないので必要ない。
逆に目撃情報や警告看板があれば町外れのエリアでも携帯している。

ただ出没情報の有無に関わらず、知らない流域に入る時は鳴らしたくなるものである。
こと渓流に関しては登山道と違って他人の迷惑になるケースが少ないこともある。
何処から鈴の音がすれば先行者が居る証でもあり、釣り人同士のアピールになる一面もあろうかと思っている。

しかし川で実際どこまで鈴の音が届いているのか判然としないこともしばしば。
熊は聞き慣れぬ音を嫌がる説を信じれば、空のPETボトルをベコベコ鳴らす方が効果的とは我がマスターのご意見。
このベコベコ音、確かにインパクトがあるのだ。

結局何をやっても遭う時は遭うだろうし、熊鈴もホイッスルも爆竹もカウンターアソールトも渓流鉈も、
熊と対峙するための道具と云うより心用意とでも云おうか、リスクへの決意表明みたいなものだろう。

気づけば四月。
なかなか釣りに行く時間が取れないが、今季は春も遅いしスロースタートにあまり焦りは感じていない。

でも、そろそろ谿に立ちたいのも、本音。


スポンサーサイト
  1. 2012/04/04(水) 11:08:38|
  2. 道具のたぐい
  3. | コメント:0

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (60)
演芸など (306)
フォト・キネマ・アートとか (152)
道具のたぐい (37)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

archive

counter

search form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。