七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第62回 板院展 於 東京都美術館

日本版画院主催の『 板院展 』 へ行って来た。
ダイビング繋がりの友人が出展しているのが縁で、昨年に続き足を運んだ。
昨年の会場は北千住だったが今回は上野の森。
もともとこちらがメインらしく、全面リニューアルの為に都美が休館だった去年までが異例だったようだ。

板院展は昭和27年に版画家 棟方志功の呼びかけで日本板画院が結成され、同年に第一回が開かれた。
今回はその草創期の作家たちの特別展示も初めて拝見した。

今年の作品の総点数がいくつあったのか・・・
同人・院友・一般と6頁に及ぶ展示目録を数える気にもならないが、
一頁二段組の一段に約40点の記載があったので400点以上ある計算だ。
当然一枚一枚じっくり観ていては時間が幾らあっても足りない訳で、
各展示スペースを回りながら直感的に目に留まった作品の前で足を止めるような観方になる。

今回は友人の作品を含めて27点の作品に目が留まった。
友人はダイバーだけに海を題材にした作品を手掛けることが多く、今回はイルカであった。
(彼女の版画は海のものしか拝見したことがない)
その彼女の作品は今回賞を頂いており、作品の脇に受賞の札が誇らしげに掛かっていた。
今回の制作に当たっては色々と苦労があったことを多少なりとも聞き及んでいたので、
受賞によってそれが報われた感があり、我がことのように嬉しい思いでその作品の前に立った。

彼女の作品の他に印象に残った26点を総括すると、
今年は自分の気分がそうであったのか、国内外を問わず風景を扱った作品が気に入った。
とても写実的で色も多彩な作品から まるで点描のような単色でシンプルなものまで、
大きさをを問わず見た目に分かり易く絵画的なものを素直に良いなと思った。


ban'in-62
作品は葉書になっている 友人のは何故か出展されてない方の作品だった・・・



友人をきっかけにここ二年、版画を鑑賞する機会が数回あった訳だが、
版画を前にいつも思うのは絵画とは異なる行程の厳格さだ。
基となる絵柄、作品によっては幾重にもなる版板の構築、刷りの厳密な合わせなど、
一枚の紙、或いはカンバスに向き合う絵画とは異なる技術の複雑さの魅力。
絵画も版画もやらない者が迂闊なことは言えないけれど、
絵にはない、まずそれが版画であることへの驚きは何度観ても色褪せない。
色々な意味で刺激的なひと時を味わえる版画鑑賞は、年に一度のお楽しみなのである。
出来ればその辺の解説を友人に聞きながら会場を回りたかったが、
実は彼女、現在は旦那さんの赴任先であるジャカルタにお住まいで日本に居ないのであった。
(今回の作品もそちらにて環境の整わない中での制作だった訳で・・・よく頑張りました)


tobi
東京都美術館 エスプラナード(広場)より望む


先にも書いたが会場となった東京都美術館はこの春に全面リニューアルした。
前川國男設計による建築は個人的に好みに合う空間構成で居心地が好い。
リニューアル前に足を運んだのがいつだったか憶えていないほど昔のことで、
今回ただただキレイになった館内をおのぼりさん宜しく回った訳だが、
やはり美術館建築はビルの一角に間借りしているギャラリーにはない
圧倒的な空間の落ち着きに心穏やかになることを再確認したひと時でもあった。

たまには美術館。 出来れば人出の少ない平日の夕方あたり。 お勧めです。


スポンサーサイト
  1. 2012/06/13(水) 12:28:46|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (60)
演芸など (306)
フォト・キネマ・アートとか (152)
道具のたぐい (37)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

archive

counter

search form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。