七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『 DOURAKUTEI出張寄席 「滑稽噺対決」~冗談いっちゃあいけねぇ~ 』 喜多八・白酒 二人会 於 北沢タウンホール / 平成二四年一二月〇四日

やかん / けい木
にらみ返し / 喜多八
宿屋の富 / 白酒

(仲入り)

紙入れ / 白酒
火事息子 / 喜多八

小田急線は都合十年通学に使った私鉄だが、社会に出てからは疎遠になっている。
昔は各停・準急・急行しかなかった普通列車も何やら種類が随分増えて、
パッと見てそれが自分の目的地に停まるのかどうか判別がつかない。
いずれにせよ下北沢は乗換駅なのでどれも停まるだろうと踏んで一番早いのに乗り込む。
(と云うのは嘘できちんと確認して乗り込んだ)

落語で来るようになって久々に降りてみると下北沢も随分様子が変わっていた。
中学生の頃は途中下車してゲーセンや飯屋へ寄り道したものだが、
駅周辺でも戦後闇市の名残が感じられる雑然とした雰囲気があり、
小洒落た私鉄沿線の中でサブカルなテイストも放っていたものだが、それも随分と薄れてしまった。
前日の睡眠不足もあったので、落語前の駅蕎麦はやめておいた。(腹がくちれば眠くなるので)
そもそも駅にある筈の箱根そばの場所が分からなくなってしまった。
確か昔は改札のすぐ脇にあって、その内外どちらからも入ることが出来た記憶がある。
もちろん、その間には大きな木の衝立があって無断で駅内外を行き来できないようにはなっていたが。
それこそ中学生の頃だったか、その箱根そばの前で大人のカップルが入る入らないで諍っていて、
もちろん入ろうとしているのは男の方でお姉さんが当然それを嫌がっていた。
昭和50年代の話である、女性が立ち食いそばに入るなんてことはまずなかった頃だ。
それでも男は腹が減ったと暖簾を潜ってしまい、お姉さんがふくれっ面で店前に佇んでいたのを憶えている。
女を困らせて優越に浸るとは安い奴だと中坊ながら思ったのを今でも憶えている。お姉さんはキレイな人だった。

タウンホールと駅の位置関係をいつも間違える。今回も反対方向へ5分以上歩いてから引き返す間抜けぶり。
時間には余裕があったので支障はなかったものの、かなり無駄足をした。
さすがに今回で位置関係は頭に刻まれたと思うので、次回は大丈夫だろう。 ・・・と思う。

白酒は独演より競演の方が気が楽だと常々口外している。
責任の分散、特に香盤が上の噺家とやる場合は(大抵の場合は)頼れるのでのびのび出来ると。
本心はどこにあるのか分からないが、見る限り喜多八との関係には心安いものを感じているような気がする。
シニカルでどこかアウトローを気取る両師にはお互い通ずるものがあるのかも知れない。

今年は圓太郎・白酒・兼好を追いかけると決めて始めたせいもあって、
特に白酒を沢山聴いた。 この会を含めて四十八席、今年最後の落語も白酒だから五十は超えそうだ。
さすがに少し食傷になりつつある。 年越しを機にバランスを取り直さなくては。
それでも聴いた高座の総数では白酒に次いで多い喜多八にはそれ程飽いた感じがしない。
そのあたりに両師の違いが伺えようか・・・白酒が今後、どんな歳の取り方をして行くのか、
まだお兄ちゃんな感じの師がオッサン丸出しになってどう立ち居振舞うのか、次のステージに興味津々である。

はねてからどうしようか考える。 この日は湯島の女将に関係のある日であった。
代々木上原から千代田線に乗り換えれば湯島まで足労なく行くことが出来たが、
少々時間も遅かったので出向いても閉店まで一時間を切るようだった。
その件は日を改めることにして、まっつぐ地元まで帰り、駅そばでかけを啜りコンビニでビールを買って帰宅。

駅そばの外でボクを待つキレイなお姉さんはいなかったけどね。
 
 
スポンサーサイト
  1. 2012/12/05(水) 23:59:58|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (60)
演芸など (306)
フォト・キネマ・アートとか (152)
道具のたぐい (37)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

archive

counter

search form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。