七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

酒肴と火あれば冬の宴 -河原乞食の忘年会-

師走に入り気忙しさを増す東京から山梨へ少し入った山間の河原で、焚き火を囲み飲み食い語らって来た。
年長のTさんを繋がりに浅ましくむくつけき男ばかり八人が集っての屋外宴会である。
山や釣りを愛す野遊び同好の士、久々に再会のTさん以外は初対面の方ばかりだが差し障る筈もなく。
そもそも全員が揃ったのが20時頃、闇夜の河原の橋梁下で焚き火に浮かぶ面差しを憶えようにも覚束ない。
それでも飲んで食べて語らう上で氏素性がそれほど重要なことではないのであった。

初参加ゆえ準備段階から手探りであった。
それでも食材は豊富に持ち込まれるので酒に重きを置くようにTさんからは申し付かっていた。
夜鳴き用に蕎麦と朝食用にホットサンドが出来るようにバウルー用の食材を用意し、
酒はワインと焼酎、ウィスキーの三種。 つまり温めて飲めるものばかりを持参した。

果たして噂どおりの食材の豊富さであった。
餅のように粘る自然薯を使った鮪の山掛けから始まり、前日釣り上げたと云うイカの刺身と一夜干、
他に魚介は鰯や氷下魚の一夜干に本ししゃも、肉は豚タンやシロコロを筆頭にホルモン類、鶏のソテーや串焼きの数々、
遥々佐久からいらした先輩は我が好物・信州新町本場のジンギスカンをご持参、
寸胴の中身は酸辣湯風辛スープ・・・で、しっかり炊飯まであるのだった。(他に忘れてたらごめんね)


kk3


酒より食らう比率が断然高い様相。 冷え込みに備えて体がエネルギーを欲しがっていたのかも知れない。
やがて腹がくちれば片手には飲み物、空いた手と身振りで今年の野遊びを振り返り語らう面々・・・。
自分は久々の焚き火を前に、頼まれもしないのに火の番に付き薪を足元にどかりと座り込んだものだ。
火を前にしてもやはり温かい飲み物は欲しい。 材料をマジメに揃えたホットワインが美味く出来た。
しかし酒の火力は案外持続性に乏しい、夜更け頃には牛乳たっぷりの紅茶に蜂蜜とバターを落とし暖を取る。
これが全身に熱を行き亘らせる。 カフェインに敏感な性質なので目も冴えるばかり。
結局、夜空に頭上の橋梁がうっすらと見えはじめる頃まで炎を見つめながら過ごしたのであった。
(因みに橋梁下なのでテント・タープ類は使わず、皆さんマットやコットにシュラフのみでご就寝・・・zzz )


kk4


夜明け前の冷え込みに一人二人と焚き火の前へ。火の番を替わって頂き仮眠を取る。二時間程まどろんだろうか。
やおら起き上がり、夜鳴きにしなかった蕎麦をと勇んで支度を始めた・・・のだが、
蕎麦やパスタはお湯が大量に必要、野外料理にはどちらかと云えば不向きなことは承知の上であったが、
朝の冷込みが追い討ち、湯が作れず皆さん待たせること多大なる時間、これほど湯沸しに気を揉んだことは嘗てない。
何とか茹でた蕎麦だが小さな鍋の湯はやがてドロドロと粘度を増し、終盤の蕎麦には妙な粘り気が出る始末。
あー、焚き火でも簡単に作れるホットサンドにしておけば良かった。
今回日の目を見なかったバウルーを横目で見つつ、後悔先に立たず。なのであった。

やがてすっかり朝の光に包まれていた河原。 ふーん、こんな所だったのかと見回しつつ、早くも撤収作業。
手際良き野郎共はカマドを始末し、ゴミひとつ残すことなく忽然と姿を消すのであった。

自主独立、されど和を以て貴しとなす (ちょっと違うか・笑)。
清算などと云ったチマチマした儀式もなく、それではまたいずれどこかでと、有るや無しやの口約束を残して。
河原乞食よ、今は何処(いずこ)で何する人ぞ。 一期は夢よ、ただ狂へ!



今回のツーリング <期間:2日>

  走行距離:146㎞     走行時間:2時間57分
  平均時速:49.5㎞/h  平均燃費:11.4㎞/L
 
 
  1. 2012/12/10(月) 23:59:27|
  2. 旅や野遊び
  3. | コメント:6

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (64)
演芸など (318)
フォト・キネマ・アートとか (160)
道具のたぐい (40)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

archive

counter

search form