七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

漆黒の闇で、パリに踊れ - Une nuit - 於 銀座テアトルシネマ

10月中旬に観た一本。

フィルム・ノワールと云うとフランス映画のようだが、Wikipediaによれば、
起源はフランスの映画評論家・脚本家のニーノ・フランクがアメリカの犯罪映画を指して与えた呼称らしい。
そこから逆輸入的にフランスで作られるギャング映画などを指すフレンチ・フィルム・ノワールが生まれたようだ。
本作はその系譜の最先端にある一群の作品の中のひとつだ。

清水に魚棲まずと云う言葉がある。 清廉・潔白ばかりが世の中を回している訳ではない。
汚れ役などと呼ばれる立ち位置に居場所を見つけて活躍する者も少なからず必要なのが世の中と云うものなのだろう。
それがビジネスであれ政治であれ、時として正義の徒である警察であれ。

主人公ワイスは夜のパリでクラブやディスコ、乱交クラブ、腐れたバーなどを巡回している犯罪取締班のリーダー。
ある夜、初めて巡回を共にする若い女性警察官を運転手にプジョーで街へ出る。
物語はもう若くはない男の主人公とこの若く魅力的な脇役、二つの目線から夜のパリを映し出す。
上司と部下、年長者と若者、男と女、このコントラストが物語にメリハリとリズムを与える。

物語の展開するその夜は何か不穏な空気が流れ、ワイスは自分が内部調査班の捜査対象となっていることに気づく。
犯罪の巣窟と対峙する彼にとって見逃しや贈収賄、恐喝や懐柔など狡猾な手段を駆使しながら
治安と保身をギリギリのラインで保っている事実があった。
それが違法であれ、そうする事で街と彼は生きながらえて来たし、ある意味必要悪として欠かせぬ要素でもあった。
巨大なギャング組織の罠、或いは古き友の裏切りの疑惑に緊迫した危険な夜が更けて行く・・・


Une nuit
 (C) Les Films Manuel Munz – Tout sur l’Ecran Cinema – Tf1 Droits Audiovisuels – UGC – France 2 Cinéma – Hole in One. 


かなり渋い映画だった。観ている時間帯もレイトショー、気分はいやでも盛り上がる。
ハリウッドの派手なドンパチがある犯罪アクションものとは対照的な娯楽がみっしりと詰まった作品であった。
主人公はある意味、悪いヤツだ。 そして刑事である。 そのことに何故か説得力があるのだ。

嘗て映画 「 今そこにある危機 」 の中でハリソン・フォード扮する主人公ジャック・ライアンは
ヘンリー・ツァーニー扮するロバート・リターCIA副長官に、
その清廉潔白な態度にボーイスカウトと揶揄されたものだ。
リターの台詞に「世の中は黒と白じゃないんだジャック、グレーなんだよ。」と云うのがあった。

本作の主人公ワイスは正にこのグレーの世界に生きていた。 
それもかなり黒に近いグレーの中に。 ライアンよりリターに近い主人公。
それが憎まれ役のバイプレーヤーではなく主人公であるところに、ノワールのノワールたる所以を感じる。
いやむしろワイスは黒なのか。するとリターよりあくどいか・・・
しかしそのあくどさの中に街の精気みないなものが垣間見えるところに、
表現しがたいリアリズムを感じる。 これも花の都パリが持つひとつの顔なのかと。

この魅力的な主人公を待つ物語の展開と結末の意外性にはやられた。 そう来たかと唇を噛んだ。
なかなか巧い物語の運び方に、フランス映画の手練手管の巧妙さを見せられた思いだった。
作中、終始降り続いたパリの夜の霧雨に全身すっかり濡れてしまったような後味がとても印象的であり、
偶然見つけて足を運んだマイナー作品であったが、これを埋もれさせずに日本まで持って来た興行主も評価したい。
 
 
スポンサーサイト
  1. 2012/12/17(月) 23:59:51|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (60)
演芸など (306)
フォト・キネマ・アートとか (152)
道具のたぐい (37)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

archive

counter

search form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。