七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

007 スカイフォール - Skyfall - 於 バルト9 シアター8

昨年12月初旬観賞。

ダニエル・クレイグのボンドを 『 カジノ・ロワイヤル 』 で観た時の興奮は今でも憶えている。
それまでの 007 とは全く異質のこの男は正にキャラが立っていて魅力的なエージェントだった。
設定としてはまだ 00(ダブルオー)になりたて、稚拙で未熟であった。
これからこの男が強靭な 007 に成長して行くのがこの新シリーズの根幹なのかと期待も膨らんだ。

しかし続編の 『 慰めの報酬 』 は期待が大きかったせいもあってか、今ひとつであった。
ストーリーが 『 カジノ・ロワイヤル 』 直後から始まるのだが、
その辺の復習を怠ったために筋の前後を俯瞰して見るだけの情報が頭に入っていなかったせいもある。
それを差し引いても、あぁこのシリーズもまた従前の如くなってしまうのかと・・・

ところが 『 スカイフォール 』 は 『 カジノ・ロワイヤル 』 にも況して渋みが効いていた訳で。

『 カジノ・ロワイヤル 』 では漸く00(ダブルオー)を取得したばかりだった筈のボンドは、
本作では随分と老けた感じ、ベテランとして描かれている。
銃創を伴う大きな怪我をして、体力も落ちエージェントとして必要な鋭利な感覚も鈍りつつある。
最早 MI6 のエースとは言い難いピークを過ぎた男。

その感じが堪らなく琴線に触れるのは自分の年齢もあるのかも知れない。
本作のボンドの魅力について、グッと来る客層はある程度絞られて来るように思う。
(正しくは同じシーン、或いは台詞でグッと来るかどうか・・・)
そこに描かれているのはスーパーヒーローなスパイ像ではなく、もっと別のもの、
一己の人間としての誇りや矜持、国家や仕事に対する姿勢、
本作が纏っている、ボンドが生きて来た時間の核心に迫るヴェールを幾重も開いて行くのには、
多少は年齢を重ねていないと難しいかも知れない。


Skyfall
skyfall (C) 2012 Danjaq, LLC, United Artists Corporation, Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved.


次回作は早くも来年らしい。
前二作に対して、随分と大人になってしまった本作のボンド。
次に現れるボンドは、どんな陰を纏い、皺を刻んでいるのだろう。



さて、これで昨年観た映画についての記事はおしまい。
去年は全部で35本の作品を映画館で観た。
記事として取り上げたものばかりではないので、未掲載の作品の一覧をタイトルだけ。


『 STAR WARS Ⅰ ファントム・メナス 』3D版
『 ドライヴ 』
『 SAFE 』
『 ル・アーヴルの靴みがき 』
『 虚空の鎮魂歌 』
『 ホビット 思いがけない冒険 』


敢えて書くことがなかった言ってしまうと身も蓋もないが、
その作品への思い入れや、その時の気分や忙しさも併せて、上梓には至らなかった次第。

全35本の中からベスト洋画やベスト邦画を選ぶことも敢えてしないでおく。
ジャンルも作風も千差万別なので、選択に窮するのも正直なところ、
良い映画を沢山観られて良い2012年であった。

2013年も甲乙つけ難い作品が並ぶことを期待したい。
 
 
スポンサーサイト
  1. 2013/01/12(土) 23:59:39|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (53)
演芸など (299)
フォト・キネマ・アートとか (143)
道具のたぐい (36)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (13)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

archive

counter

search form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。