七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『 とみん特選小劇場 第41回 師匠と一番弟子 』 雲助・白酒 親子会 於 紀伊國屋ホール / 平成二五年一月二七日

狸の札 / まめ緑
初天神 / 雲助
松曳き / 白酒

(仲入り)

転宅 / 白酒
夜鷹そば屋 / 雲助


紀伊國屋ホールはホール落語の会場としては老舗だが、自分は今回が初めてであった。
新宿も久々、友人絡みで西口地下ロータリーのイベント広場へ寄ったり、無印良品へ寄ったりと、
所用を済ませながら会場入り、日曜昼間の会のせいかどこかのんびりしていて、
客層も普段から落語を聴き慣れている感じではない反応が目立っていた。

雲助の 「 初天神 」 は凧揚げまでやるのでこの噺を堪能出来る。
それでいてしつこくやるとダレてしまう件は割愛若しくはサラリと演るので、
筋を良く知っている客には聴き易く退屈せずオイシイとこ取りな感じがあって好きである。

続いて白酒の 「 松曳き 」。 これは白酒でしか聴いたことがない噺だが、かなり面白い。
おそらく白酒ならではの演出も相当に組み込まれていると思われ、
他の噺家で聴いてもここまで面白くないのではと想像する。
だから演るひとが少ないと勘繰ってみたりもするのだが、実際はどうだろう。

気分的には仲入りまでで十分満足してしまった。
「 転宅 」 も 「 夜鷹そば屋 」 もおまけに聴いて帰ったような心持ちである。
「 夜鷹そば屋 」 の最後の最後、孤独な若者・惣吉のいちばんいい台詞のところで携帯電話が鳴ってしまった。
小さな音であったがそちらに気が行ってしまい少々残念であった。
鳴らした本人と周りの人たちは尚更であったろう、惜しい。

はねてから、今度はメガネ屋を二三廻ってから高円寺へ。
先日NHKの 「 美の壷 」 でやっていた波佐見焼に興味が湧いて調べたところ、高円寺に扱う店があったのだ。
行ってみると女性が喜びそうな什器を扱う小さな店で波佐見の品が何点も陳列されていた。
飯碗が欲しくて幾つか見た。 気に入ったのがあったが、この日は見るだけにして店を出た。 改めて買いに行こう。

「 夜鷹そば屋 」 を聴いたので蕎麦屋で飲んで帰ろうと、以前飲み仲間から教えて貰った店の暖簾を初めて潜った。
肴の種類が豊富でなかなか飲ませる店であったが、銘柄を指定して燗を頼むとお勧め出来ないとやんわり断られた。
燗酒は燗酒用がいちばん美味しいし、安いですからと。 (因みに燗を拒まれたのは刈穂の超辛口)
例によって銘柄も分からない品書き、熱燗は冷遇されることが多い。 まぁ店の流儀だ、従うしかない。
それはそれとして気の利いた摘みで心地好い晩酌を楽しめたのだが、最後の最後で少々問題発生。
頼んでいない鮭トバが出て来た。 頼んでないと云うと、いや頼まれましたよとキッパリと答えて来る。
その若い男性店員の目にはどこか強情な酔っ払いを諭すような表情が伺える ・・・うーむ、猪口才な。
まぁそこまで云うのなら置いて行けと頷いて、何も無くては食えないので熱燗をもう一本持って来いと言いつける。
釈然としないまま暫し腕組みをして考えて、どこで間違いが起きたのかハタと気づいた。
お兄ちゃんを手招きして呼び戻す。 さっき頼んだ かけ蕎麦は通っているかな? そこでお兄ちゃんの表情が変わる。

鮭トバ ≠ かけ蕎麦

誤解は解けて鮭君は帰って行った。 程なくかけ蕎麦の登場。 あぁ、熱燗が一本余計だよ。
クイクイとお銚子を空けて蕎麦へ移る。 うむ、蕎麦は好みの味だ。 出汁がきいていて飲んだ〆になかなか良い。
蕎麦を食べ終えてお勘定。 お兄ちゃんは詫びの言葉と次回使える五百円引きの券をくれた。
確かに多少カチンと来たがこちらも酔っ払い、聞き間違いは当方の呂律にも因があろう。 最後は笑顔で帰ろう。
それに絶賛とまでは行かないが、一回で見限るにはちょっと惜しい店だ。 もう一度、様子を見てみようか。
 
 
スポンサーサイト
  1. 2013/01/28(月) 12:45:46|
  2. 演芸など
  3. | コメント:2

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (53)
演芸など (299)
フォト・キネマ・アートとか (143)
道具のたぐい (36)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (13)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

archive

counter

search form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。