七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

森山大道 写真展 「1965 ~」 於 Gallery 916

daido



竹芝桟橋近くの真青な外壁の倉庫。
21人乗りエレベータはビービーとブザーを鳴らして6階へ。

高い天井、素地の壁に白ペンキを直塗り、
床はPタイルを剥がしてボンドの跡もそのままのスラブ。
簡素なギャラリー空間に森山の写真が整然と並んでいた。

静かな空間に間近な海から船舶の図太い汽笛が響いた。
何か独特な雰囲気に包まれ、非日常の時間が強く意識された。

「1965 ~」と題された作品群。
一つひとつの写真にはタイトルもキャプションもない。
額装された写真のみが無言で壁に懸かっている。

ちょうど自分が生まれた頃から、最新のもので何年頃までだろう。
新しくはない風景。 子供心に残っている懐かしい時代。
勿論、そこは子供の領域ではないけれど、
なにか奥底に断片的に残っているその時代の記憶みたいなものは、
年齢を問わずそこを生きた者には残っているのだろう。

今ほど些細なことに拘らなかった時代と社会。
どうでも良い良識に束縛されていない奔放さがある。
計算された構図ではなく森山の感覚の断片みたいな映像群。
水平は取られず、被写体はフレームからはみ出している。
その動きの中に当時の社会全体のうねりみたいなものが感じられた。

何かとてもいけないものを見ているような高揚感。
淫靡な色気。 ヒリつくような空気感。
それは撮られた時代や社会の持っていたものなのか。
それとも森山の中にある感覚と視点なのか。

2013年を撮っても、多分同じだろう。
誰もが見た目 小奇麗な写真を撮るようになった今、
森山の視点はその表層を剥がして現れる、
時代を超えたエッセンス、真実を突いているようにも見える。

暫くは綺麗な写真を観るのが馬鹿らしくなりそうだ。


  1. 2013/06/30(日) 23:59:52|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:6

『 圓太郎商店 その17 』 圓太郎独演会 於 池袋演芸場 / 平成二五年六月二六日

十徳 / けい木
黄金餅 / 圓太郎

仲入り

酢豆腐 / 圓太郎


「そろそろ立ち見になりますので。」
いつもより到着が遅れて木戸口のおじさんにそう言われる。
18時15分に開演だから18時に着いて混んでいるのは仕方がない。
それにしても皆、何時頃に仕事が引けるのだろうか。
会場に入って見渡すと、何のことはないいつもの席が空いていた。
そして例によってそのお隣は団体さんの場所取り斥候おじさん。
いっそのことこのおじさんに自分の席も取っておいて貰おうかと。

「 黄金餅 」 を聴くと思うのは死んだら金など意味がないと云うこと。
西念坊主の業の強さが哀れでもあり、滑稽でもある。
金兵衛は腹のまわりを生焼けにしろと云うが相手は銭金だ。
しっかり焼いてもなくなることはなかろうに不思議なことを言うものだ。
それとも火葬の火力ではさすがに熔けてしまうのだろうか・・・?

梅雨時のこと、雨の夜に聴く 「 酢豆腐 」 はまさに実感が湧く。
気障な若旦那がえづく様子をみてこちらの胸まで悪くなるようだ。
季節に合った噺も色々あるが、「 酢豆腐 」 のリアリティは面白いほどだ。

それほど長くもない噺二題だったので思いの外早くはねてしまった。
湯島の女将にお遣いを頼んだ品があり、家とは反対方向だが行く予定だった。
店に入ると言っておいた時刻まで間があったので池袋の無印でシャツを買う。
それから店へ行ったが、届いている筈の品は結局まだ店にはなく。
当日になって寄ると言い出したこちらの不行き届きもあるので致し方ない。
それでも別の土産を貰ったので、それは有り難く頂いた。
結局、二軒はしごしているうちに終電が行ってしまってTAXIで帰宅。
ルート選択がまずく前回より料金が高かった。
やはり早稲田であすこを曲がった方が我が家は近いようだ。


  1. 2013/06/27(木) 23:59:00|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

Its own fly -日光湯川釣行 '13 初夏 -

日曜日、フライの相棒Uと日光湯川へ。
今回は漸く自作のフライを持参。
エルクヘアカディスをメインに#12~#16 あたりで巻いて行った。
赤沼茶屋に8時着。餌釣りと比してフライはスロースタート。
自分は湯川初エントリー、茶屋で遊漁券を購入してピンバッヂも貰う。


戦場ヶ原脇


小屋向かいから遊歩道へ入り、暫く歩くと左手に湯川が現れる。
そこから小滝までは流れも緩やかで鏡面のような川面がつづく。
景色はここが日本かと思うほど、いつも入る険しい谿とはまるで違う。
静かな渓、岸辺からのキャストを心掛けるが儘ならないポイントもある。
川中へ入ると堆積物が相当で、場所によっては膝まで埋まる。
時たまにブクブクとガスも湧いてきて発酵臭が鼻を突く。
年々堆積物は増えているのだろう。これが滋養となっているのかは不明。


小田代橋


開放的な渓相を進むとやがて戦場ヶ原へ。
渓は遊歩道を離れて湿地帯の中へ。暫くは木道を進んで渓との邂逅を待つ。
泉門池の先にある小田代橋近くで再入渓。 川床は堅くなり足下が良い。
開けていた下流に比べてこの辺りは森の中で、また違った風情がある。
とにかく景色がきれいなのである。
釣り半分、散歩半分。 正直歩いているだけでも十分に幸せである・・・


小滝


それでも釣果はあるに越したことはない。
最初のヒットがあったのは再入渓して間もなくのことであった。
川筋が小さく湾曲する外縁のトロ場から食いついて来た。
反応は十分、ロッドを立てると水面に躍り出た腹が光った。
しかし2秒も経たぬうちに鉤がはずれてしまった。
種を確認するまでには至らなかったが、推定20cm強。 惜しい事をした。
それでも自作の不細工なフライに反応があったのだ。
そのことに静かな興奮を覚えた。これは今までにない歓びであった。
エンドの湯滝までの間を往きつ戻りつ、19時までロッドを振り続けた。
結果的にキャッチにまでは至らなかった。
先のを含めてヒットは2回、いずれもバラしてボウズであった。
今回から使い始めたランディングネットにも魂は入らず、脱渓。


戦場ヶ原・湯滝


それでも見事な景色と穏やかな渓相に心洗われた一日であった。
自作のフライの欠点や課題も見つけることが出来た。
忘れぬうちにタイイングに励まねば。

行きたい谿は数あれど、湯川にはまた赴きたいと思う。


今回のツーリング <期間:1日>

  走行距離:427㎞      走行時間:5時間40分
  平均時速:75.35㎞/h  平均燃費:13.0㎞/L
 
 
  1. 2013/06/24(月) 23:59:37|
  2. 旅や野遊び
  3. | コメント:0

『 落語睦会 ~蛇苺のゼントルマン 』 扇遊・鯉昇・喜多八三人会 於 国立演芸場 / 平成二五年六月一九日

金明竹 / 小辰
寝床 / 扇遊

仲入り

居残り佐平次 / 喜多八
死ぬなら今 / 鯉昇


いつも通り小諸でごまだれせいろにしたがさすがに飽きてきた。
次回は別のものにしよう。

開口一番が贔屓の小辰で得をした気分。彼の 「 金明竹 」 は良い。
四度繰り返す言い立てをそれぞれきちんと変えていて飽きさせない。
最初は用件を与太に伝えるべく早口に、二度目は少々面倒臭そうに。
三度目は話の通じそうなおかみさんが出て来て少し愛想よく。
四度目は念を押しつつも早くその場を立ち去りたい感じに。
「 金明竹 」 に関しては小辰の演り方が一番好きである。

扇遊は 「 寝床 」、あまり好まぬ噺ではある。
師の高座はいつも噺全般がフラットな調子、それもあって長く感じた。

喜多八の 「 居残り佐平次 」 はなかなか良かった。
幇間よろしく軽薄に振舞うところから最後に本性を現すところまで、
師の持つ雰囲気と声色がまさに佐平次のイメージとマッチしていた。
今まで聴いた佐平次の中では最も楽しめた一席であった。

鯉昇は初聴きの 「 死ぬなら今 」。新作かと思いきや彦六の作らしい。
継承者の少ない珍品中の珍品とある。 貴重なものが聴けた。
鯉昇の芸風にもマッチした噺、ナイスなチョイス。

落語睦会は今回で都合十回通った勘定に。
色々と小さな落語会にも手を広げる中でプライオリティが下がって来た。
三師それぞれ別の会で聴くことにして、今回を最後と決めひと区切り。

喜多八の佐平次が迎え酒の後にうな茶を催促する件を聞いて、
気分はすっかり鰻になっていた。
高円寺のマスターのところで白焼きを肴に冷で一杯やろうと決め、
九段下で中野行きの東西線を遣り過ごして次の三鷹行きに乗り込む。
しかしホームで待つ頃から急に目がショボついて我慢ならぬ感じに。
このところ夜中の変な時間帯に目が覚めて眠れぬ日々が続いていた。
10時を待たずに眠気と共に目元の力が抜けて来たようだ。
車中どうしようか迷った挙句、地元の駅で降りてしまった。
コンビニでキリンラガーと厚焼き玉子を買って大人しく帰ることに。
蒸す夜でビールが美味く醤油を垂らした玉子も安上がりで美味かった。
カクヤスから届いていたブラックニッカのリッチブレンドを開封。
ブレンデッドとは云えシェリーバットが千円少々。
お買い得品で味もまぁまぁ。 ハイボールにしてペリエひと缶。
飲んでるうちに目も冴えて来たが、暫くFacebookを冷やかして就寝。


  1. 2013/06/20(木) 23:59:24|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

『 らくご街道 雲助五拾三次之内 ~薩摩さ~ 』 雲助独演会 於 日本橋劇場 / 平成二五年六月一二日

真田小僧 / 雲助
やんま久次 / 雲助

仲入り

棒鱈 / 雲助


会場入りしてすぐに次回の前売りを買う。
前寄りの通路際が空いていたのでそこを指定したが、
後方の隣席がいないいつもの席の方が良かったかも知れない。
日本橋劇場は後方の席でも見易い。

-薩摩さ-の副題どおり薩摩づくし。
「 真田小僧 」 も久々にサゲまで聴いた。
前座噺も演る人が演ると格段に面白い。

「 やんま久次 」 は初聴き。
一旦幕が引かれ、高座の設えが舞台フラットになって趣向の予感。
その趣向は最後に唄いながら下手へ消える演出だった。
それにしても久次郎の駄目さ加減には呆れる。
出来の悪い次男は見ていて本当に凹む。同じ次男として・・・
ゴッドファーザーのフレド・コルレオーネも残念な次男だった。

「 棒鱈 」 は一時期喜多八で立て続けに何度も聴いて食傷気味だった。
もともと地方訛りが頻出する噺が好きでないのもある。
それでも雲助版にはどこか品があって、今までにないいい感じであった。
貴重な事に 「 真田小僧 」 も 「 棒鱈 」 も、
演ったのはこれで二度目位の珍しい根多だったようだ。

当初ははねたらまっつぐ帰る積もりでいた。
前日の兼好終わりでは湯島へ行ったし、
木曜は釣友と次回の釣行の打ち合わせで飲む予定もあった。
飲みに行くと三連荘になるので自重しようと。
しかし 「 棒鱈 」 の熊が都都逸を唄う件でスイッチが入ってしまった。
ゴールデン街のママのお三味が聴きたくなってしまったのだ。

先客がふた組。
ママにあら落語の帰りと尋ねられたものだから、それが話題の中心に。
席に着くなり色々と落語について訊かれてベラベラと喋ってしまった。
そのうち話題が都都逸や新内に移って、漸くママの三味線の出番。
ツントンシャンで酒が進む。 冷でクイクイ飲んで少々酔った。
先客が帰ってから少し愚痴る。中年男の愚痴ほどみっともないものはない。
この時季火の入っていない囲炉裏には水を張ったガラスの器、
中には瀬戸物の金魚と蟹が涼しげだ。
その器の下敷きが洋風な柄のハンドタオルだったのが気になった。
帰ってからネットショップで紫陽花柄と朝顔柄の手拭いをクリック。
プレゼントして下敷きに使って貰おう。 愚痴の詫びでもないけどね。


  1. 2013/06/13(木) 14:35:01|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

『 人形町噺し問屋 その40 』 兼好独演会 於 日本橋社会教育会館 / 平成二五年六月一一日

開帳の雪隠 / こうもり
祇園会 / 兼好

(仲入り)

漫談 / ぴろき 
粗忽の使者 / 兼好


茅場町から会場へむかう途中にある小さな蕎麦屋。
前回 もりそばを注文したので今回はかけそば。
汁が辛い。江戸前と云えばそうかもしれない。
舌がピリつくほどで個人的にはちょっと濃過ぎだった。

会場入り、いつもの事だが木戸口清算なので行列が出来ている。
もうちょっと上手い客捌きが出来ないものか。
まぁこの感じが手作りの落語会と云った風情でもあるのだが。

恒例の挨拶は復興税や総理について。
面白おかしく喋ってはいるが言っていることは至極まともだ。
この国は何とかならんものか・・・

「祇園会」 で貼り出されたが以前 「祇園祭」 で聴いた噺。
京と江戸による面目の競り合い。
江戸落語だから少し京を揶揄している。その誇張が面白い。
京都で演ってもうけるだろうか。

「粗忽の使者」。惚けた人物は兼好の十八番だ。
地武太治部右衛門はまさに填まり役、大いに笑った。

入梅してから晴れの日が続いていたが、
台風の影響もあってここ暫くは雨模様のようだ。
爽やかな風を満喫した後に蒸した空気は尚更に不快だ。
夏に向けて川魚をあしらった涼見扇子を一本買い足した。

これから会場で扇子や団扇をパタつかせるお客が増える。
上手に使う人ばかりではない。
バサバサと扇いで風を撒き散らしたり、
その大袈裟な扇ぎっぷりで見た目が喧しい人もいる。
そこは大らかに行きたいが、正直 煩わしい。

本人に罪は無いが鼻を突く汗っかきにも困ったもので、
暑い季節は近隣に座るお客によって環境が随分と左右する。
香りをつけたマスクでも持参しようかと思うのだが、
さすがにそれは実行したことがない。
マスクは大袈裟だが手拭いに細工くらいは やってみようか。


  1. 2013/06/12(水) 12:15:30|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

道楽亭出張寄席 『 兄弟弟子対決 冗談いっちゃあいけねぇ 』 喜多八・三三 二人会  於 なかのZERO 小ホール / 平成二五年六月五日

桃太郎 / わん丈
高砂や / 三三
寝床 / 喜多八

(仲入り)

仏の遊び / 喜多八
締め込み / 三三


長いタイトルの落語会である。(正式にはもっと長いが短縮)
こう云うの、書いてて結構恥ずかしい。

バスで会場へ向かう。地下鉄より余裕を見た分、早く着いてしまった。
開演まで30分、スマホにブックマークしてあったサイトを読んで時間潰し。

三三が先に登場、「高砂や」は繰り返しが多くていつも冗長に感じる。
それでも三三の話芸にかかると色々な面白味が見えてくる。

喜多八は一席目が長い噺で「寝床」。
兎に角旦那と番頭の遣り取りが面白い。
「寝床」に関しては喜多八の演り方がいちばん好みだ。
あの旦那の義太夫を聴いて長屋連中が七転八倒する場面を演らない。
あの件はドタバタコントの様で面白味が感じられず、正直退屈。
そこをそっくり省く師の運びは噺の面白味を凝縮しているように思う。

「仏の遊び」は初めて聴いた。 御通家のブログによれば新作らしい。
生臭坊主と色気づいた阿弥陀の吉原遊びがコミカル且つ軽妙に描かれ面白い。

「締め込み」は途中でサゲた。
なかなか良い運びだったが時計を気にしたのだろう。 残念。

今日はまっつぐ帰ろうと決めて出たのだが、
喜多八に二席目のまくらで焼き鳥への愛と拘りを滔々と語られ、
気分はすっかり焼き鳥になってしまった。
中野で探して入ることも考えたが、飲み屋街をうろつく気分ではない。
取り敢えず地元まで戻った。
坂の下、川沿いの居酒屋にも焼き鳥はあったが足を伸ばすのは億劫。
家から一番近い焼き鳥を出す店で妥協、凡庸な店である。
ビールがスーパードライなのもイマイチだが、それも我慢。
それでも食べたい時が美味い時で、串を五六本摘んで気分を満たした。
しかしもう少し気の利いた焼き鳥屋を近場で開拓しなくては。
何しろ贔屓の焼き鳥屋が立川だ。 あまりにも遠い。
地元にも数軒あるので追々パトロールへ出よう。


  1. 2013/06/06(木) 23:59:42|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

小三治独演会  於 板橋区立文化会館 大ホール / 平成二五年六月三日

看板のピン / 〆治
小言念仏 / 小三治

(仲入り)

百川 / 小三治


調べると大山駅から少し歩くと“ごん平”と云う小さな蕎麦屋がある。
椅子はあるがカウンターのみ、所謂路面店と呼ばれる立喰い風情の店構え。
どうやらキス天があるようなのでそこを目当てに出かける。
ところが駅を下りて進んだ道が間違っていた。
行けども行けども思い描いた道に出ない。
iPhoneで確認すると西へ進むはずが南へ下ってしまったようだ。
もはや“ごん平”へ寄る時間は無くなってしまい来た道を戻って駅蕎麦へ。
ほうれん草そばを注文すると、そのほうれん草の量がすごい。
蕎麦を食っているのかほうれん草を食っているのか分からないほど。
もぐもぐ草を食むうちに開演時刻が迫っていた。 今回も滑り込み。

小三治の 「 小言念仏 」 には飽いている客も多いことだろう。
以前二席目がこの噺と分かると席を立って帰ってしまった客がいた。
一席目に演れば帰る訳には行かない。 二席目が人質みたいなものだ。

仲入りで珍しく隣席のお客と話した。
若い女性で可愛らしい手拭いを持っていたので思わず話しかけた。
手拭いの話やらどんな噺家を聴きに行くのかなどで暫し会話。

二席目はどちらかと云えば嫌いな 「 百川 」。
それでも小三治の百兵衛はなかなか可愛らしく、いつもよりは楽しめたか。

全般に言い淀み、間違いは多い。
色々と理由はあるようだが、キレがないのは残念。
その日の体調の良し悪しも含めて、この頃の小三治の落語は博打のようだ。

言葉も交わさず別々に会場を出たが駅への途中で再び隣席の女性と同道となる。
先ほどはどうもと声をかけたが、さてどのタイミングで離脱したものか。
女性だけに怪しげに思われるのも心外だ。
結局ホームで行き先が反対だったので束の間の取り越し苦労であった。

地元まで帰って一杯やろうと川沿いの私鉄を選んだが生憎店は休みだった。
(以前も書いたが地元には四路線三駅がある。)
定休は火曜と勘違いしていたが、先週飲み歩いたので自重せよと云うことか。
コンビニでビールと簡単な摘みを買って、家でお湿り程度に晩酌。
水曜には喜多八と三三を聴きに行くし、少し外飲みは減らさないといかん。
このところ一回の単価が上がっている。 サケノミクスも高値安定である。
 
 
  1. 2013/06/04(火) 23:59:32|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

『 鈴本余一会 第八回 古今亭菊之丞独演会 』  於 鈴本演芸場 / 平成二五年五月三一日

たらちね / 一力
やかんなめ / 朝也
愛宕山 / 菊之丞

(仲入り)

太神楽 / 柳貴家小雪
淀五郎 / 菊之丞 


菊之丞を聴くのはこの会か寄席に出ている時くらいになってしまった。
当初ほど師に興味がなくなったのは否めない。
それでも年に二度の鈴本余一会は通うと決めて皆勤している。

頻繁に観て聴いていないと前回との印象の差に気づくものだ。
何となくだが以前よりも落ち着きを感じた。
力みが抜け穏やかになったような、照度が落ち見易くなったような。
師の持つ男の色気の部分が次第に苦手になり足が遠のいた経緯がある。
今回はそのしっとりと湿度の高い艶ぽさが程よく抜けていたように思う。
身に纏っていたヌラリとした空気が晴れたような感じ。

菊之丞はもっと歳を重ねてからの方が良くなるのではと常々思っている。
程よく枯れていく、そう云ういい歳の重ね方を長い目で見てみたい。
予感が正しいものなのかどうか。
それを確かめるために五月と十月に鈴本へは通い続けようと思っている。

はねてから湯島で一杯やって帰宅。
火・水・金と外で飲んで、翌日土曜も飲み会と云う一週間であった。


  1. 2013/06/01(土) 23:59:31|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (62)
演芸など (313)
フォト・キネマ・アートとか (157)
道具のたぐい (39)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

archive

counter

search form