七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『 雲助蔵出しふたたび 』 於 浅草見番 / 平成二五年九月二八日

子褒め / つる子
目黒の秋刀魚 / 遊一
庭蟹 / 雲助
風呂敷 / 雲助

仲入り

星野屋 / 雲助


この会は遅刻が多いので今回は余裕を持って浅草へ。
手ぬぐいの ふじ屋 をひやかして、浅草寺手前の浅草中屋へ。
外から名前の千社札が見えたので入ってみる。
落語の後は湯島で飲み会、女性が四人参加。
彼女たちの名前を取り上げて土産とする。
下の名を知らないのや難しいのやらがいるので野郎共のは買わず。
ぶらぶら歩いて見番前には開場20分前に到着。
斜向かいの蕎麦屋 弁天 でもりを一枚手繰って丁度良い頃合となった。

いつものようにつる子から。 見番で端から聴くのは初めてだ。
遊一で今年初の「目黒の秋刀魚」を聴いてお目当て登場。

雲助、まくらでまずは “あまちゃん” が終わってしまった事を嘆く。
末広亭に能年玲奈ちゃんが来たそうで。
主任が花緑の時で、雲助もたまたま代演で膝がわりに出ていた。
しかし玲奈ちゃんが来ている事に気づかずに帰ってしまったと。
いや別に花緑の高座を聴きたくなかった訳ではないがと言い訳を。
はねてから楽屋に玲奈ちゃんが来て花緑はツーショットを撮った。
それが悔しくて堪らない。我慢して花緑を聴けば良かったがオチ。

軽い噺をと「庭蟹」。 初めて聴く噺。
「風呂敷」「星野屋」と続き大いに笑った。
蔵出しふたたびの気軽な興行が土曜の昼下がりに心地好い。

四時にははねた。飲み会は六時からだが取り敢えず上野まで戻る。
国立西洋美術館でミケランジェロ展をやっている筈なので行ってみる。
するとコルビジェ展が常設エリアで開催されていた。
しかも本日無料観覧日とある。 そちらを選んで入館。
建築ではなくコルとその仲間たちによる絵画彫刻の展示であった。
五時半で閉館。少し早いが湯島までぶらぶら歩く。

当日は参加女性の一人が誕生日、飲み会は大いに盛り上がった。
中締めでふたり帰って二軒目へ。
鱈腹食べたのでもう何も入らない。酔いも回って睡魔に襲われる。
この日は、嘗ては西麻布の串揚げ屋の大将を招いての飲み会であった。
大将が女将の店と人柄をどう見るか、大先輩の評価が気になっていた。
片づけを終えて合流した女将が対面の大将と打ち解けて話している。
二人の会話を聞きながらホッとしたせいか、いよいよ舟を漕ぐ。
隣に座った女将に眠いの?と子をあやすように何度か揺り起こされた。
それはそれで心地好かったりして・・・。


スポンサーサイト
  1. 2013/09/29(日) 23:59:24|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (60)
演芸など (306)
フォト・キネマ・アートとか (152)
道具のたぐい (37)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

archive

counter

search form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。