七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

『 DOURAKUTEI出張寄席 入船亭扇辰・三遊亭兼好 「気が合うふたり」 』 於 深川江戸資料館 小劇場 / 平成二五年一〇月二三日

たらちね / 音助
野ざらし / 扇辰
茶の湯 / 兼好

仲入り

日和違い / 兼好
竹の水仙 / 扇辰


仕事の状況が日々変化して怪しい雲行きだったが何とか行く事が出来た。

音助、初めて聴く芸協の前座さん。滑舌良く運びも丁寧。
芸協のプロフィールは相変わらず不親切で詳しいことが分からない。
いずれにしても好感が持て、先が楽しみな人であった。

扇辰の一席目、まくらなしで「野晒し」。
サゲの“あの骨は馬だったか”の意味が分からなかった。
何度も聴いている噺だが、ここに気づいたのは初めてのこと。
供養した野ざらしがお礼に来る。乙な年増を期待していた八五郎。
そこへ現れたのが幇間(たいこ)だった。これが太鼓にかかる。
太鼓の皮は馬を使う。現れたのが幇間なら骨は馬だと云うサゲ。
七月にも扇辰で聴いているのだから同じサゲを聴いている筈だ。
最近、聴き方がぞんざいになっている。
聴いた高座が千を超えた頃からトーンダウンしている自覚はある。
その分、運ぶ芝居を吟味しているつもりではあるのだが。

「日和違い」、初めて聴く短めの落とし噺。
初めての噺に出会うと題名(題目)を想像するのが楽しい。
落語の題名は大体が筋の中から素直にキーワードが使われる事が多い。
「日和違い」はズバリその言葉が出て来なかった。
さすがにこれを中てることは出来なかったが、得心の命名だ。

両師二席ずつ、充実の会ではあったがどうも乗りきれず。
聴いていても気づくと他のことを考えていた。
このひと月ほど、気分の晴れない日が続いている。
今月中には諸々と目処をつけねば。

清澄白河から九段下乗換えで新宿三丁目。ゴールデン街のママのところへ。
店の無双窓から外国人の男女が中を覗き込んでいる。囲炉裏が珍しいのか。
構わず入るとママがお三味のお稽古中であった。これが興味の的だったか。
先客はおらず。 冷え込み出した給料日前の週中の夜、静かなものだ。
囲炉裏の熾きの赤が目に嬉しい。お通しはしめじと貝のひもを炒めたもの。
赤星を一本干して日本酒を冷で貰い、囲炉裏のおでんを摘みながら四方山話。
常連さんの噂話、ママの若い頃のこと、自分の近況・・・随分話し込んだ。
入りが十時過ぎだったこともあり、気づけば終電間近。
挨拶もそこそこに駅へ急いだ。ママは片付けてからTAXIでお帰りだろう。
今宵は先客があったのかどうか・・・自分だけではTAXI代もバカにならないな。
ゴールデン街のHPにある閉店時刻の頃合には店を出ていた。
それでもママが電車で帰れるよう、もう少し早くお暇すれば良かったな。
 
 
  1. 2013/10/24(木) 12:15:58|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

『 桂南喬ひとりっきり会 =噺家人生半世紀= 』 於 湯島天満宮 参集殿 / 平成二五年一〇月一八日

権兵衛狸 / いっぽん
そば清 / 馬吉
紙入れ / 南喬

仲入り

粋曲と三味線漫談 / 紫文
火焔太鼓 / 南喬


ひと月ほど前から湯島の飲み屋街で南喬のチラシを目にするようになった。
天神様の参集殿でやる会で、二席とも根多出し。「火焔太鼓」にそそられた。
南喬は昨年十月のらくだ亭で「佐野山」を聴いた一度切り。
丸顔で愛嬌がありどこか五代目小さんに通ずる雰囲気の噺家。
その様子は好みであり、いずれじっくり聴いてみたいひとりであった。

さてどうしたものかと迷っていたところ、湯島の女将からメールが届いた。
添付画像を開くと件の会のチケットで、これ行きます?の問い合わせ。
どうやら地元の店に招待券が撒かれたようだ。
これで決まり。有り難くもタダで聴かれるのだから迷うことはない。

興行主はよく分からなかったが下足番から受付、物売りまで手作り感満点。
なかなか好ましい。客層は幅広く、会場の雰囲気も良い。
座布団と椅子席、空いている座布団の最後列に陣取る。
気をつけていなかったが会の趣旨は南喬の噺家五十周年の記念であった。
祝いの手拭いまでついてきた。 これは嬉しい。
あとで調べると御歳六十六、意外に若い。十六で入門した計算だ。

高座は二席とも良かった。ひとつふたつのくすぐりで全般に大人しめ。
「紙入れ」では新吉とお内儀さんが同衾する前に旦那が戻って来た。
生臭いところがなく、終始品のある運びでじっくり聴かせる。
縁あって気軽に出向いた会であったが、なかなか良い時間を過ごせた。
落語会の情報の乏しい南喬であるが、また見つけて運ぶとしよう。

下足箱から戻って来た100円玉を賽銭箱へ投げ込み天神様に挨拶。
券の御礼がてら女将の店に顔を出す。
ひとしきり酒肴を楽しんだが、馬吉の「そば清」で口が蕎麦になっていた。
店を出て二軒目は近くの蕎麦屋のカウンターへ。
で、だし巻を頼んで中瓶にしたのがいけなかった。
ここに来てのビールでいよいよ腹がパンパンに。もう蕎麦も入らない。
暫く居るとメールしたところ、やがて店を片づけた女将がやって来た。
仕事中は立ちっぱなしで摘み食いも殆どしない。
腹ペコ女将は何やらたくさん注文している。蟹とか頼んでるし…。
隣でもりもり食べるのを横目に、反対隣の素敵な夫婦連れの旦那さんと歓談。
せっかく女将を呼び出したのにそっちのけで車談義。
しかし腹は一向にこなれず。 結局、蕎麦は断念。なんか凄く残念である。
女将がいつの間にか頼んだ日本酒で酔いの方も止めを刺されてお開き。
財布もスッカラカンになりカード可のTAXIをつかまえて船を漕ぎつつ帰宅。
蕎麦に未練は残ったが、なかなか愉快な夜であった。
南喬師、落語人生半世紀おめでとうございます。


  1. 2013/10/19(土) 19:04:11|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

エリジウム - ELYSIUM - 於 ユナイテッドシネマとしまえん 8スクリーン IMAX

メカ、武器、乗り物、建築、都市。デザインが個人的になかなかツボ。
視覚的には十分楽しめるSF作品であった。
IMAXで観たのも効果的で選んだ甲斐はあった。

最近の作品だと「オブリビオン」と比較してしまう。
どちらもデザインは良かったが、脚本が今ひとつ。
「オブリビオン」の方がロマンティシズムを感じる。
「エリジウム」は少しヒロイズムが強いか。
2作品を比べると男女で好みが分かれるかも知れない。
(こう云うのって偏見かな・・・)

ストーリーはもう少し練り込めなかっただろうか。
貧困層と富裕層の絶望的ギャップを描いた序盤は良かった。
主人公が労働中の事故であと五日の命となる。
そこから話が大きく動き出すのだが、軸もブレ出す。
話の終わり方が「?」なのだ。少なくとも自分には。

富裕層が貧困層を隔離する理由が弱い。
全人類はもっと早い段階で幸福に暮らせたのではなかろうか。
経済的格差はあるにしても、健康で最低限の生活水準を維持すること。
それを可能にするだけの科学技術力は確立されていたように見えたが。
エリジウムに住む富裕層はどこで博愛の精神を失ってしまったのだろう。


elysium
(C)2012 Columbia TriStar Marketing Group, Inc. All rights reserved.


しっかりした設定、背景はあったが十分に説明されていなかっただけなのか。
いずれにしても、何かもやもやしたものが胸内に残ったのだった。
本作のブロムカンプ監督は「第9地区」が初メガホン。
あちらの方が出来は随分良かった。
ネットで拾い読んだところによると「第9地区」の続編が出来るらしい。
「第10地区」がタイトルらしい。・・・そのまんまだな。
監督には本作での蓄積も生かして再びクールな作品を期待したい。

写真は最も印象的だったエリジウム防衛省長官役のジョディ・フォスター。
先の「マン・オブ・スティール」のダイアン・レイン同様、素晴らしい。
最近同世代の女優さんが、かっけーな。

・・・ちなみにジョディの衣装はアルマーニだったらしい。


  1. 2013/10/08(火) 12:15:01|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:3

『 秋のコタツ 』 小辰独演会 於 日本橋ピッコロ / 平成二五年一〇月五日

悋気の独楽 / 小辰
目黒の秋刀魚 / 小辰

仲入り

権助芝居 / 小辰


前日の飲み会から朝四時まで飲み歩いた。
体はダルかったが二日酔いではなかった。
性懲りもなくサービスドリンクで再び生ビールを入れる。

「悋気の独楽」のまくらで男の嫉妬について。
弟弟子 辰まきはおかみさんとの距離の取り方が自分と違う。
自分ならする遠慮をもう一歩踏み込んでいるのに驚くと。
その時の心内は嫉妬に通ずるものなのかなと。
自分からそう言えるうちは大丈夫である。
それにしてもまだ扇辰の二番弟子 辰まきを見たことがない。
どんな前座さんなのだろう。
(追記;辰まきは 辰のこ に改名したのを失念していた)

「目黒の秋刀魚」はこの秋で三度目。
この日、小辰の根多おろしであった。
圓太郎と比ぶべくもないが、なかなか面白く好みに合った。
入れごとくすぐりも洒落ていて本筋を折ることもなく。
炭火が赤くチカチカと五回で あ・い・し・て・る はちと古いが。
アベノミクスみたいな詰まらない洒落が入るよりは楽しい。

噺の冒頭で鯛をひっくり返す場面がある。
圓太郎も遊一も小辰も鯛を縦軸にくるりとひっくり返す。
つまり膳の上で殿にむかって手前が背になってしまう。
横軸に返せば右向きになってしまうが腹が手前になる。
皆が同じ仕草をするには意味があるのかも知れないが不思議である。
仲入りで席亭の奥さんに話していたところ他の女性客もご同意。
あれは変だよねぇと皆で意見の一致を見た。
すぐ脇の垂れ幕のむこうに小辰がいるのを忘れていた。
着替えの最中だったと思われるが、聞こえてただろうな・・・。

次回は年末に、過去四回で披露した噺から今回来た客の投票で選ぶと。
得票で選ぶか、敢えて支持率の低いものを演るかも知れないと。
何のための投票か分からないような冗談を交えて投票を乞われた。
はねて店を出る時に演目一覧を確認。
自分は遅刻して聴かれなった「蝦蟇の油」に一票。
見送りの小辰にその旨言ってみようかと思ったが止めておいた。
小柄な年配のご婦人との会話が長引きそうだったので挨拶はせず。
席亭に次回予約はメールで案内をくれるよう頼んでその場を後にした。
 
 
  1. 2013/10/06(日) 23:59:19|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

『 第五十回 人形町らくだ亭 』 小満ん・さん喬・雲助・一朝・志ん輔 於 日本橋劇場 / 平成二五年一〇月二日

十徳 / けい木
魂の入替え / 一朝
片棒 / さん喬
厩火事 / 雲助

仲入り

紙入れ / 志ん輔
二十四孝 / 小満ん


当日、行かれたら行こう。
前売りを買わずに様子見をしていた会。
普段は五人いるレギュラーのうち二三人にゲストを交えての会。
今回は五十回記念と云うことで五人勢揃いの顔付け。
何か趣向があるやも知れずの下心も働いて足を運んだ。

公会堂の地上階にある貼り紙を見遣ると指定席売切れの文字。
普段は席に余裕のある会だけに意外であった。
やはり記念公演だけのことはある。
二階自由席を求めて階段を上がる。
上手の桟敷前の椅子に座ってみるが少々見辛そう。
結局正面側の最前列の端を確保して落ち着いた。

本寸法が五人揃うと聴く方の感覚も麻痺してくる。
各々がサラリと演ってのけるので凄いと云う実感がない。
贅沢だが勿体ない話だ。
豪華な会なのにさりげなく力の抜けた感じ。
節目だと大仰に構えず、洒脱で大人だなと。

次回は雲助主任で「鰍澤」が根多出し。
会場で前売りをしていたが、行列に並ぶのが億劫で買わず。
今回同様、行かれたら当日券で行こう。
良い席が指定で残っていればそれを、なければ自由席で。
(追記;チラシを見たら全席指定だった)

雲助の「鰍澤」は一度聴いているがなかなかの迫力。
終盤、お熊が新助を撃ち殺そうと崖の上から見下ろしている場面。
二階席から雲助を見下ろしながら聴くのも一興かもしれない。

軽く飲んで帰ろうと湯島へ寄り道。
キープの吉四六が程なく空になってしまったので新規を入れる。
燃料満タンで結局長尻、更に閉店後一杯付き合わせる。
すると今度は女将行きつけの店で彼女のボトルが空になった。
付き合わせた手前それも面倒見て、ひと晩でキープ二本目。
ちと高くついた寄り道であったが、これも五十回記念のご祝儀哉。


  1. 2013/10/03(木) 12:15:25|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

ホワイトハウス・ダウン -  WHITE HOUSE DOWN  - 於 新宿ミラノ1

9月、後ろの連休最終日に鑑賞。

ジョン・マクレーンがナカトミビルをぶっ壊していた頃が懐かしい。
時代は着々とエスカレートして行き、今やそのスケールは途轍もない。
議事堂のドームが落ち、エアフォース・ワンが撃墜され、ホワイトハウスが燃え上がる。

自分の中ではポスト「ダイ・ハード」と云う節目がある。
そこからボーン、トランスポーター、クレイグ版007 シリーズなど。
幾つかのバリエーションの中でアクション映画は作られて来た。
ドンパチと撃ち合って物が破壊され人が命を落す。
クソ真面目に考えれば内在する人の暴力性みたいなものの捌け口。
自分ではやらないけれどスクリーンの中のそれを見てガス抜きをする。
それは割り切ってエンターテインメントとして楽しむ。

最後は悪玉が成敗されて拍手喝采、途中で犠牲になった多くの命は顧みられない。
そこの部分はキレイに忘れて、あぁ面白かったと映画館を出る。
人間にはそうした破壊衝動がある。 まぁ業みたいなものだ。
それに目を瞑ったり否定してもしようがない。
普段はそれを自制している。 フィクションの中で解き放たれる衝動・・・。


HHD
(c)2013 SONY PICTURES ENTERTAINMENT INC. All Rights Reserved.


とにかく盛り沢山な映画だった。
筋肉とハイテク、家族愛、人種融合、国への忠誠など・・・お約束の要素。
SFを含まないアクションものでは久々に面白かった。
迫力の映像とところどころに入れ込まれるユーモア。
その緩急のバランスが良い。「ダイ・ハード」のニオイを久々に嗅いだ感じ。
こう云う泥臭さは時代を超えて残っていくんじゃないかと思わせる一本だった。

因みに6月中旬に「エンド・オブ・ホワイトハウス」も観ている。
同じくホワイトハウスが占拠される内容。
こちらは息がつまるばかりで今ひとつ。
やはりこの手のには、ユーモアのスパイスがないと・・・。
終始殺伐としているのは現実のニュースの中にゴロゴロと転がっているのだから。
 
 
  1. 2013/10/02(水) 12:15:22|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:2

『 圓太郎商店 その18 』 圓太郎独演会 於 池袋演芸場 / 平成二五年九月三〇日

まぬけ泥 / フラワー
目黒の秋刀魚 / 圓太郎
厩火事 / 圓太郎

仲入り

猫の災難 / 圓太郎


九月前半までの忙しさに比べると下旬になって少し楽になってきた。
六時十五分と開演が早い圓太郎商店だが五時過ぎには仕事も片付いた。
30分前には会場入り、まだ席を選べる入り具合。
最後列の中央、固定席より姿勢の自由が利く折畳みの席に陣取った。
座ると程なく一番太鼓が鳴った。
久々に聞くドンドンドントコイ、金持ッテドント来イ。
二番太鼓までぼちぼち客が入り、結局は立ち見の盛況ぶりとなった。

先日の雲助蔵出しで遊一が演った「目黒の秋刀魚」を圓太郎で。
さすがに比べようがない。 秋刀魚が美味そうに焼けて行く。
焼きたての秋刀魚の様子から初めてそれを口にした殿の驚愕振り。
これを聴かされたら後の肴が必然と決まると云うものである。

続けて「厩火事」。
夫婦喧嘩をしながら結局は八五郎が好きで堪らない髪結のお崎。
圓太郎の演じ方、年上女房の心の機微がとても良く出ていた。
八五郎の皿を割って本音を引き出せと仲人の旦那。
それにつづく短い件でのお崎の戸惑いと不安がよく伝わって来た。
志ん朝のような色気はないが、圓太郎のお崎は十分魅力的であった。

トリ根多は「猫の災難」。
ここで鯛の尾頭が登場、刺身に塩焼きに煮付けと想像が膨らむ。
しかし最早、心は秋刀魚に取りつかれているのである。

はねてから地元に三つあるうち、一番谷側にある駅へ帰る。
踏み切り近くの、炉ばた焼きを謳う居酒屋の暖簾を潜る。
瓶ビールと焼き秋刀魚を頼んで、お通しのつくね汁で待つ。
噺の中では秋刀魚を直接炭火に突っ込んで焼く隠亡焼きだ。
そこで黒く長やかなるとなるのだが、こちらはガスの遠赤グリラー。
銀色の腹に程よく焦げ目がついて行くのがカウンター越しに見える。
やがて焼きたての鈍く光る長やかなるものが饗された。
熱々でチープーと音をたてて皮が動いているところに箸を入れる。
サクリと皮が破けフワッとした身から湯気と共にジュッと脂が染み出る。
これぞ醍醐味、背骨に沿って身を解す。腸の焼き加減も絶妙である。
秋刀魚と云えば白飯だが、今は手元にビール。
酒を飲みながら米を食う習慣がないので脂に攻め込まれる。
ビールで洗ってはやり過ぎの感あり。そこで冷奴を注文して箸休め。
秋刀魚の合間に奴を摘みつつ、冷める間もなく背骨と尾頭に平らげた。
満足まんぞく。この夜、寄席に居た何人が秋刀魚を食したことだろう。
まだ月曜。 中瓶1本と秋刀魚に冷奴で、早々に帰宅。


  1. 2013/10/01(火) 12:30:07|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (63)
演芸など (315)
フォト・キネマ・アートとか (157)
道具のたぐい (39)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

archive

counter

search form