七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エリジウム - ELYSIUM - 於 ユナイテッドシネマとしまえん 8スクリーン IMAX

メカ、武器、乗り物、建築、都市。デザインが個人的になかなかツボ。
視覚的には十分楽しめるSF作品であった。
IMAXで観たのも効果的で選んだ甲斐はあった。

最近の作品だと「オブリビオン」と比較してしまう。
どちらもデザインは良かったが、脚本が今ひとつ。
「オブリビオン」の方がロマンティシズムを感じる。
「エリジウム」は少しヒロイズムが強いか。
2作品を比べると男女で好みが分かれるかも知れない。
(こう云うのって偏見かな・・・)

ストーリーはもう少し練り込めなかっただろうか。
貧困層と富裕層の絶望的ギャップを描いた序盤は良かった。
主人公が労働中の事故であと五日の命となる。
そこから話が大きく動き出すのだが、軸もブレ出す。
話の終わり方が「?」なのだ。少なくとも自分には。

富裕層が貧困層を隔離する理由が弱い。
全人類はもっと早い段階で幸福に暮らせたのではなかろうか。
経済的格差はあるにしても、健康で最低限の生活水準を維持すること。
それを可能にするだけの科学技術力は確立されていたように見えたが。
エリジウムに住む富裕層はどこで博愛の精神を失ってしまったのだろう。


elysium
(C)2012 Columbia TriStar Marketing Group, Inc. All rights reserved.


しっかりした設定、背景はあったが十分に説明されていなかっただけなのか。
いずれにしても、何かもやもやしたものが胸内に残ったのだった。
本作のブロムカンプ監督は「第9地区」が初メガホン。
あちらの方が出来は随分良かった。
ネットで拾い読んだところによると「第9地区」の続編が出来るらしい。
「第10地区」がタイトルらしい。・・・そのまんまだな。
監督には本作での蓄積も生かして再びクールな作品を期待したい。

写真は最も印象的だったエリジウム防衛省長官役のジョディ・フォスター。
先の「マン・オブ・スティール」のダイアン・レイン同様、素晴らしい。
最近同世代の女優さんが、かっけーな。

・・・ちなみにジョディの衣装はアルマーニだったらしい。


スポンサーサイト
  1. 2013/10/08(火) 12:15:01|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:3

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (64)
演芸など (318)
フォト・キネマ・アートとか (160)
道具のたぐい (40)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

archive

counter

search form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。