七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

定席寄席 一一月中席 七日目 夜の部 於 池袋演芸場 / 平成二五年一一月一七日

手紙無筆 / つる子
饅頭こわい / 志ん公
粗忽の釘 / 馬石
奇術 / マギー隆司
漫談 / しん平
松山鏡 / 才賀
漫才 / ロケット団
辰巳の辻占 / 雲助

仲入り

湯屋番 / 菊志ん
ガマの油コエンザイムQ10 / 圓丈
紙きり / 正楽
転宅 / 白酒


暫く白酒を聴いていないと前回書いた。
先週金曜に池袋へ行こうと企んだが間の悪いことに休演日。
仕切り直して日曜に出動。

池袋の寄席はいつ以来かと調べたら偶然にも去年の同月日だった。
菊之丞が主任でトリ根多は「らくだ」だったようだ。
総じて地味な芝居であったと当時の記事には記してある。

今回も地味と云えば地味であった。あまり弾ける要素もなく。
それでもやはり小さな池袋ならではの雰囲気は悪くない。
何故か鈴本と池袋ばかりで末広と浅草には行ったことがない。
鈴本は鈴本なり、池袋は池袋なりの良さがあって好きである。
恐らく末広や浅草もであろうが、行く機会はいつ巡ってくるやら。

正楽に紙切りのリクエストを一度はしてみたいものだ。
ご注文をと言われて声高に願い出るのは少々勇気がいる。
だが池袋ならこぢんまりした空間だから出来そうな気がした。
鈴本だと函が大きい分、競争率も高くなるが池袋は何とかなりそうだ。
確か鈴本では出来た作品を入れるA4大の封筒をくれていた筈。
池袋ではハダカで渡されていた。
今回は持ち帰りようがなかったので断念してリクエストせず。
今度正楽が出る池袋へ行く時はクリアファイルを持参しよう。

お目当ての白酒は「転宅」。一席集中、なかなかであった。
間抜けな泥棒の名前はバンドウエイジ。相変わらずの・・・。
暫くご無沙汰の白酒ではあるが再来週には“白酒ひとり”がある。
毒の散布はその時にたっぷり浴びよう。
それにしても、一月の“白酒ひとり”が昨日発売だったとは・・・。
今日気づいても時すでに遅し、チケぴには予定枚数終了の六文字が。
いつも次回は先の公演日以降のような思い込みがあり油断していた。
前回は仕事で行かれなかったし、優先順位の高い会だけに残念至極。
今後はもっとまめにチェックしなくては。

一番谷側の駅で地元へ。炉端焼きの店へ寄り道。
鯵のさんが焼きと鰯の刺身、ししゃもを焼いて貰う。
特に鰯の刺身が美味かった。ぬる燗が進み都合三合飲んだ。
お通しが寿司玉子と数の子入り山葵漬けを蒲鉾に載せたものだった。
これが気に入って〆にもう一度出して貰った。
お会計の時に亭主が今夜は鰯が良かったとひと言。
我が意を得たり、大いに賛同して暖簾を払った。


  1. 2013/11/18(月) 13:58:51|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (60)
演芸など (306)
フォト・キネマ・アートとか (152)
道具のたぐい (37)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

archive

counter

search form