七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

定席寄席 二月上席 三日目 夜の部 於 鈴本演芸場 / 平成二六年二月三日

辰巳の辻占 / 燕路
節分 / 天どん
動物ものまね / 小猫
厄払い / 市馬
時そば / 文左衛門

豆撒き
仲入り

奇術 / アサダ二世
三方一両損 / 扇辰
漫才 / ロケット団
船越くん / 百栄



節分興行では豆撒きがある。
豆の入った小さな袋や芸人の手ぬぐいなどが寄席を飛ぶ。
豆の袋の中には招待券が混じっているらしい。
百栄が主任と云うのも一興かと思い行くことにした。

木戸銭は百栄のHPから割引券が出ており600円引き。
少々出遅れて途中入場。 燕路のまくらが始まっていた。
後ろの席で燕路を聴いてから天どんが上がる前に前方へ移動。
思いの外、客は多い。
一昨年の節分興行も行ったがこれほどの入りではなかった。
最近は協会や鈴本もTwitterなどをやる。
そんな効果もあるのかも知れない。

顔付けはまぁまぁといったところ。
ニ楽に代演が出ているのが残念であった。

文左衛門が仲入り前を終えると豆撒きである。
下手の一番端に座っていたのであまり期待はせずに見守る。
舞台側だけでなく、後方の出入口からも撒いている。
かなりの数が宙を舞い、まんべんなくばら撒かれた。
文左衛門が最後の最後で放った手ぬぐいが自分の前に落ちた。
前方のオーラスでゲットである。
見ると菊丸の手ぬぐいであった。有り難く頂戴する。
一昨年は三三と誰か講談師の手ぬぐいの二本が飛んできた。
三三は頂戴してもう一本は前席の女性にあげた記憶がある。
中には一人で沢山確保して帰る人もいるらしい。
一人ひとつで周りの人と分け合って欲しいものだ。
誰かへのみやげと云うならそれもありだが。

はねてから湯島へ。
後から常連さんが二人来たのでTVを話の種に飲む。
翌日、仕事でちょっとした懸案事項あり。
寄席でもふとその事が頭を過ぎったりした。
心底リラックスとは行かず、閉店少し前にお先に失礼した。

懸案事項は大事には至らず、ホッとしながらこれを書いている。


スポンサーサイト
  1. 2014/02/04(火) 23:59:33|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (60)
演芸など (306)
フォト・キネマ・アートとか (152)
道具のたぐい (37)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

archive

counter

search form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。