七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フューリー - FURY - 於 TOHOシネマズ日本橋 スクリーン5

「プライベート・ライアン」を観た時の衝撃は今でも鮮明だ。
あそこから戦争映画か変わってしまった。
その最前線がこの作品だろう。


261130
(C)Norman Licensing, LLC 2014


頭が吹っ飛び手足がもげて火だるまになる。ひたすら。
戦争とは地獄だ。美辞麗句によるまやかしがあってはならない。
それなのに人類史上、それが絶えたことはない。
理解と寛容が求められるが、人はどうもそれが苦手なようだ。
否定と排斥が先に立つ。 まぁそんな理屈はどうでも良いのだけれど。

独兵が米兵に家族の写真を見せて命乞いをする。
狭い戦車の中にも家族や愛する人の写真が貼られていた。
自分なら誰の写真を胸に抱き戦地へ赴くだろうか。
ふとそんな事を考えた。
いやいや、戦争はあってはならないのだ。
だからそんな想像はしなくて良いのだ。 してはいけないのだ。
 
 
スポンサーサイト
  1. 2014/11/30(日) 23:59:40|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:2

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (64)
演芸など (318)
フォト・キネマ・アートとか (160)
道具のたぐい (40)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

archive

counter

search form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。