七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

日々ロック 於 ユナイテッド・シネマとしまえん スクリーン1

まぁ・・・この手はオジサンが真面目にレビューするものでもないだろう。

二階堂ふみを観に行ったけれど彼女でなくてはって配役ではなかったかな。
でも面白いキャラクターで可愛かった。
劇中「雨上がりの夜空に」を歌うのだが、あまり上手じゃない。
その残念な感じも、オジサンは可愛いと思う。

主人公はかなり熱くて、熱い。

竹中直人と蛭子能収がいい。 駄目な大人が見ていてホッとする。

別にサクセスストーリーではない。
胸に小さな穴が開いて観終わる。


261213
(C)榎屋克優/集英社 (C)2014「日々ロック」製作委員会


画像はふみちゃんを貼っておこう。
ハダカのお兄ちゃんは暑苦しいから。
 
 
  1. 2014/12/13(土) 23:59:57|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (58)
演芸など (305)
フォト・キネマ・アートとか (149)
道具のたぐい (36)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

archive

counter

search form