七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カニを喰べる。 於 K's cinema

ロードムービーは好きなジャンルで見つけると足を運ぶ。
しかし今回は少々期待外れであった。
自分の好みか世代間のギャップか、主人公達に共感出来なかった。
三十路にして定職を持たない(持てない)青年たち。
その日暮らしで暇を持て余し、富山の先輩の所へ蟹を食べに行こうと企てる。

我々の頃より大人になるのが五年か十年遅くなっているのかも知れない。
自分の感覚では、やっていることが二十歳過ぎのノリだ。
そこに若さへの羨みなどは感じない、漠然とした不安と悲哀。
今のご時世、こんな若者で溢れている。
こう云う環境(境遇)の若者は実際に珍しくないのだ。



270323
(C)「カニを喰べる。」製作委員会


自分も学生時代、同じゼミの仲間二人と連れだって富山まで行った事がある。
一人の友人の実家が富山で、彼の父上が蟹をご馳走して下さるとのお誘いだった。
もう一人の友人の小さなワンダーシビックに三人して乗って行った。
お金がないから関越道には回らず、中央道から糸魚川へ抜けるルートで行った。
当時はまだ上信越道がなかった。国道148号線をひた走って日本海に抜けた。
北陸道は親不知付近で豪雨に遭い、その地名の由来を友人に聞いて怖れたものだ。

友人のご実家は地元の名士で、建物も立派だった。
ご両親とも魅力的な方々でお婆様もご健在だった。
加賀は橋立漁港で蟹をご馳走になった。
これでもかと海の幸が並び、学生には不相応なお持て成しを受けた。
食で圧倒されたのはあれが初めてだったかも知れない。
その日の晩は片山津温泉の会員制リゾートを取って頂いた。
今思えば、あれは浦島太郎のような旅であったな。(歳はとらなかったけれど)

・・・映画に話を戻そう。
彼等の目論見は当初とは違う方向へずれて行き、旅の目的は変容して行く。
その無軌道な感じは悪くないが、やはり全般に亘って響いて来るものがない。
作り話なのだから細かい事は気にせずとも良いのだが。
しかし思った以上に嘘っぽいのは今と云う時代のせいではなかろうか。
これが '6~70年代の大らかな時代背景で描かれれば違和感もなかっただろう。
2015年は、こうした作り話を許容出来る程、器が大きくないのだと思う。
そこに納得してしまうと、何かとても残念な気分になってしまうのだが・・・。
そんな時代にした責任の一端は我が世代にもあり、居心地も悪いのだった。


スポンサーサイト
  1. 2015/03/23(月) 12:15:14|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0

『 春 』 三三独演会 於 なかのZERO 小ホール / 平成二七年三月一八日

もぐら泥 / ろべえ
竹の水仙 / 三三

仲入り

道具屋 / 三三
長屋の花見 / 三三


開演19時30分と遅めの幕開き。
ろべえは相変わらず初代ですと自己紹介。
名を継ぐ者(二代目)が現れて初代となると聞いた。
彼はまだ一代名乗りであって初代ではないと云うことになる。

ろべえが大師匠小三治との出来事を話した。
それを継ぐ格好で三三も師匠小三治との思い出について。
色々話して「竹の水仙」。 一席目から長講だ。
恐らく仲入り後に二席演る番組だろう。

果たして仲入り後は「道具屋」と「長屋の花見」。
前日の兼好同様、春の噺が入って来た。
遅くに始まったが何時までやるつもりだろう。
会場の時計は21時を回って依然急ぐ様子はない。

結局21時40分近くまで演ってお開き。
焦ることなく二時間以上の芝居であった。
なかのZEROは公共施設の割に遅くまで頑張る。
オーバータイムは遅延料が発生するとかしないとか。
三三が言っていたのは冗談なのか本当のことなのか。

三三たっぷり、堪能の時間を過ごして会場を後に。
駅までの途中にある、らーめん北国(ほっこく)へ。
何時閉店か分からぬが自分の目の前でお客が一人入ったので続く。
まずはビールと餃子、ペースを考えながらメンマラーメンを追加。
22時過ぎ、料理の合間に店主が外看板の照明を落とした。
客は自分を含めて六人。 概ね22時閉店と云うことのようだ。

ラーメンを平らげてお勘定、1,550円也。
このところ酒手が嵩んでいたので今日はこれでおしまい。
但し、帰りに地元駅前コンビニでカマンベールを買って家飲み赤ワイン。
毎月、飲み歩きを控えねばと思いつつ、ついつい。
甚五郎の如く竹の水仙やねずみを彫って酒手を稼ぐ才能はない。
それでも酒飲みの性でふらふらと夜の町へ出向いてしまうのであった。
 
 
  1. 2015/03/19(木) 23:59:09|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

『 人形町噺し問屋 その57 』 兼好独演会 於 日本橋社会教育会館 / 平成二七年三月一七日

狸の札 / けん玉
花見酒 / 兼好

仲入り

ヴァイオリン演奏 / AYASA
崇徳院 / 兼好


昼食が軽めだったのでファミマに寄る。少し腹に入れた方が良かろう。
フィナンシェなる小さな洋菓子とウィルキンソンのレモンを買って会場入り。
ホワイエで仕事の電話を一本。
BGMで三味線がツントンシャンと鳴っているが仕方がない。

恒例のご挨拶は鉄道での面白い体験をふたつ。
結構盛り上がって30分近く話していた。

ひさびさに「花見酒」。もう春の噺だ。
兼好のニンに合っている。
酒が美味そうだが自分はグイグイ飲み干すほど強くない。
昔の人は本当にあんな風にビールの如くグイグイ飲んだのだろうか。

栞に仲入り後のゲストAYASAとある。
何者なのか情報が全くないので仲入りに検索。
派手な女の子が出て来た。 ヴァイオリニストのようだ。
落語会では浮きそうだな。 兼好のチョイスは変わっている。

果たして緞帳が上がると八頭身の美女が立っているではないか。
しかも そこそこエロい衣装、会場に困惑の空気が漂う。
長い脚に黒いストッキング、その上の絶対領域が白く眩しい。
ギターの相方と軽快に演奏する。腕は確かで会場の反応も良い。
もう前半の落語が吹っ飛んでしまった。

トリ根多は「崇徳院」。これも春らしい。
初心な若い男女の恋心。周りの大人がドタバタと。
番組全体に明るくて楽しい芝居であった。

はねてから浅草線で新橋へ出る。久々に美人マスターのキッチンへ。
入口の引戸から中を覗くと目を真ん丸にして驚いている。
恐らく一年以上ご無沙汰しているので無理もない。
ちょうど大勢さんが帰った後で店は若い男性ひとり。
落ち着いて飲める感じでホッとする。
場所柄、イケイケのサラリーマンも多い。隣り合わせると疲れるのだ。

久々の再会で色々話す。
マスターが落語に話を振ると先客の若者が食いついて来た。
結局、落語についていろいろ説明するパターンに。
一時間半ほど飲んでお開き。
風通しは出来たから、またマスターの店にもちょくちょく顔を出そう。
 
 
  1. 2015/03/18(水) 12:15:51|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

遅れ馳せながら初詣 -富岡八幡宮-

日曜に富岡八幡宮へお詣りに行って来た。
地元のお氷川さんにも鈴本近くの天神様にもお詣りしていない。
三月も中旬になって、今回が漸くの初詣と相成った。

三月に入って渓流もあちこち解禁になった。
雪融けまでは自重するつもりだが、そろそろ備えを始めなければ。
ふと、釣行の安全を祈願しておこうかと柄にもない事を考えた。
釣りの神様って近場にないかと調べて見つかったのが富岡の八幡様だった。

地下鉄で一本、門前仲町から程近い。
こんな便の良い所で釣行安全のお詣りが出来るとは寡聞にして知らなかった。
実際は航海安全からの釣行安全と思われ、海釣りが主体と思われる。
御本殿にお詣りしたが境内西側、恵比須宮の恵比須神が御利益かも知れない。
それは後になって気づいた事だが、御本殿に参っておけば間違いはなかろう。
自らと今まで知り合ったすべての釣り仲間の安全を祈願した。

お詣りを済ませて授与所で御守を受ける。
釣行安全の御守は二つ、大きいのと小さいの。
どちらも鉤が納めてあり、いかにもそれらしい。
主に渓流釣行なので鉤自体が小さい、小さい方の御守を選んだ。
初穂料は大きさに拘らずどちらも800円だったようだ。


270316


授かってひと息つくと正午を少し回っていた。
3月15日の正午過ぎ、まさに去年のこの日のこの時分に怪我をしたのだった。
あれから丁度一年後に、釣行安全祈願のお詣りで境内に居る事になろうとは・・・。

気持ちの上ではこれで再スタートを切った。
後は初入渓を無事に終えれば、全て清算出来るだろうと思っている。

最後に一礼して鳥居をくぐり外へ出る。
門前の正面すぐ右側にある蕎麦屋・萬寿庵の暖簾を払う。
まずは玉子焼きで赤星の中瓶。
焼き海苔で秋川の地酒・喜正の熱燗を一合。
蕎麦前を終えて、せいろを一枚。
薬味が十六種もあり、中から四味を選んだ。

ほろ酔いでお勘定。
参詣で賑やかな通りに出て、少し歩けばもう地下鉄の入口である。
夜は夜で兄や弟と飲みに出る約束をしていた。
一旦帰って酔い覚ましに昼寝と洒落込む。
なかなかいいお出かけであった。 さてさて、あとは釣るだけ。
 
 
  1. 2015/03/16(月) 17:35:46|
  2. 旅や野遊び
  3. | コメント:4

三月中席 二日日 夜の部 於 鈴本演芸場 / 平成二七年三月一二日

奇術 / ダーク広和 (最後だけ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
都都逸親子 / 歌奴
目薬 / 文左衛門
漫才 / にゃん子・金魚
誘拐家族 / 百栄
金明竹 / 馬石


仲入り


太神楽曲芸 / 勝丸
粗忽の釘 / 燕路
紙切り / 正楽 
うどん屋 / 白酒


暫く寄席に行ってないなと思って番組をチェックしたのが十日程前。
鈴本で白酒が主任を務めると分かってこの日に決めた。
歌奴から聴かれるタイミングで事務所を出た。
白酒のHPで割引が効いて木戸銭が300円安くなった。
入るとまさに歌奴の前であった。

独演会のチケットは瞬殺の白酒だが、寄席となると話は別。
なかなか面白い顔付けにも関わらず客足は今ひとつ。
文左衛門が満席のご来場と揶揄するが笑いも疎ら。
この感じが良いのだ。

あずみの代演で正楽が入っていた。
人数が少なく競争率は低い。
いつか “ 渓流釣り ” で切って貰いたいのだがこの日は生憎ポチ袋がない。
その辺は拘りたいので今回は諦めた。
考えてみれば栞の表紙が綺麗なのだから切り離して包めば良かった。
いずれにせよ、近々ポチ袋を仕入れなくては。

白酒のトリ根多は「うどん屋」だった。
相変わらずの酔いっぷりでうどん屋を翻弄した。
弾けていて面白い。 少ない客にノリノリと見た。
この噺で自分が気にするのは最後の大店から出て来た客の演じ方。
この客は風邪をひいていて、身体を温めるべく鍋焼きを食べる。
だから美味そうに食べてはリアリティがない。
かったるそうに、洟をすすってうどんもすする。
このあたり、この日の白酒は我が意を得たりの演技であった。
以前、小三治の演り方が印象に残ったがそれと甲乙つけ難い。
十日興行でこの日に来たのは当たりだったと思わせる一席であった。

出来ればこの中席でもう一回行きたいところだが来週は別に二つある。
週三日も行くとあまり楽しめないことが多い。 思案のしどころだな。

はねてから女将のところで一杯。
前回の寄席の後はまだ禁酒期間だった。
やはり落語の後は酒がなくてはとしみじみ味わう。
取り置いて貰ったラム肉が期待に違わず美味かった。
こちらは寄席と違って盛況で、何組も断ったらしい。
そう云う日は疲れると。
商売繁盛も楽しい事ばかりではないと云うことか。
 
 
  1. 2015/03/13(金) 23:59:25|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

さいはてにて ~やさしい香りと待ちながら~ 於 新宿バルト9 シアター1

最近、邦画と云えば田舎が舞台で景色のキレイな癒し系ばかり観ている。
都会を舞台にした世知辛いドラマはTVのお株なのだろう。
約二時間、世間から隔離されてショートトリップしているようなものだ。

永作博美と佐々木希の共演。
佐々木希がなかなかの好演を見せている。

舞台は能登半島の先の方。
都会で珈琲店(豆を売る方)を一人で経営していた岬(永作)。
行方知れずの父の消息を追って故郷能登にUターン。
幼い頃暮らした舟屋を改装して珈琲店をはじめる。
その店を見下ろす所にあるのが絵里子(佐々木)の住む寂れた旅館。
絵里子はシングルマザーで小学生の姉弟がいる。
子供を介して徐々に交流が深まる二人を軸にスロゥな物語が展開する。


270309
(C)2014「さいはてにて」製作委員会


味のある舟屋を改装した珈琲店が魅力的。
絶景のロケーションだけでも観ていて飽きない。

金沢でキャバ嬢をしている絵里子が徐々に変化して行くのが楽しい。
別にキャバ嬢が悪いとは言わない。
自分も通ったクチだ。いい子はいっぱいいる。一生懸命だし。
しかし幼い子供を養いながらするにはハードな仕事だ。
そのあたりが舞台となる海辺の情景とのギャップもあって切ない。

岬の父の消息が判明するあたりから話が急展開して行く。
作りが丁寧なのでそこも急ぎ足にはならず落ち着いて観られる。

入れ込む程ではなかったが、良い作品であった。

昔、能登半島を車で周ったことがある。
当然だがとても大きくて、目論見より時間がかかって焦ったものだ。
昼間の輪島は寂しく、穴水の牡蠣が美味かったのを憶えている。
いずれまた、時間をかけて旅してみたいものだ。
ロケ地には本物の旅館があるのだろうか。
そう云う事は検索しないでおこう。
 
 
  1. 2015/03/09(月) 23:59:04|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0

『 雲助蔵出し ぞろぞろ 』 雲助独演会 於 浅草見番 / 平成二七年三月七日

寄合酒 / なな子
四段目 / 市楽
粗忽の釘 / 雲助
明烏 / 雲助

仲入り

お直し / 雲助


一旦、見番の前まで行って中を見ると扉の際まで並んでいる。
開場まで間もないが引き返して弁天に入る。寒い時季はかき南そばだ。
まだ手元に注文の来ていないお客が多い。少し待つ事になるか。
思いの外早く運ばれて来た。 一見、前より牡蠣が少ない気がする。
きちんと数えた事が無いのにこう云う表記は営業妨害か・・・。
熱々のところを啜って汗が噴き出す。牡蠣の数は兎も角、美味い。
この日は冷え込んでいたので縮こまったり汗かいたり、身体も忙しい。

見番へ。 座布団はそれなりに埋まっていた。
上手の前の方に空きを見つけて確保。再び見番を出て近所の洋菓子屋へ。
そこのアーモンドスライスクッキーが好物だと言う友人に遣い物だ。
しかし目当ての品はバターとアーモンドの高騰で止めてしまったと。
さて困った。 仕方なくレーズンウィッチやドライケーキを詰め合わせた。
戻って次回の蔵出しのチケを買って、開演を待った。

軽いところで「粗忽の釘」から入り、廓噺を二席。
明るいところで「明烏」。 少々湿っぽいところで「お直し」。
「お直し」は多少コミカルな味付け。
それでも何とも云えぬ哀愁を感じてしまった。
サゲもイイ感じだったのだが、気持ちのせいかペーソスを感じた。
男の甲斐性がないと夫婦の情景も切ないなと気持ちが萎んでしまった。
今回は丁度高座の視線に前方のお客が被って見辛かった。
ゴソゴソ動く人で、そのたびに右に左にこちらも動く始末。
自分より後ろの人も煩わしかったのでは・・・申し訳ないが仕方がない。

はねてからお遣い物がどうしても気に食わない。
贈る相手は甘い物のストライクゾーンが狭い。
所望のフロランタン(と店の人に菓子の名を教えて貰った)を入手したい。
先般求めた菓子は母親への土産にして、日暮里へ向かった。
仲入りで調べたらフロランタン専門店が谷中銀座にあったのだ。
帰路、遠回りしてその店へ。 着いて見るともう品数が少ない。
目当てのオーソドクスなプレーンは既に売り切れていた。
四種類のフレーバーを3つずつ計12個、小さな菓子を求めた。
店違いで貰う方はいざ知らず、遣いを買って出た方は満足の域である。
一旦家に戻って、母屋へ顔を出し浅草の菓子を母へ渡す。
思いの外喜ばれ、ちょっと困惑。 ごめん、ついでの品なんだ。
ひと休みしてフロランタンを持って飲みに出る。
自分なりに手間をかけて入手したのだが相手の反応は今一だった。
もう少し喜んでも良さそうなものだが。笑
とは云えみやげに苦労話を付けて渡すような野暮はしたくないものだ。
 
 
  1. 2015/03/08(日) 23:59:27|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

アメリカン・スナイパー -AMERICAN SNIPER- 於 ユナイテッド・シネマとしまえん スクリーン8 IMAX

イラクに派兵される主人公。名狙撃手、もはや伝説の男。
彼を中心に戦場と帰国後の日常を交互に見せる。
長期出張と長期休暇の繰り返し、やっている仕事は戦争・・・。
世界の警察と云う言葉が頭に浮かぶ。 果たしてそうなのか。
人道と正義の上では多少は近い立場に居る気がする。
しかし相手は相手で思いや考えがある筈。
やり方は時として途轍もなく残虐であるのだが。
手段の違いだけでない根深いものがあり、それをひと言で表せない焦りと恐れ。
アメリカはいつの時代もそれに苦悩している。
そして今、そこに一生懸命首を突っ込もうとしている長閑な国もあるのだ。



270302.jpg
(C)2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED,
WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC


かなり期待値は高かった本作だが、満足度は思った程ではなかった。
それがお国柄から来るものなのか自分のパーソナリティから来るものなのか。

軍人と云う仕事、職業がピンと来ないのだ。
彼等なりに尊ぶものがあり、矜持もあるのだろう。
国や愛する家族を守る為と云うが、わざわざ出張って行く動機付けになるのか。
観終わって遣る瀬無い気持ちになってしまった。
温度差、もうすっかり定着した新語だ。
正にこう云う時に使うのだろう。

実在の人物を描いて居るのでドラマ性は抑制が効いている。
ドキュメンタリーに見えなくもなく、そこに一人の人物の苦悩が垣間見える。
どことなく遠慮がちな演出。
とは云え、イーストウッド監督はいつも人物描写が丁寧だ。
そのクオリティと安定感はさすがだなと思った。

けれど“戦争は麻薬だ”と言い放った「ハート・ロッカー」の方が分かり易かった。
本作の記憶が薄れないうちに、今一度「ハート・ロッカー」を観てみようか。

「行くな、行ってはならぬ、地獄だぞ!」
どこかで読んだ、元予科練生の言葉が鮮明に思い出された。
 
 
  1. 2015/03/02(月) 23:59:44|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0

『 第21回 僕のらくご道 』 天どん独演会 於 なかの芸能小劇場 / 平成二七年二月二八日

反対俥 / 天どん
教師達の修学旅行 / ぬう生
山奥の恋人たち / 天どん

仲入り

粗忽長屋 / 白酒
鰍沢 / 天どん


整理券を兼ねる入場券を17時40分に売り始めるとのこと。
会場の都合上、17時40分より前にはお越しにならぬようと告知があった。
近くのカフェで珈琲を飲んでギリギリに行ってみるともう行列が。
これなら珈琲は飲まずに並んでも良かったか。
しかし自分はそう云うのを由と出来ない性分でもあり。
がっついて並ぶ方が気恥ずかしかったりする。
まぁいいかで末尾に加わった。
先着自由席、座った席は良い位置であった。

なかの芸能小劇場、今まで縁が無く今回初めての会場。
家からも至近なので便利な箱。こぢんまりしていて良い感じだ。
扇辰なども使っていたと記憶している。
これからはこの箱の興行に気をつけておこう。

天どんなので古典でもひと捻りしてある。元気に「反対俥」を演る。
喜多八や喬太郎、小辰も言っていたが、熱演するとかなり疲れる噺。
一席目にこれを持って来ると燃え尽きるらしい。
案の定、天どんも二席目でそんな弱音を吐いていた。
前半で題名も知らない新作が二席続いた。何となく落ち着かない。

食いつきに白酒。久々に「粗忽長屋」を聴いた。
サゲが通常と違う。あぁ、これも面白いなと思う。
天どんの「鰍沢」も肝心なところを含めて通常と変えてあった。
こう云う変更は書いてしまうと根多バレになってしまう。
(ネットで)書いたりしないようにして下さいよ。と笑いを取る。
よく事細かにまくらや噺の運びをブログに書いている御通家がおられる。
あれも喋りを生業としている方からすると迷惑な話だろう。
そう思ってからは自分は書き方を少し変えて気をつけるようになった。

自分が気づかなかっただけなのか、演目の貼り出しを見つけられず。
新作二席の題名が分からぬまま会場を出た。後刻、ネットで調べて記録。

隣駅の高円寺へ移動。マスターのところで一杯飲む。
明けて3月1日。 いよいよ渓流の季節だが、自分は雪融けまで自重の体。
あれこれ話していると最近店に来るようになったと噂の新顔さんが来店。
アウトドア好きの女性で先日もマスターのイベントに早速参加したらしい。
そろそろ帰ろうとしていたところだったが御近づきに一杯奢る。
あれこれ話しているうちに電車が地元まで行かない時分に。
中野までは戻れたが億劫で高円寺からTAXIに乗って午前様と相成った。


  1. 2015/03/01(日) 23:59:20|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (64)
演芸など (318)
フォト・キネマ・アートとか (160)
道具のたぐい (40)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

archive

counter

search form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。