七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

『 圓太郎商店 独演その二十四 』 圓太郎独演会 於 池袋演芸場 / 平成二七年七月三〇日

牛褒め / 扇兵衛
小言念仏 / 圓太郎
夏泥 / 圓太郎

仲入り

鰻の幇間 / 圓太郎


演芸場の木戸口へ入ると目の前で鳩が飛び立った。
何が襲って来たのかと。 魂消るとはこのことだ。

いつもとそうかわらぬ時分に入ったが思いの外空いていた。
珍しく固定席の良い所が空いていたのでそこに落ち着く。

前回は昼の部が襲名披露だった。
その祝いの花から出て来た虫が飛んで笑いを誘った。
今回は花もないのに虫が飛んだ。
圓太郎がそれを気にして愚痴って再び笑いを取った。

久々に固定席に座ったが、隣の男性の足元が落ち着かない。
結構な頻度でタンッと靴を鳴らす。タップの要領。
恐らくご本人は気づいていない癖だろう。
安普請の池袋の床は薄い合板が下地のようでそれが響く。
音と振動が自分の足に伝わって煩わしい。
耐えかねてひと言声をかけて止めて貰う。
やれやれ、こんな事ならいつもの最後列の折畳に座れば良かった。

それはそれとして、三席とも楽しめた。
特に「鰻の幇間」は良かった。
喜多八の印象の強い噺だが、圓太郎もなかなかであった。

はなてから当てにしていた店から振られてしまった。
色々と考えて結局コンビニに寄ってから家に戻って飲んだ。
家と云っても居候先の弟宅だが。
もうすぐ間借り生活も終わる。
お互い、あと少しの辛抱である。
 
 
  1. 2015/07/31(金) 23:59:32|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (63)
演芸など (315)
フォト・キネマ・アートとか (157)
道具のたぐい (39)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

archive

counter

search form