七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

「ジュラシック・ワールド」 IMAX 3D -JURASSIC WORLD- 於 ユナイテッドシネマとしまえん スクリーン8

22年前に「ジュラシック・パーク」を観た時の記憶は鮮明だ。
リアルな恐竜のCGと轟く咆哮に鳥肌が立ったのを憶えている。
その後のシリーズは劇場まで足を運ぶことはなかったけれど。

今回、久々にシリーズ最新作を大きなスクリーンで観た。
もはやCG画像に過度な驚きは感じなくなった。
3Dも違和感がなく、往時に比べると感覚が麻痺してしまった感がある。


270830

(C)Universal Pictures and Amblin Entertainment


但し内容はなかなか面白かった。
アトラクション化した恐竜園は客のニーズがエスカレートして行く。
遺伝子操作でより大きくより凶暴な恐竜を作り出しそれに応える。
時代が進もうと見世物小屋と云う所の根性は変わらないものだ。

このところ豪快な映像で魅せる作品に当りがなかった。
今回は久々に堪能した一本であった。
BDになったら第一作と続けて観るのも面白いかも知れない。
 
 
  1. 2015/08/30(日) 23:59:47|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0

『 人形町噺し問屋 その61 』 兼好独演会 於 日本橋社会教育会館 / 平成二七年八月二五日

ぞろぞろ / けん玉
汲みたて / 兼好

仲入り

江戸糸あやつり人形 / 上條充
応挙の幽霊 / 兼好


「汲みたて」のような噺を聴くとちょっと切なくなる。
皆が想いを寄せる若くて綺麗なお師匠さんも誰か一人のものになる。
それをやっかんでドタバタを繰り広げ滑稽噺になる。
しかしそこにはそこはかとなく叶わなかった恋に対する悲哀が漂う。
お互いがライバルであったが、負けてしまえば同志となる。
憎いあんチクショウに一矢報おうとてんやわんやである。
深刻なものではないけれど、その心情はお察しするぜ諸君。

あやつり人形、あの作りであれだけ繊細な動きをするのか。
改めて生で観て感心してしまった。
文楽とか浄瑠璃とか、一度じっくり観てみたいと思ったり。
自分では年寄りじみた趣向を歳の割に先取りしている気でいる。
しかし実際はそう云うものに興味を持ち始める年頃になったのだ。
人並みにおじさんの路を着々と歩んでいることは認めざるを得ない。
それに抗うつもりもないし。

二席目は「応挙の幽霊」。
「お菊の皿」よりこちらの方が好きである。
夏らしい噺を聴いて八月の〆となった。
気づけば八月の落語は今回一度だけであった。
忙しかったが、こんな事は聴きはじめて初かも知れない。

以前に比べて落語の頻度が随分落ちた。
月に五六回と通ったころは熱病みたいなものだ。
今ぐらいで丁度良いのではないか。
但し、もう少し偏りをなくした方が良いとは思う。
雲助・圓太郎・白酒・三三・兼好、この辺りに集中し過ぎている。
もっと寄席に出向いて色々な噺家を聴いた方が良かろう。
良し悪しばかりで判断は出来ないが。

長く付き合える演芸である。
これからも良い塩梅で楽しませて貰おう。


  1. 2015/08/26(水) 23:59:35|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

夏休みっぽい日々・蓼科 -2015.08.11~14-

8月に入り弟宅を出て漸く新しい拙宅に引っ越し。
それでも落ち着かぬ日々が続いていた。
収納の手配が遅れて暫くは荷解きが出来ず段ボールと同居である。
(拙宅についてはいずれ書こう。)

そんな夏真っ盛りの中旬。
世間ではお盆休みも間近の頃に蓼科へ行って来た。
東京者にこの盆休みと云うのは関係ないのだが世間的には連休だ。
少し前倒しして11日に東京を出た。
前もって決めていた休みではなかった。
両親がこの夏の猛暑酷暑に辟易していたので甥っ子共々連れ出したのだ。

遡ること前の週、信州に落雷と突風が吹き荒れていた。
その時は束の間不安も過ったがその事は忘れてしまっていた。

ところが別荘に着いてみると停電している。
ブレーカーは切れていない。しかし照明は点かず冷蔵庫は沈黙している。
暫くしてふと前週の嵐を思い出し外へ出てみた。
案の定、敷地内の大きな木が幹途中でボキリと折れて倒れていた。
丁度、電気の引込線の経路であった。
見れば太い幹が覆い被さり電線がくの字に突っ張っていた。
やはり倒木による引込線の損傷が原因だった。


270815


すぐに中部電力に連絡。
速やかな対応で発見通報から二時間で復旧して貰うことが出来た。
老夫婦と小学生を連れてのトラブルに気を揉んだが大事には至らなかった。

今回の目的は別荘屋根と雨樋の落ち葉掃除、それと敷地内の草刈りだった。
三泊四日だが実質二日間で終えねばならない。
今回は釣り具も持たずに来て別荘メンテに専念すつるつもりだった。

二日目、天気が崩れないうちに屋根へ上った。
ひとりの時、雨の時は屋根に上らないと決めている。
行く度にどちらかの状況であり、もう何年もメンテが出来ずにいた。
今回は天気も良く、家族が居るので安心して上がれた。
何年越しだろう。気がかりだった掃除が出来て気分も晴れ晴れであった。

三日目は予報通りの小雨。草刈りに雨は支障ない。
但し草刈機のナイロンカッターの残りが少なかったのでエリアを厳選した。
地所全体は五百坪ありそのうち概ね三百坪に下草が生えているだろう。
建物から目につく所を重点的に刈り込んだ。
例年は一網打尽だったが、今年の刈り方の方が却って良いかも知れない。
手を入れ過ぎると野趣が薄れてしまう。
尤も枯れ枝や倒木の片づけが追いつかず、荒れた感じは否めないのだが。

取り敢えず二日でやっておきたい事は最低限済ませて東京に戻って来た。
釣りもせず、温泉も蕎麦を手繰りにも行かずで信州満喫とは行かなかった。
しかし山の野良仕事で気持ちの良い汗をかいて良い休日であった。
 
 
今回のツーリング <期間:4日>

  走行距離:467㎞     走行時間:8時間30分
  平均時速:54.9㎞/h   平均燃費:12.9㎞/L
 
 
  1. 2015/08/15(土) 23:59:39|
  2. 旅や野遊び
  3. | コメント:2

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (60)
演芸など (306)
フォト・キネマ・アートとか (152)
道具のたぐい (37)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

archive

counter

search form