七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

『 深川噺し問屋その5 』 兼好独演会 於 深川江戸資料館 / 平成二八年三月二二日

十徳 / けん玉
しの字嫌い / 兼好

仲入り

マジック / 夢葉
花見の仇討ち / 兼好
 
 
キャンセル続きだった兼好に二連続で行く事が出来た。
(実際にこれを書いているのは5/24)
仕事の合間を縫って行ったせいか記憶が薄い。
けん玉が少しずつだか聴ける高座を演るようになって来たなと思ったこと。
夢葉の鞭はいつも耳がキーンとなって嫌だと思ったことふたつは憶えている。
そろそろ桜の時季に「花見の仇討ち」を聴いて、今年の花見噺はこれきりかもと。
後はあまり憶えていない。

金遣いが上手でない事もあって小遣帳と云うか家計簿と云うか、出納帳をつけている。
当日の記録を見ると、はねてから地元のラーメンチェーン店へ寄っている。
餃子でビールを干してラーメンを啜って帰った記憶が薄らと残っている。
ちゃんとした飲み屋には寄らず帰宅したのだ。
まだまだ仕事が頭の大半を占めて、それが充足感には至っていなかった時期だ。

先に書いてしまうとこれ以降、落語を聴いていない。(5/24 現在)
次は5/28に雲助の会がある。5/29も若手で連荘の予定。
また月に二三回は落語を楽しむ生活に戻りたいものだ。
 
 
  1. 2016/03/22(火) 23:59:48|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

平成二十八年 初詣

二年前の早春、脱渓時に大怪我をしてワンシーズン棒に振った。
昨年復帰に当たり、幾ばくかの気休めと思い釣りのお守りを受けた。
ご利益か、入渓回数も僅かであったが昨年は何事もなく終える事が出来た。

その御礼参りと新しいお守りを受けに今年も富岡八幡宮へ行って来た。
釣りの後輩も連れだって。彼の奥さんも一緒に三人で詣でた。
因みにこれが今年初のお参り、文字通り初詣であった。

まずは昨年のお守りを返してから本堂へお参り。
それからおもむろに新しいお守りを受けた。
自分と後輩は勿論の釣行安全、後輩の奥さんもなにやら別のお守りを受けた。


280312



昨年十月に突然仕事が忙しくなり、外で飲む機会が激減していた。
後輩と共通の師匠である高円寺のマスターの所もとんとご無沙汰。
そんな事で後輩と会うのも随分と久々の事であった。

八幡様の門前にある蕎麦屋へ二人を誘う。
昨年、後輩が同じお守りが欲しいと言うので連れてきた時にも入った店だ。
今回は三人、ビールで再会を祝し蕎麦前の摘みを楽しんだ。
暫く会えていない高円寺仲間の噂を聞いたりしながら上燗の菊正を飲む。
暫し楽しいひと時を過ごして暖簾を払った。
門前町で土産に和菓子などを求めて家路につく。

今年は車も新しくして運転も楽になった。
スケジュールを合わせて釣りへ行こう。
車内も大きいから長身のマスターも快適だろう。
そんな話をしながら地下鉄に揺られ、先に地元駅に着いた自分が降りて解散となった。
まだ当分忙しい日々が続きそうだが、さて初釣行はいつになるやら・・・。
 
 
  1. 2016/03/12(土) 23:59:58|
  2. 旅や野遊び
  3. | コメント:0

「ザ・ブリザード」 IMAX 3D - The Finest Hours - 於 ユナイテッド・シネマとしまえん 8スクリーン

実際にあった海難事故を描いた作品。
事実以上の誇張はないので海猿みたいなドラマティックな展開はない。

終始冷たい海水を被りながら突き進む小さな救難艇。
観ているだけで非常に疲れる。
どこであれ遭難は大変な非常時だが、海上は陸上以上に状況が厳しい。
じっと待つ事が出来る地面が無いと云うのは精神的にも辛いだろう。
いつ沈むか分からない真っ二つに割れた貨物船の船内はあまりにもタフな環境に思えた。
地味ではあったが重厚な一本であった。

こうした実話に基づく作品はエンドロールで当事者が写真で登場することが儘ある。
当たり前だがそれは俳優でない訳で、男女ともアレっと思ってしまう事が多い。
失礼な話だがそこはちょっとガッカリな後味になったりするのである。
 
 
  1. 2016/03/05(土) 23:59:29|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0

「オデッセイ」 IMAX 3D -THE MARTIAN- 於 TOHOシネマズ新宿 スクリーン10

100%ではないけれど予め計算で結果が分かってしまう科学の残酷。
明日は沖を船が通るかも知れないと思いながら眠りにつくロビンソン・クルーソーの方が幸せかもと思ったりして。

これは久々に上質なSFであった。
思い入れで観たスター・ウォーズより純粋に楽しめた気がする。
マット・デイモンの出演作はハズレが少ない。良い本を選んでいる。
 
 
  1. 2016/03/04(金) 23:59:46|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (53)
演芸など (299)
フォト・キネマ・アートとか (143)
道具のたぐい (36)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (13)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

archive

counter

search form