七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

『 鈴本余一会 第一五回 古今亭菊之丞独演会 』  於 鈴本演芸場 / 平成二八年一〇月三一日

垂乳根 / 一花
親子酒 / 菊之丞
堪忍袋 / 正太郎
湯屋番 / 菊之丞

(仲入り)

粋曲 / 小菊
淀五郎 / 菊之丞
  1. 2016/10/31(月) 23:59:04|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

別荘冬仕舞い 2016/10/28~30

今季最後の別荘暮らし。
今回は兄と甥(弟の倅)が同行。
弟と兄方の甥は土日休みが取り辛い仕事上、今回も欠席。
兄方の甥は贔屓の蕎麦屋がやめてからめっきり蓼科熱が冷めてしまった。
確かにあそこのとろろ蕎麦と花巻蕎麦は絶品であった。
残念なことである。


281030


自分ひとりの時は近所の温泉で風呂を済ませる。
複数居れば薪風呂を焚く。
普段火など扱う事のない甥っ子には風呂焚きもイベントである。
端の着火はまだ未熟だが、それ以降はまぁまぁ任せられるようになった。
来春からは中学生だ。別荘での仕事も徐々にだが覚えさせたい。

念入りに水抜きをして電源を全て落として今季の別荘暮らしを終えた。
薪をもう少し作っておきたかった。 これが唯一心残り。

帰りは上信越道コースを取り、小諸の中棚荘で風呂に浸かってそばを手繰った。
ひとりで過ごす山も好きだが、兄弟子供が居るのも賑やかで悪くない。
来季は何遍皆と行かれるだろうか。
 
 
 

  1. 2016/10/30(日) 23:59:43|
  2. 旅や野遊び
  3. | コメント:0

『 人形町噺し問屋その66 』 兼好独演会 於 日本橋劇場 / 平成二八年一〇月二五日

狸の札 / じゃんけん
磯の鮑 / 兼好

仲入り

カンカラ三線 / 岡大介
宿屋の仇討 / 兼好

兼好にはけん玉とじゃんけんの弟子二人がいる。
個人的には二番弟子じゃんけんの落語の方が好みだ。
けん玉は 「わ ゐ う ゑ を」が入る言葉にちょっと違和感を覚える。
上手い下手より好みの話なのでどうしようもない。

今回の色物、大介も苦手な芸人だ。
ネタの政治色が強い。 本人は右も左もなく反社会派でもないと言う。
しかし落語を聴きに行って彼が出てくるとどうしても興ざめしてしまう。
人柄や芸を否定する気は毛頭ないが、好き嫌いを問われれば嫌いなのだ。

と、たまには落語聴きとしてネガティブな心持ちについて書いてみた。
 
 
 


  1. 2016/10/25(火) 23:59:47|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

「 何者 」  於 シネプレックス幸手

お付き合いで鑑賞。

今どきの若者たちの就活環境を描いた群像劇。
自分はバブルの余波が残っている時期に社会へ出た。
就活も殆ど苦労無しに第一希望へ決まった。
却ってそれが良くなかったかなと回顧する事もある。

今は学生・企業共に色々と事情が複雑なようだ。
面倒なプロセスも多そうで、気の毒にも思えた。
しかしそれが世代と云うものだろう。
 
 
 

  1. 2016/10/24(月) 23:59:55|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0

「SCOOP!」  於 109シネマズ菖蒲

到着が遅れて冒頭を見逃す。
ひと暴れした後のようだった。
福山雅治、二階堂ふみ、リリー・フランキーと好みのキャスティング。
思わずアッとなる終盤の展開。 面白い一本だった。
いずれVODにでもなったら冒頭を確認せねば。
 
 
 
  1. 2016/10/23(日) 23:59:41|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0

河原で秋刀魚 2016/10/22

土曜は高円寺の飲み仲間と多摩川の河原でBBQ。
この手の集まりは久々の参加。 やはり楽しい。
メインは秋刀魚。 肉は殆ど食べず。


281023


芋煮汁も美味かったが、やはり焚火が最高の肴である。
久々の火遊びを堪能。 焚火万歳。



  1. 2016/10/23(日) 23:59:26|
  2. 旅や野遊び
  3. | コメント:0

i Phone7 & QUADLOCK

10月5日にiPhoneを5Sから7へ機種変更した。
最大の理由は防水仕様になったこと。
ジャブジャブ浸ける訳ではないが、川での気遣いが減るのは良い。
今まではその都度防水ケースに入れていたから。
あれは音が籠ってしまうので電話で先方が聞きづらいのが難点だった。
そのため普段は使えず、水辺へ行く時だけいちいち装着していた。
これで日常の姿のまま川まで行かれる。
サイズは5Sより大きくなったが、まだ片手で操作出来る大きさだ。
老眼には7PLUSも有効だがさすがに大き過ぎると思い留まった。


281022


ケース(プロテクタ)はQUADLOCK。 
背面にあるジョイントで各種マウントに固定出来る。
自分の場合、自転車と車での使用が想定される。
(実際の自動車での使用はずっと後の事になる。)
この黒いケースを想定してiPhoneの色は表面が白いシルバーにした。
白に黒い縁取りとなり、思った通りトルーパーな雰囲気。
洒落で待ち受け画面もトルーパーにしてみた。
 
 
 
  1. 2016/10/22(土) 23:59:50|
  2. 道具のたぐい
  3. | コメント:0

「ジェイソン・ボーン」 - Jason Bourne - 於 TOHOシネマズ新宿

デイモン主演の四作目、全体では五作目となる。
既に観る側に心構えが出来てしまっているので刺激は少なかった。
アクションもカーチェイスも高いレベルで絵作りはされていた。
しかし三作目で描かれたタンジールの追跡劇を超えるものは無かった。
あれがこのシリーズのピークだったかも知れない。
次はあるのか。あるとしたら超えるものは出来るのか。
本作で前作から9年。デイモンも確実に歳をとっている。
 
 
 
  1. 2016/10/15(土) 23:59:23|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0

蓼科ツーリング 2016/10/08~10

〆切次第で比較的休みは自由度が高い我が身。
反して弟の休日は基本的に日曜のみ。土曜、旗日は勤労の身。
ハッピーマンデーなる三連休も普通の週末であった。
暇を持て余す甥っ子が私にくっついて蓼科へやって来た。

今回は荒れ気味の庭掃除が目的。
庭と云っても緩傾斜を成す約500坪の雑木林。
朽ち木や折れ枝を片付けるのが主な作業。
中から風呂の薪に使えそうなものはストックする。

ところが別荘に着いて間もなく体調が悪化、風邪をひいたようだ。
身体中が痛く、ダルい。 肉体労働どころではなくなってしまった。
庭仕事は早々に諦めざるを得なかった。


20161010.jpg


気を取り直して、気の向くままに甥っ子とあちこち車で走り回って来た。
とは言え行先は高が知れていて牧場や蕎麦屋、温泉など。
もう小6の甥っ子の事、それ程子供じみた所をリクエストしたりはしない。
水と空気が美味い所で静かに読書が出来れば満足だったようだ。
伯父としてはもう少しアクティブでアウトドアな少年だと嬉しいのだが。


もう少し身体が大きくなって興味を持てば渓流にも連れ出したいところだが。
中学になれば大人に付き合って行動する事も少なくなるだろう。
別荘暮らしは好きなようだが、二人で行くのはこれが最後の機会かも知れない。
そんな事を思った行楽シーズン三連休。
 
 
 
  1. 2016/10/10(月) 23:59:01|
  2. 旅や野遊び
  3. | コメント:0

『 雲助蔵出し ぞろぞろ 』 雲助独演会 於 浅草見番 / 平成二八年一〇月一日

のめる / 市丸
湯屋番 / 市楽
景清 / 雲助

仲入り

真景累ヶ淵 お久殺し / 雲助


見番斜向かい、蕎麦屋弁天にて あさりせいろ。
まだかき南蕎麦が出ていなかったのか、記憶は定かでない。

「お久殺し」。
今日は曇りで陽がよく入る見番も光が程良い感じで圓朝。

はねてから浅草を逍遥。 染の安坊にて 手ぬぐい。
銀座線で上野広小路。 鈴本にて 十月余一会・菊之丞のテケツを購入。
湯島まで歩いて女将の店にて一杯やって千代田線・東西線で帰宅。
何の捻りもない、安定の休日。

(2017.05.25記述)
 
 
 
  1. 2016/10/01(土) 23:59:06|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (64)
演芸など (318)
フォト・キネマ・アートとか (160)
道具のたぐい (40)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

archive

counter

search form