七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

『 小辰の十三ヶ月(第二回) 』 小辰独演会 於 お江戸日本橋亭 / 平成二九年二月三日

鈴ヶ森 / 小辰
火事息子 / 小辰

仲入り

宿屋の仇討 / 小辰


十三ヶ月、二回目。
仕事が押して開口一番には間に合わず。
急げば間に合ったが腹が減っていた。
日本橋から一駅歩いて尚且つ途中小諸そばへ寄った。
で、前座は聴けずに会場入り。

初回より客入りは良かった。
途中入場では座布団席には座れず、後方の椅子席に落ち着いた。
「鈴ヶ森」は相変わらず尻の穴がムズムズした。苦手である。
「火事息子」は圓生の音源の印象が強過ぎて誰のを聴いても今一つだ。
と、書いておいて現役では雲助の演り方が好みだったことを思い出す。
「宿屋の仇討」も白酒が何度聴いても面白くて圧倒的。

小辰は「金名竹」がいい。
長講ではないが、この噺は小辰で聴くのが一番好きだ。
やがては長講の中にも小辰が一番と思える噺が出て来て欲しい。

はねてからは新橋へ行った。
いつもの店の店長が御新造になられたのでお祝いを言いに寄った。
店長のご友人と云う若い娘さんがお客で来ていて、今年の一級に合格したと。
こちらも目出度い話である。
自分が取得した頃に比べて建築士の試験も随分難しくなっているだろう。
確か科目も増えている筈だ。
次の更新講習はいつだったか。そんな事を考えていたら酒が苦くなった。
 
 
  1. 2017/02/03(金) 23:59:21|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (63)
演芸など (315)
フォト・キネマ・アートとか (157)
道具のたぐい (39)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

archive

counter

search form