七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

「美女と野獣」 - Beauty and the Beast - 於 TOHOシネマズ錦糸町

エマ・ワトソンが出てる実写版。

前記事で書いた中ではご婦人と行ったパターン。
それはそうだ。
一人で、ましてやオジサン二人で行く筈がない。

王子様が野獣にされる理由。
傲慢な男で乞食女に化けた魔女を蔑んだのがそれ。

連れはもうこの時点でダメ出し、始まって10分位。
困っている老婆にあんな事する男、最低。
どんなに改心しようと(心根が)信じられない。
もう全然共感出来ないとご立腹。

観終わってからも酒飲みながら、延々と王子にダメ出し。

現実の女の人ってキビシイのね…。
ベル(美女)は寛大なのに。
  1. 2017/05/28(日) 23:59:31|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0

「 ワイルド・スピード ICE BREAK 」 - The Fate of the Furious / Fast & Furious 8 - 於 ユナイテッド・シネマとしまえん

ジャンルや作品によって観方も様々。
映画好きの先輩と行く事もあればご婦人を連れて行く事もある。

この手の作品は一人で行く。
車好きなので楽しいが、正直やり過ぎである。
そこが面白いのだが。
このシリーズ、いずれタイムスリップしたり宇宙へ行ったりするかも。
変わらないのは家族や莫逆の友との絆。
熱いよね、君たち。
  1. 2017/05/26(金) 23:59:41|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0

『 人形町噺し問屋その71 』 兼好独演会 於 日本橋劇場 / 平成二九年五月二二日

寄合酒 / じゃんけん
野晒し / 兼好

仲入り

スタンダップコメディ / ダメじゃん小出
百川 / 兼好


前回の噺し問屋は昨年末のその68であった。
実に五ヶ月ぶりである。
二回は仕事の都合で流したのだと思う。

訛りの強い登場人物が苦手で「百川」の百兵衛もその一人。
しかし兼好の演り方だとその愛嬌が目立ち悪くなかった。

終わってから湯島で飲んで千代田線の終電を逃す。
TAXIで御茶ノ水まで行けば中央線各駅がまだある時分。
数百円で帰宅出来た。
JRまで逃すと大損害である。
  1. 2017/05/22(月) 23:59:25|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

「メッセージ」 - Arrival - 於 TOHOシネマズ新宿

相当に上質なSFであった。
SFが一番ロマンティックなジャンルではと思うことがある。
これはそんな作品。

恐らく原作「あなたの人生の物語」(テッド・チャン著)も良作だろう。
原作は短編とある。2時間位の映画にするには短編の方が良い。

この映画は今年の暫定一位。
  1. 2017/05/20(土) 23:59:24|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0

BBS RG-R 19吋 8J

昨年、懐事情で我慢した夏タイヤ用のホイールを漸く入手。

ホイール本体;RG790[19吋 8.0J +43] ダイヤモンドブラック
タイヤ;BRIDGESTONE DUELER H/P SPORT 225/55R19
ロックナット;マックガード


290512(500x281).jpg


主目的はタイヤの扁平率 55 化。
ノーマルの挙動より節度感が欲しく、試みとしてタイヤを55に。
レーンチェンジ、コーナリング共に動きが洗練された印象。
発進時の軽快さや加速時の力感も増した印象を受ける。
直進安定性も従前より向上したように感じる。
バネ下荷重が軽くなった為、若干跳ねる感じが無きにしも非ず。

当初はRE-Vが候補だったがハミタイのリスクがありこちらに。
結果的には良かったと思っている。
RE-Vはタウンサイドでは似合うがカントリーサイドで浮くと思う。
ツライチに近ければ見栄えは良いが機能的にはボディを汚す。
グラベルを走るのであれば、若干は引っ込んでいた方が良い。
そんな気持ちの落としどころ。
  1. 2017/05/12(金) 23:59:38|
  2. 道具のたぐい
  3. | コメント:0

『 小辰の十三ヶ月(第五回) 』 小辰独演会 於 お江戸日本橋亭 / 平成二九年五月八日

道具屋 / 寿伴
のめる / 小辰
いかけ屋 / 小辰

仲入り

たちきり / 小辰


先月の十三ヶ月に続き根多出しはこいばなである。
この手の噺は苦手だと言いながら聴かせた。
師匠扇辰はこの手の話の空気づくりが巧い。
そこが小辰の壁なのかも知れない。
穿った見方だが。
  1. 2017/05/08(月) 23:59:36|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

別荘開き 2017/05/03~06

春になって千葉へ筍狩りに行ったり京都へ遊びに行ったり。
それは大した事でもなかったので割愛して・・・。

別荘開き、蓼科高原。
今年は四月に行くことが出来ずGWになってしまった。
例年は独りで行き不具合があれば家族が利用する前に修繕する。
今回はぶっつけ本番で兄弟や甥っ子と連れ立って・・・の筈が。
タイミング悪く甥っ子がインフルエンザに罹り、兄弟皆欠席を表明。
結果的に独りでのオープニングとなった。

春先にふと思いついたこと。
枯れ木や折れ枝を片付けるのにソリを使ってはどうかと。
今までは古びたネコを使っていた。
大きくて鉄製、本体が重い上に重心が高く扱い辛かった。
特に低いところからの荷揚げが相当な力仕事だった。

ソリならば重心は限りなく低く安定している。
一輪のネコと違いふらつく事もない。
地面は枯葉の絨毯で摩擦は低く移動も容易。
押して使うネコと違い、曳いて運搬出来るので勢いも要らない。
積載量が多くなっても瞬発的な腕力・脚力は関係ない筈だ。
想像するに良いこと尽くめなのではないかと…。


290506


果たしてこいつの仕事は大したものであった。
仕事の成果が時間当たりで倍以上に跳ね上がった。
何でもっと早く思いつかなかったのか。
我ながらの名案であったがそこが悔しく思える程。
今季からは庭の整備が捗るであろう予感に静かにほくそ笑むのであった。

四日間の滞在で入渓もした。
7寸程のアマゴが二尾。
初入渓、まだ春浅いところでリリース。
もう少し大きくなってから頂くことにした。

あとは温泉に入ったり蕎麦を手繰ったり鰻重を頬張ったり…。
今季の別荘暮らしも静かに幕開けしたのであった。
  1. 2017/05/06(土) 23:59:07|
  2. 旅や野遊び
  3. | コメント:0

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (66)
演芸など (329)
フォト・キネマ・アートとか (167)
道具のたぐい (43)
飲んだり食べたり (5)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

archive

counter

search form