七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

宇宙人ポール -PAUL- 於 立川シネマシティ j studio

新年初っ端をこんなB級SF映画で始めて良いものかと思いつつ足を運んだのだが、
これがなかなか面白かったのだ。

英国から米国のコミコンにやって来たオタクな二人(売れないSF作家とイラストレーター)が
レンタルトレーラーでエリア51などの“聖地”を巡る旅の途中でポールと名乗る宇宙人と遭遇、
ポールを彼の目的地へ連れて行くために共に旅をすると云うロードムービー。

スターウォーズをはじめ'70年代後期から'80年代のSF映画へのオマージュ満載で笑いが絶えない。
恐らく自分が気づいていないマニアックなオマージュもあったのではなかろうか。
流れる音楽も当時のアメリカンヒットチャートを賑わしたものが使われこれも懐かしい。

ロードムービーもSFも大好物な自分にとっては、かなりツボな映画であった。


paul
(C) 2010 Universal STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED


ポールのキャラクターもいい。
最近は正体不明、理不尽で惨忍な宇宙人ばかりが地球を侵略して来ていたので、
ポールのような知的でスケベでユーモアあふれるキャラクターはなかなか新鮮で魅力的だった。
オーソドックスなグレイ姿も見ていて安心、これぞ宇宙人。
地球人たちも個性的ながらステロタイプなキャラ設定で、その点もなかなか巧い。

上映館数の少ないマイナーな作品だが、案外口コミで評判になりロングランするかも知れない。


  1. 2012/01/07(土) 15:07:32|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0
<<誘惑について -FUJIFILM X-Pro1- | ホーム | 平成二十四年正月初席新春爆笑特別興行 第三部 於 鈴本演芸場 / 平成二四年一月四日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (60)
演芸など (306)
フォト・キネマ・アートとか (152)
道具のたぐい (37)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

archive

counter

search form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。