七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

点景・・・主題ではなく - allroad & ALLTRACK -

AUDI A4 allroad (2011/08/08 掲載)の 2013 版フェイスリフトが発表になって暫く経つ。
更改前より装飾が より抑えられて魅力増が主観的印象。
AUDI ブランド自体、特に A4 は売れ過ぎ走り過ぎの感は否めないが、
ニッチモデルの allroad は やはり独自のポジションで評価したいモデルなのである。




・・・ニュースが伝える人出を見て結局行く気さえ起こらなかった昨秋の東京モーターショウ。
展示車両のチェックもいい加減で、迂闊にも最近まで気づかなかった車がある。

Volkswagen Passat ALLTRACK。

いずれ出ないかと待望していた Passat のクロスオーバーモデル。
昨年の11月末には既に日の目を見ていたようだが、、
今さらながらに知って俄然興味が湧いているここ4~5日なのである。




外観に限れば ALLTRACK は allroad に比してかなり地味な印象。

しかし allroad は寂れた集落や仄暗い林道での佇まいを想像すると、どこか違和感を覚える。
日本の田舎の風景、或いはアウトドア然としたシチュエーションではスタイルが洒落過ぎなのだろう。
それに比して ALLTRACK の醸し出すある種の野暮ったさは、もっとカントリーライクなのだ。
そして LEGACY OUTBACK ほど骨太でなく、VOLVO XC70 に感じる幼稚さもない。
匙加減として中庸を得ている。 主張が程好く抑制され、出しゃばらず点景として収っている。

日本の風景に馴染む佇まい。ALLTRACK にはそんなものを感じるのである。

欧州リリースはこの春、日本への導入はいつになるのだろうか。
必然、比較モデルとして allroad の名が浮かぶが、
いずれもハイテクの塊のような 4WDシステムの性能比較を軸に、
それぞれの長短を仔細に見比べた記事を目にするのが今から待ち遠しい。

将来、車の買い替え時に状況がどうなっているかは知る術もないが、
次に欲しい車として妄想する候補が増えることは楽しいものだ。

さて、LEGACY のフルモデルチェンジは早くて再来年あたりだろうか・・・ 
 
 
  1. 2012/02/08(水) 14:21:38|
  2. 道具のたぐい
  3. | コメント:0
<<凍えて小声で嘆かぬように - NANGA portable down pants - | ホーム | ハンター -The Hunter- 於 新宿ミラノ・シネマスクエアとうきゅう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (55)
演芸など (300)
フォト・キネマ・アートとか (148)
道具のたぐい (36)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

archive

counter

search form