七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『 人形町 噺し問屋 その29 』  兼好独演会  於 日本橋社会教育会館8階ホール / 平成二四年三月三〇日

雑俳 / 昇也
花見酒 / 兼好

(仲入り)

アコーデオンライブ / 遠峰あこ
付き馬 / 兼好


兼好独演・噺し問屋、二度目。
前回と同じく(と云うか恒例なのだろう)開口一番の前に兼好自ら前説のようなスタンドアップトーク。
地方興行で見る面白い看板の話。 町村の掲げる看板でその規模やセンス、落語の受け具合も分かるとの説が面白い。
そしてタクシーの窓から見た看板が “お食事処古今亭” “ラーメン円楽” “日本料理正蔵” と来て、
最後が潰れた “ホテル白鳥” だったと出来過ぎたオチで掴みはOK。
前回このトークの後では開口一番が遣り辛かろうと思ったりしたが、
これで会場を温めて貰った方がいきなりより遣り易いと云う考え方も出来るかなと思った。

昇也は三年前の夏以来、当時の記憶はない。
なかなか落ち着いていていい前座さんだ。 少々早口だが声質のせいか聞き取り難さは感じなかった。
けれど早口な分、今回は何度か台詞が滑ってしまった。 もう少し速度を落とせばもっと良いと思う。
前座の持ち時間の宿命か・・・先日のフラワーのように、たっぷり遣っていいよ言われたらどう遣るか是非聴いてみたい。

兼好一席目、「花見酒」 は初めて聴く噺だったがなかなか面白かった。
兼好の酔っ払いを初めて見る。 今まで見て来たいろいろな噺家の酔っ払いより “ 酔い具合 ” は軽い感じ。
噺にもよるのだろうが、酔いが回ってしんどそうだなと思わせるほどの酩酊には見えなかった。
超ご機嫌だがヘベレケな感じがないとでも云おうか。
師が実際どのくらい飲まれるのか。他の噺ではどんな風に酔って見せるのか。 気になるところである。

仲入り後、遠峰あこなるアコーデオンのお姉さん登場。
年齢不詳、30過ぎ位かと想像するがまったく分からない。でもオジサンからすれば可愛い感じ、ちょっと色気もある。
芸はコテコテの昭和風味、何がきっかけでこの道に入ったのか・・・いろいろと本当にナゾである。
落語に纏わる歌シリーズに取り組んでいると 「らくだ」 に出てくる“ かんかんのう ”を聴かせてくれた。
一番は中国語で内容が分からないが結構卑猥な内容らしいとのこと。 意味が分からないから歌っちゃいますと高らかに。

兼好二席目 「付き馬」。
出て来て あこさんの “ かんかんのう ” を受けて 「らくだ」 を遣りましょうかと。
「花見酒」 に続いて二席とも酔っ払いの噺なのか? と訝しんだが会場は拍手喝采。
出来ればいいんですけどねぇ、間に合いませんで・・・と、いつもの笑顔で首をかしげる。
やはり冗談であった。 いずれ遣りますからとフォローしたが、場内、少しガッカリムード。
遣った 「付き馬」 は気持ち淡白な印象。 結局飲み逃げる客の個性がそれほど強くなかったか。
もっと図々しくて、なかの若い衆を苛めると云うか、からかう感じを出した方が面白いのではないか。
早桶屋の親方もあまり貫禄のある人物ではなく、若い衆との遣り取りを気持ち悪がって肝が据わった感じではなかった。
総じてライトテイスト、よく言えば軽妙、辛く言えば淡白な 「付き馬」 だった。

相変わらず笑いの絶えない師の高座だが、噺とがっぷり四つ組んだ印象ではなかった。
軽妙洒脱でグルーヴィな師のスタイルだけに、そのあたり重厚な後味を残すタイプではないとも云えるのだろうが。
兎も角も、師の落語は聴いていて心地好い。 今後も兼好通いはつづく。
 
 

  1. 2012/04/02(月) 12:08:39|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0
<<『 人形町らくだ亭 第四十一回 』 小満ん・雲助・左談次 三人会  於 日本橋公会堂(日本橋劇場) / 平成二四年四月二日 | ホーム | 『 圓太郎商店 独演その十二 』 圓太郎独演会 於 池袋演芸場 / 平成二四年三月ニ九日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (64)
演芸など (318)
フォト・キネマ・アートとか (160)
道具のたぐい (40)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

archive

counter

search form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。