七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『 新宿落語ナイト 』 菊六独演会 於 道楽亭 / 平成二四年四月六日

鮑のし / 菊六
長短 / 菊六

(仲入り)

崇徳院 / 菊六


仕事の切りが良かったので早めに事務所を出て原宿の Patagonia 渋谷店へ。
中間季用のジャケットを探していて Better Sweater Jacket が目に留まったので見に行く。
色は Stonewash、普段使いに良い色なので即決。 手持ちのHAGLOFS のフリースが着回ししにくかったのだ。
Amazon.com だと輸送料を含めて恐らく $170 前後、差額3,000円前後だろうから国内定価で買ってしまった。
Patagonia は日本で高い。 癪に障るがたまに欲しいモノの代えが他になくて選んでしまうのが悔しい。
明治神宮前から副都心線で新宿三丁目へ戻り、ハンズへ寄り道してから落語前に信州屋で鴨せいろを手繰った。
随分安いと思ったら鴨は挽肉だった。 まぁそんなものだろう。

三月中旬の前座の会以来の道楽亭、二度目。
今回改めて店のマスター(いや落語会の時は席亭か)を見て、
あちこちの落語会場でよくお見かけする人物であることに気づく。

客は25人位、ほぼ満席。 前回より早めに入ったので前から二列目の通路脇の良席を確保。
刻限となり菊六が暗幕で囲まれただけの楽屋スペースから登場。 狭い高座へ身を縮めて上がる。
間近で見てもこの人は清潔感がある。 そして老成すら感じる落ち着きを纏っている。
挨拶のあと、まだのお客様がいらっしゃるので少しお喋りをとまくらへ。 小さな所帯ならではの時間の流れだ。

やがて頃合、「鮑のし」。 よくある熨斗の由来でやり返して途中でサゲる遣り方。
菊六曰く、師匠・圓菊がこの先は詰まらないからオレは遣らないと言って教えてくれなかったそうだ。
なので自分もここまでしか出来ないのですと飄々と解説、もっと長いお噺ですがとお断り。

そんな訳で長講二席と行かないので短いところで 「長短」 を遣りますと続けて二席目。
個人的に 「長短」 は長さんの遣り方で好き嫌いが分かれるのだが、
菊六のそれは匙加減が程よく、長さんが愚鈍ではなく良い感じののんびり屋であった。
この長さんの気長なところを大げさに誇張して語尾を伸ばして喋ったり、
饅頭の食べ方などを奇妙なスローモーション風に演じて単に汚らしく見えてしまった噺家も記憶にある。
逆に過去聴いた中では小三治の長さんがとても好印象であったことを思い出す。

仲入り後 「崇徳院」。 先日扇遊で聴いたのが初の生高座だったが続く時は続くものだ。
菊六らしくシンプルで妙なくすぐりもなし、崇徳院の歌に纏わる若い男女の出逢いの顛末から、
三軒長屋の熊さんが江戸中をドタバタとお嬢さんを探し回るところまで、
口舌巧妙にこちらのイメージを十分に引き出してくれる。
身振り手振りをガサガサやらないところがこの人の良いところ。
特に道楽亭のような小さな函ではその特長が冴えるような気がした。

なかなか満足度の高い会であった。 お開き後の打ち上げは今回も不参加。
以前は高座でもニコニコしていた菊六が最近はあまり表情を崩さなくなったあたり、
酒を飲みながら探求してみたい気もしたが、それはまたの機会に。
今回は桜の候だったので一杯やる前に花園神社の夜桜を撮りたかったのだ。
暫し夜桜を見上げてからゴールデン街のポニーで一杯。
ここで飲んだら歩いて帰るのが最近の通例、途中柏木界隈にて神田川沿いの夜桜を再びカメラに収めて帰宅。
まだ寒さが身に沁みつつも、春爛漫の夜であった。
 
 
  1. 2012/04/09(月) 14:17:28|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0
<<小三治独演会 於 アミューたちかわ / 平成二四年四月七日 | ホーム | ある日、森の中・・・ -大信溶接工業所製作 熊除け鐘->>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (64)
演芸など (318)
フォト・キネマ・アートとか (160)
道具のたぐい (40)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

archive

counter

search form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。