七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

季節を逆戻り、別荘開き。 '12 春 - gradation of the season -

連休中、特筆すべきことはなかったけれど・・・でも備忘録として簡単に。
こんなことでも書かないと、全部落語の記事になってしまうよ。笑

4月27日に白酒を聴いてまっすぐ帰宅。
残りの準備を済ませて1時間ほど仮眠してから中央道を蓼科へ。


240508-0
往路 双葉SAより曙光


今年はGW前に事前チェックも兼ねた別荘開きをしていないので、いきなりの使用開始。
不具合があったら連休中の不便があるかも知れないと気を揉みつつ現地到着。
結果的には往く道すがらの心配は全くの杞憂で、異常個所は皆無で越冬していた。
やれやれである。


240508-1
ウッドデッキにカーミット


先行して風を通していると思いの外早く後発組が到着。
今回は兄弟友人含め男ばかり総勢8人で休日を過ごした。
(虫が出るので女性陣からは敬遠されている山の家である)

自分の最大の目的はフライ。 新調したロッド&リールで果たして釣果を上げられるか・・・
で、あったのだが、残念ながらボウズ記録を更新してしまった。
フライの師匠・将軍も釣果なし。 この結果から推して入渓ポイントが悪かったと結論づけておこう。


240508-4
久々の焚き火 ファイヤーポンチョ大活躍


釣りをやらない連中からは落胆の声も聞こえたが、料理上手な友人の肴で夜は屋外宴会。
ウッドデッキに卓を出し、久々に焚き火を突きながら酒を沢山飲んだ。

都合3泊4日、三度の入渓は全て空振りに終わったが、ノンビリと読書など楽しみながら、
街中の新緑、山裾の満開の桜から高原の冬枯れの森まで、季節のグラデーションを愛でて来た。


240508-2
我がカーティスクリーク 独り占めじゃないけど


白状すると、一度だけ餌釣りを試みたのだが、僅か四投目で竿先を折ると云う大失態。
これはとあるフライの先輩からのご忠告、今季はフライに集中せよとのお言葉に背いた罰であろう。

実際のところ、積年の誓いで餌師マスターと入りたい山奥もあり、一意専心とは行かぬ義理もある。
それでも、今季はフライで釣る。が最大目的であることには変わりはないのだが・・・


240508-3
カモシカ 遭うたび見つめ合う 同一固体かも知れない


連休は前半のみ。 後半は仕事をこなしつつ、一本映画を観に行っただけで大きなイベントは無かった。

振り返れば蓼科の数日が思い出だが、カモシカ・キツネ・シカを間近で見た位しかトピックの無い、
なかなか穏やかで良い休日であったと、日記には書いておこう。

これから半年、今シーズンは何度行かれるだろうか。



今回のツーリング <期間:4日>

  走行距離:544㎞     走行時間:9時間30分
  平均時速:57.26㎞/h  平均燃費:13.0㎞/L
 
 

  1. 2012/05/08(火) 18:18:06|
  2. 旅や野遊び
  3. | コメント:0
<<旅芸人の記録 - O Θίασος - 於 早稲田松竹 | ホーム | 『 J亭落語会 月替わり独演会 春シリーズ 』 白酒独演会 於 JTアートホールアフィニス / 平成二四年四月二七日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (64)
演芸など (318)
フォト・キネマ・アートとか (160)
道具のたぐい (40)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

archive

counter

search form