七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

『 ワザオギ落語会 』 白酒・兼好・扇辰・百栄・菊六 於 国立演芸場 / 平成二四年五月一九日

湯屋番 / 菊六
弟子の強飯 / 百栄
さじ加減 / 扇辰

(仲入り)

元犬 / 兼好
付き馬 / 白酒


半蔵門駅の改札を出ると後ろから着物姿の男性が来るのが見えた。
オヤと思ってよく見ると、マスクと眼鏡をしているが兼好師である。
ちょっと歩度を緩めて追いつかれ、“こんにちは”と声をかけてみる。
タイミングが唐突だったので少し驚かれたようだが、
“こんにちは、いつもありがとうございます。”とお愛想を返してくれた。
もう少し自然な感じで声掛けすれば良かった。 次の機会には気をつけよう。

開口一番から菊六とは贅沢と思ったが、内容は今ひとつに思えた。
若旦那が豆腐を遣いに行く件がどうもネットリしていて嫌な感じが残った。
所謂様子の良い噺家なのに、噺に猥雑な雰囲気があると何故か生臭く感じてしまう。
男の助平心を出す時はもっと崩したところがあった方が良いのかも知れない。
分かり易くヘラヘラニヤニヤして見せない分、ムッツリ感が出てしまっているように思う。

五師の中で百栄だけあまり積極的に聴かない。 新作と上方にはそれ程興味が湧かないのだ。
しかし今回の 「弟子の強飯」 はなかなか面白かったのだ。 師匠が高校2年生をスカウトする噺。
この高校生、酒も呑めば煙管も吸う。 喋り方は圓生そっくりと云う妙な少年。
圓生を観たことがないのでとても不思議な気分になる。
どこまで似ているかと云えば瓜二つとは行かないにしても圓生だと誰でも分かるくらい。
なんかとても新鮮で、不思議なものを見せて貰ったと云うのがまず以っての感想。
新作は良く分からない話の運びで笑いのツボが悉く自分とズレるのが今までの体験だっただけに、
奇を衒い過ぎていない分(ないからこそ)、抵抗なく引き込まれるような内容だったと思う。
こんな感じで聴かれるなら新作も悪くないと思う一席であった。

百栄と入れ替わり、座布団の色も変わって扇辰。
百栄の後は遣り辛いと云って、高座から暫し客席を見回す。
何を遣ろうか思いつかないと、少し沈黙も交えながら手探りな様子。
「さじ加減」 は初めて聴く噺。 政談ものでなかなか楽めた。
お白州でやり込められる加納屋(叶屋?)が小賢しいワルなので、素直にカタルシスがあった。
最後はお人好しの医者・阿部玄益の家主にまでやり込められてしまい、悪巧みも随分と高くついてしまう。
登場人物の多い噺だったが、この玄益の家主がなかなか印象に残る人物であった。
それにしても扇辰はムラがないと云おうか、回数を重ねるごとに好きになる噺家さんである。

食いつきは兼好。 扇辰とはガラリと場の雰囲気を変えて明るく楽しく。
「元犬」 も師のコミカルな表現で一層可笑し味が増す。
トリの白酒がまくらで言っていたが兼好は風邪気味だったようだ。
辛そうには見えなかったが、少々軽めに遣った印象が残ったのはそれがあったからかも知れないと一人合点した。

一昨日たっぷり聴いたばかりの白酒がトリ。 少々白酒飲み過ぎの感あり。
誰でもそうだろうが、殊に白酒は間を空けず沢山聴けるタイプではないと改めて思った。
何となく二日前のテンションのままと云おうか、聴いているこちら側の感受性がフラットになっていたように思う。
噺が変わっても登場人物の遣り方にそれ程差を感じなかったのも一因かも知れない。
一日置いて都合四席、噺ごとの印象が明確に分けられないのはこちらばかりに原因があるとも思えないのだった。

第三週は随分と落語な一週間であった。 次までは十日程空く、一旦頭から落語をキレイに追い出して臨もう。



  1. 2012/05/21(月) 17:47:42|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0
<<定席寄席 五月下席 初日 夜の部 於 鈴本演芸場 / 平成二四年五月二三日 | ホーム | 『 第27回 白酒ひとり 』 白酒独演会 於 国立演芸場 / 平成二四年五月一七日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (55)
演芸など (300)
フォト・キネマ・アートとか (148)
道具のたぐい (36)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

archive

counter

search form