七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

釣り魂が仇となり・・・ - 甥 と おいどんの夏休み -

かねてより小学2年生の甥が釣りとキャンプがしたいと言っていたので父子を連れ出した。
先週金曜の夜に別荘へ向かい2泊してキャンプ場へ移動し1泊。
折角だからキャンプ場へ2泊したかったのだが弟が乗り気でないので妥協のスケジュール。
(結局、弟もキャンプ2泊で良かったなと後になって・・・それ見たことか!)

この休みに至るまでが多忙の日々だったこともあり、土曜の別荘生活はかなりのんびりと過ごした。
温泉へ行ったり夕食の買い出しをしたり、馴染みの蕎麦屋へ寄ったり。
夕刻には入渓したかったのだが、甥がついて行きたいと言ってきかない。
お前はまだ小さいから無理だと言っても譲らないので取り敢えず入渓ポイントまで歩いて連れて行く。
彼の背丈よりも茂っている笹薮を見せ、遥か下にちらりと見える堰堤を指してあの先まで行くのだと。
それでも彼は行きたそうであったが、なにしろ装備もない。
渡渉も出来なければ釣りどころではないエリアであることが説明しても想像がつかない。
渋々諦めて戻ってくると馬の背を分けるような夕立ちがやって来て、行かなくて良かったと納得したのだった。

明けて日曜の早朝、父子が起きてくる前に独り入渓を敢行。 抜け駆けである。
GW以来の谿。 しかも独りでゆっくりと渓流で過ごすのは事実上これが今季初。
釣果は最大でも6寸のイワナとかわいいものであったが、約2時間半を澗声の中で過ごし、
久々の休日と安息を堪能し英気を養ったのであった。


240819


子供連れで釣りの出来る条件で絞り込み、南アルプスは釜無川の支流にあるウエストリバーを選んだ。
世間のお盆休み最終日となる日曜、既に人も少なかろうとの思惑は外れてサイトはほぼ満員。
至れり尽くせりのオートキャンプ場は子供連れキャンパーで溢れかえっていた。
浚渫して作られた川池状の釣りエリアで選んだのは岩魚釣り。 これが失敗だった。
ちゃんとした釣りを体験させたいと思うばかり、難しい渓魚を選んだのがアダとなってしまい、
目の前で放流されるも水面の気配に敏感な岩魚は早々に川底へ隠れてしまった。
田の字に区画されたエリアは、対岸の若者グループが川中の堰まで縦横無尽に駆け回って虹鱒を釣っている。
こちらが糸を垂らしている鼻先に彼等の尻が並ぶと云う、岩魚釣りには如何ともし難い状況。
結局、釣果は以前誰かが釣り逃した虹鱒が一尾自分の手で釣れただけで甥に釣らせることは出来なかった。
彼も楽しみにしていたし、こちらも釣果を上げて誇らしげに笑う彼の姿を見たかっただけに痛恨の極み・・・
魚の種類などに拘らず、イクラで虹鱒を釣らせてあげれば良かったと、
この時ばかりは自分の釣り人目線の愚かさが悔やまれてならなかったのであった。
(釣り担当のオジサンのアドバイスで放さずキープしておいた岩魚が4尾手元に残ったのはせめてもの救い)


240820-1


それでも久しぶりにして2度目のキャンプを色々と満喫していたようだった。
あれだけ人が居たにも関わらず施設内の露天風呂はタイミング良く貸切状態でゆっくり入れたし、
最終日にはこちらが道具の片付けをしている間に、父子で川に入って水遊びと涼を満喫していたようだ。
野外料理もあれこれ作って饗したが、満足だったようで準備した甲斐があったと云うものだ。
ただ満を持して作ったイワナバーガーに限っては、フライでなくムニエルだったのが予想外だったようで、
彼のイメージとは随分違った代物に落胆させてしまった。 ・・・どうも渓魚関係は完敗の黒星である。
個人的にはなかなかイケていたのだが、イワナバーガー。


240820-2


定刻の正午にチェックアウトして帰途、笛吹川フルーツ公園内にある眺望の良い温泉 『 ぷくぷく 』 へ。
温泉好きな甥はここも満足したようで、盛り沢山の3泊4日・三羽烏の旅を無事終えることが出来た。

返す返すも悔やまれるのは川釣りである。 奥多摩辺りでリベンジさせてくれよ、伯父は悔しくて堪らんのだ。
 
 
今回のツーリング <期間:4日>

  走行距離:478㎞     走行時間:9時間38分
  平均時速:49.62㎞/h  平均燃費:11.7㎞/L
 
 
  1. 2012/08/21(火) 17:21:23|
  2. 旅や野遊び
  3. | コメント:2
<<『 喜多八膝栗毛 夏之瞬 』 喜多八独演会 於 博品館劇場 / 平成二四年八月二三日 | ホーム | 『 ノラや寄席 』 兼好・えり 二人会 於 koenji HACO / 平成二四年八月一二日>>

コメント

to 高崎さん

野遊びレポートが貧弱なので落語記事に埋もれてしまっております。
一段落したのも束の間、有り難い事にさっそく次の仕事に追われておりますです。

今回は甥っ子の夏休みの思い出のひとつにと出かけましたので、釣りは余禄でございました。
だた、彼には子供騙しでも釣らせたかったと。
甥は渓魚も好物なんですが、バーガーはちょっとイメージと違ったようです。苦笑

写真は無塩トマトジュースで煮込んでます。
軽く焦げ目をつけてからジュースと粉末オニオンスープ、豆とマッシュルームを入れます。
思いついて後から玉葱を追加しましたがこれは一番先でしたね。
途中で塩・胡椒を適量と砂糖を少々加えて、ドライパセリやバジルを散らして出来上がりです。

フライフィッシング、買ったロッドに何とか今季中に魂入れて来季に繋げたいところですが、どなりますやら。
  1. 2012/08/29(水) 09:31:58 |
  2. URL |
  3. 良速 #TIXpuh1.
  4. [ 編集 ]

トマト煮?

ご無沙汰です
時々覗いているのですが
このレポには気が付きませんでした。

甥っ子さんの面倒を見ながらの釣りはさぞかしもどかしかったろうとお察しいたします。

これは岩魚のトマト煮でしょうか?
なかなか美味しそうに仕上がったようで。
僕もパクらせて頂いて是非挑戦してみようと思います。

岩魚バ-ガ-、やはり子供には肉でないとあきまへんかね。

今年もあと1か月でオフです
是非満足のいく良い釣りをなさって下さいませ。
  1. 2012/08/28(火) 22:51:35 |
  2. URL |
  3. 高崎 #Or5P97AM
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (60)
演芸など (306)
フォト・キネマ・アートとか (152)
道具のたぐい (37)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

archive

counter

search form