七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

ナウシカが飛んでいるかもしれない - 桐島ローランド写真展 『 TIMESCAPE 』 - 於 Island Gallery

timescape


ギャラリーからの案内メールが届いて気になっていた写真展。
昨日、都内をウロウロしていたので最後に立ち寄って来た。

朽ち果てた工業製品、特に重工業に属するものは一種異様な迫力がある。
自然に屈してゆっくりと分解、純化して行く様は生き物の死とは別の静けさを纏っている。
人が炎と油を使って生み出した異物も、やがては元の姿へ戻って行く。 自然に還る。
役目を終え忘れ去られた存在でありながら、何故かその孤独を楽しんでいるかのようにも見える。

迫力がありながらも、とても穏やかで静かな風景。
その場の風の音まで聞こえて来るかのようだ。
 
 
  1. 2012/09/06(木) 09:49:12|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0
<<『 第十七回 新宿 亭砥寄席 』 白酒・兼好 二人会 於 新宿文化センター 小ホール / 平成二四年九月七日 | ホーム | 『 人形町噺し問屋 その33 』 兼好 独演会 於 日本橋社会教育会館 / 平成二四年八月三一日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (60)
演芸など (306)
フォト・キネマ・アートとか (152)
道具のたぐい (37)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

archive

counter

search form