七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

ソロキャンプ 酒に酔えども 我に酔うな -甲信touring 10/5~10/8.2012-

連休は幾つか魅力的なお誘いを受けていて選択に悩む贅沢の末、
一人でゆっくりと大勢で賑やかの両方を楽しんで来た。

5日の23時に出発して明けて2時過ぎに蓼科の山荘へ到着。
一杯やりながらゴロゴロしているうちに眠りについた。最後に確認した時の外気温は9℃だった。
目覚めると土曜の10時半、ホットカツサンドを温めて遅めの朝食。
山荘に異常がないか確認し、暫しダルビッシュを観戦しながら正午前の気象情報で天気を確認。
大きく崩れることはなさそうなので出掛けに車へ放り込んできた道具あれこれを整理し直す。
久々のソロキャンプ、バックパックでなく車移動なのでやたらと持って来てしまった。
道具に触れているうちに気分が乗って来たのでキャンプ場へ予約電話をして山荘を後にした。

茅野の町に下りて忘れ物や欠如品の買い足し、食料を調達しながら移動して白州まで戻る。
以前複数の知り合いから情報を得ていた尾白川渓谷のキャンプ場へ。 到着は16時過ぎであった。
所謂低規格キャンプ場、設備は最低限のものがあるだけでホスピタリティを求める類ではない。
それでも連休とあってか既にそこそこの数のテントが張られていた。
取り敢えず要るかも知れないと持参したものをサイトに並べたが、絶対に荷物が多い。
久々なのでついつい欲張った。まぁ今回使わなければ次回以降のソロでは不要と判断すればいい。

食事は簡単に。道の駅で馴染みの地元店のソーセージを委託販売していたので調達、串刺しで焙る。
メイン、と云うほどでもないがコッヘルで米を炊いて秋刀魚の蒲焼の缶詰で丼を作って終了。
これで腹はくちて十分であったが、もう少し早めにチェックインして手の込んだものを作りたかったかなぁ。
酒は缶チューハイを一本空けた後はPETに詰め替えて持参したキンミヤでウーロンハイを作って食事の供とした。
食後はゆっくり。渓流の流れを耳で楽しみ、途中で調達したサントリーの白州工場限定モルトを飲む。
設営時にちょっとお隣さんとの距離が近いかなと思っていたところ、タープのみのサイトで早々にご就寝。
間に大きな石があって視線は届かないが、こちらの灯りが回り込んでお休みの邪魔になりそうだ。
明るいガスランタンからケロシンランプの小さな灯に替えて23時過ぎまで飲んだ。
やがて雨が降り出したのでテントに入り、BGMを澗声から雨音へ切り替えて眠りについた。


Oct_12-camp&BBQ


眠りが浅かった分、睡眠時間は長く起きれば既に8時前。朝は生パスタで温かいものをしっかり食べた。
雨上がりの岸辺の景色をボーっと眺めているうちにあっと云う間に一時間。
撤収に腰を上げたのが9時過ぎで10時出発を目処にしていたが少し早めの出発となった。
途中温泉へ寄って汗を流し、大勢で賑やかなイベントの方へ移動。 目指すは再び信州へ返して原村へ。

そこからはペンションでの生活。 繋がりはダイビングの仲間たち。 が、自分が一緒に潜った人は皆無。
庭でBBQ、ひとり近くにある村野藤吾設計の美術館まで散歩をしたり、皆で温泉へ行ったり。
夜はオーナーの心づくしなキノコ鍋を中心に晩餐。しこたま飲んで語って、記憶喪失でベッドへ潜り込んでいた。
明けて連休最終日。 どうして宿の朝食と云うのはあんなにも美味いのだろう。
しっかりおかわりもして腹を満たし、名残惜しいが渋滞も気にして10時過ぎには解散。
自分も午後にはやらねばならない仕事が東京で待っているのでスタコラ帰って来た。

声高に申し述べるほどのイベントではなかったが、
ちょっとした摘みとウィスキー、焚き火と灯りとシュラフがあればそれで十分。
久々のソロで家族や仲間と過ごすキャンプとは違う感覚を思い出すことが出来、有意義な休日であった。
何する訳でもなく、星空の下で静かに飲むのはシンプルでいいものだ。 但しそんな自分に酔わないように。
星降る夜にまた行こう。 ・・・今回は曇天だったからね。


今回のツーリング <期間:4日>

  走行距離:484㎞     走行時間:8時間6分
  平均時速:59.75㎞/h  平均燃費:13.2㎞/L


  1. 2012/10/10(水) 23:59:00|
  2. 旅や野遊び
  3. | コメント:2
<<『 秋 』 三三 独演会 於 なかのZERO 小ホール / 平成二四年一〇月一九日 | ホーム | 『 壽 朝太 改め 志ん陽 ・ 菊六 改め 文菊 真打昇進披露興行 』 九月下席 楽日 夜の部 於 鈴本演芸場 / 平成二四年九月三〇日>>

コメント

to 高崎さん

久しぶりに無為の贅沢を味わってきました。
不思議なもので更に削ぎ落としたいと云う欲が出るものですね。
高崎さんが山の中で独り過ごすお気持ちも改めて分かった気がします。

昨年は不慮の怪我で欠席した川原乞食デビュー、
今年はお仲間入り出来ればと思っております。
  1. 2012/10/12(金) 12:46:28 |
  2. URL |
  3. 良速 #TIXpuh1.
  4. [ 編集 ]

野遊び

久々の野遊びを堪能されたようですな。

テント、焚火、ランプの灯り、白秋のウイスキ-
これだけ役者がそろったら他にはなにもいりません。

ウイスキ-を舐めながら焚火で瞑想し
時のすぎるのも気にすることなく独りをたのしむ

こんな贅沢はありませんな!
  1. 2012/10/11(木) 22:57:41 |
  2. URL |
  3. 高崎 #Or5P97AM
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (60)
演芸など (306)
フォト・キネマ・アートとか (152)
道具のたぐい (37)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

archive

counter

search form