七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『 冬 』 三三 独演会 於 なかのZERO 小ホール / 平成二五年一月二八日

だくだく / 三木男
しの字嫌い / 三三
三人無筆 / 三三

(仲入り)

三味線栗毛 / 三三


この三三独演会は19時半と遅めの開演だが、18時半には仕事のメールを送り終えて事務所を出た。
中野に馴染みの眼鏡屋があり、そちらに眼鏡をふたつ持ち込んで調整して貰うためだ。
遠近両用のレンズはフレームの歪みで焦点がずれるが、徐々に歪むから気づかぬうちに見辛くなっている。
ふたつとも歪みを直しキレイにして貰い、その後ユニクロにも寄り道したがこちらは無駄足になった。

なかのZEROが会場の時は途中にある北国(ほっこく)と云うラーメン屋に寄ることが多い。
何てことはない町の普通のラーメン屋だが、今回はここで炒飯を食べてから会場入りするつもりだった。
ところが北国は休みであった・・・困った、口はすっかり炒飯モードだ。
開演まで30分あったので駅前へ引き返すとチェーン店が目に留まり迷わず入る。
しかしメニューを見ると炒飯はセットものの半炒飯しか見当たらない。
店員に訊ねるとやはり単品の炒飯は無いと言うので醤油ラーメンの半炒飯セットを頼んだ。
やがて来たサービスエリアで出すようなラーメンを啜り、可もなく不可もない炒飯にありついた。
ふと、ラーメンを頼まず半炒飯ふたつって頼めたのかなと妙なことを考えている自分がいた。

そのラーメン屋で隣に座った男二人。水商売のスタッフらしく耳に入って来る会話はキャバ嬢の面接が話題のようだ。
すると面接を受けるコが駅前から電話して来た模様。彼等の店から迎えを出すよう電話で先方の服装を知らせている。
程なくラーメン屋を出るとまさにその服装の女の子と、先ほどの二人組と同じ風体の男とすれ違った。
女の子は派手な化粧をしたスラリと脚の長いスタイルの良いコだった。 ・・・でもオレなら指名しないタイプ。
そんなこんなで結局会場には二番太鼓が鳴る時分に到着。 座って間もなく緞帳が上がった。

三木男は5人の二ツ目が客の投票で順位をつけられる勉強会でビリだったとぼやく。
やったのが 「 だくだく 」 で、惜しかったわねと声をかけて来たお客に投票してくれたのかと訊ねたら、
投票した“ つもり ”と返されたと 「 だくだく 」 の内容に絡めてまくらを落とした。
それからの 「 だくだく 」 である。ビリになったとぼやいた根多を聴かせるのかと・・・このまくらは考えものだな。

途中文菊を挟んだが年末からここまで白酒が続いた。 あのグルーヴでずっと来たので三三が随分渋く感じる。
「 しの字嫌い 」 は会話の中で “ し ” の付く言葉を禁じる噺だが、
聴いていて間違えて “ し ” が出ないかと妙な集中力が働いてしまい疲れる噺だ。
演り終えて三三もホッとしましたと言う。 短い噺だが演っている方も相当に集中力が必要で疲れるようだ。
「 三人無筆 」 は初めて聴く噺。 こう云う町人ばかりが出て来る噺も結構好きである。
侍が出てくると世界がうんと芝居がかってくるが、町人ばかりだと日常の出来事に思えて近しく感じる。
「 三味線栗毛 」 は個人的には微妙なポジションにある噺だ。
最後は錦木が検校に取り立てられてハッピーエンドではあるから良いのだろうが、
途中で錦木が惨めに病臥するところがどうにも印象深く、胸中にモヤモヤしたものが残り好きになれないのだ。
「 心眼 」 や 「 景清 」 も苦手な部類の噺だし、自分には盲人が出て来る噺が合わないのかも知れない。

前日は蕎麦屋でかなり飲んだので、この日はまっつぐ帰ると決めていた。
ふと道順を思い浮かべると大した距離ではないので試しに歩くと20分少々で家に着いてしまった。
運動不足の足しにもならないが、道中に酒の誘惑が無いのは健康的かなと思ったりして。
 
 
  1. 2013/01/29(火) 12:15:25|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0
<<レ・ミゼラブル - LES MISERABLES - 於 ユナイテッド・シネマとしまえん 3スクリーン | ホーム | 『 とみん特選小劇場 第41回 師匠と一番弟子 』 雲助・白酒 親子会 於 紀伊國屋ホール / 平成二五年一月二七日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (64)
演芸など (318)
フォト・キネマ・アートとか (160)
道具のたぐい (40)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

archive

counter

search form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。