七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

『 雲助蔵出しふたたび 』 雲助独演会 於 浅草見番 / 平成二五年三月三〇日

手紙無筆 / つる子
真田小僧 / 市楽
品川心中 / 雲助

(仲入り)

山崎屋 / 雲助


ひと仕事してから浅草へ。 昼食は仲見世界隈でと考えていたが甘かった。
日本屈指の観光地 浅草、どこも人で溢れかえっており店前は行列であった。
屋台もありか、コンビニで中華まんかとキョロキョロしているうちに見番に着いてしまった。
見れば斜向かい弁天なる蕎麦屋が。一旦会場に入ってお座布団を確保してから暖簾を潜った。
一見の店だし、品書きも見ずに掛け蕎麦を頼むと出汁のきいた美味い蕎麦だった。
値段も確かめず頼んだが500円であった。満足まんぞく。

この会は二度目、前回初見参して会の雰囲気の良いことに惚れ、
仲入りで今回の券を買っておいたのだった。(今回も次回分を購入)
それにしても盛況である。 立ち見が出てお膝送りをしたのは初めての体験であった。

色々なものに首を突っ込んで広く浅く・・・ひとつ事を究める事が出来ない浅学者であり、
当初は夢中になる割に知識が深まらない悪い性分である。
落語も例に漏れず後になって御通家のブログなどを拝見して成る程と感心することもしばしばだ。
雲助蔵出し に関しては特に信頼を置いて拝読しているお二方のブログで取り上げられている。
このご両人がお運びなら、自分の選択眼もなかなかだと自賛したくなる一方、
そこに書かれた内容に知らぬことが色々と盛り込まれており浅学を恥じ入る結果となるのである。

まず 「 品川心中 」 については今回の高座で演ったのは後半部分であり通しではないこと。
今まで聴いた 「 品川心中 」 はいつもこれであった。
つまり通しであることに気づかずにこの噺を聴いて来たことになる。
逆に 「 山崎屋 」 の冒頭に組み込まれた 「 よかちょろ 」 が
単独で演られる噺であることに知識が追いついていない。
二題の噺をとおしで聴いて楽しむと云う頭がないから面白味も半減であったことを後で知る始末。

まぁ、総じてそんな風に残念な感じなのである。
それでもこうした機会があればこそ新たな知識を蓄えられるのも確かで、
自分が行った落語会について他人様がどう書いているのか、
落語系ブログで読むのも楽しみであり、勉強であったりもするのである。

仕事の忙中、少し睡魔と鬩ぎあったが満足のひととき。
はねてからはまっつぐ帰って仕事を再開、夜中まで作業。
ひと山越すまで、あと一息である。


  1. 2013/03/31(日) 23:59:44|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0
<<小三治独演会 於 サンパール荒川 / 平成二五年四月四日 | ホーム | 『 圓太郎商店 その16 』 圓太郎独演会 於 池袋演芸場 / 平成二五年三月ニ七日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (55)
演芸など (300)
フォト・キネマ・アートとか (148)
道具のたぐい (36)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

archive

counter

search form