七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

『 春 』 三三独演会 於 なかのZERO 小ホール / 平成二五年四月二八日

チハヤフル / ろべえ
高砂や / 三三
五貫裁き / 三三

(仲入り)

質屋庫 / 三三


天気の良い昼下がりに何の因果か薄暗いホールへもくずり込む。

ろべえはいつもの自己紹介。 彼にしては長めのまくら。
三三の入りでも遅れているのだろうか。
何でも大学で応用物理を学んだそうだ。
親にお金を出して貰って学んだことは生かしなさいと、大師匠・小三治に言われたそうだ。
で、ニュートリノやらカミオカンデが登場する 「 チハヤフル 」。
発想はなかなか面白い。 もう少し作り込んでみて欲しい。
三三には破門決定と揶揄されていたけれど。

仲入りまでは途中スゥと意識が薄れた。
ホールに居ても外の長閑な空気は感じる。転寝したくなるような休日の午後なのである。
仲入りに缶コーヒーを飲んで眠気覚まし。

三三の出囃子は京鹿子娘道成寺だが、
三席目に流れたのものが自分にはどうも かんかんのう に聞こえたのだが、
あれは何だったのか・・・それがあって 「 らくだ 」 を演るのかなと思ったが、
トリ根多は 「 質屋庫 」、そしてこれがとても良かったのだ。
特に熊五郎の言うことがいちいちツボにはまって笑わせてくれる。
寝ずの番を言い付かった時に出された酒を飲んで、
以前くすねた酒と比べて うちのと一緒だ は傑作である。
この 「 質屋庫 」 は今年暫定ベスト1の一席だった。

かなりいいものを聴いた満足感で外へ出る。
携帯をみると前日も一緒に飲んだ友人H氏からメールが。
今晩キレイどころふたりと飲むので連荘だが出て来ないかとのお誘い。 断る理由は一つもない。
美女たちはタイミングが合わず入れ替わりで登場。 それぞれ一軒ずつ付き合って貰った。
H氏のグッジョブには涙が出る。 あー、つくづく良い休日であった。

がしかし、次回の三三独演・夏のチケット発売日を間違えて覚えていて、
逃したことが後ほど判明・・・こっちはつくづく残念である。


  1. 2013/04/29(月) 23:59:31|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0
<<定席寄席 四月下席 楽日 夜の部 於 上野鈴本演芸場 / 平成二五年四月三〇日 | ホーム | アイアンマン3 - IRON MAN 3 - 於 ユナイテッド・シネマとしまえん 8スクリーン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (60)
演芸など (306)
フォト・キネマ・アートとか (152)
道具のたぐい (37)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

archive

counter

search form