七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

師匠と弟弟子 -新緑の釣行 2013年 5月19日 -

昨シーズンは一度もなかったマスターとの釣行。
日曜に今季渓流デビューした若者・ヒデを連れて三人で谿に入って来た。
自分はもとよりマスターも初めて入る水系。
未明に着いた車止めから白みはじめた管理道路を延々と歩いて入渓ポイントへ。

今回は全員で餌釣り。 渓相もそれ向きでチョイス。
やはりフライ・ルアー・餌釣りでは持っている世界が違うから、
自分には同行者と同じ釣法で釣りたいと云う考えがある。
そのことで作られる空気の一体感とでも云おうか、
要は皆と同じ釣り方をしないと詰まらないのだ。


250522-0
入渓した途端 注意書き


下調べから選択した最初の沢は思いの外反応が薄く、
見るからに良い渓相ながら渓魚の顔を見ることが出来なかった。
沢山の川虫が採れたのが先への収獲、早々に脱渓して移動。
幾つか沢を見て廻るがどこも水量が少ない。暫く雨が降っていないようだ。


250522-1
山はどこも藤が満開だった


漸く次の沢を決めたのは11時を回った頃、
どこも同じような水量のせいか本流に入っている釣り人が多く、
支流によってはまったく人影が無く、そんな沢を選んでの二本目。
沢が東西に分かれていたので自分とヒデは西、マスターは東に入った。
ここでも10cmヤマメが一尾かかったのみで、気分も釣果も上がらず。
そこへマスターが8尾の釣果を持って帰還したではないか。
水は少ないがこまめに当たって行けば居るよとのこと。
奥が深いから今一度三人で西へ入ろうとなり、再入渓。

以前にもこんな事があった。コツコツと地味に当てて行く釣り方。
暫く条件の良い場所で釣って来た為にそんなことも忘れていた。
それを思い出しただけでも今回の収獲はあったと云うものだ。
結局この西側の沢でイワナを2尾釣り上げた。
あと2尾チャンスがあったがバラしたり走らせたり、
今回の釣果は後日友人達に振舞う予定があったので残念なことをした。


250522-2
イワナ 七寸届かず


17時前まで釣り歩いて脱渓。
もっと早くからここで釣っていればと後ろ髪を引かれながらの後片づけ。
ここでうっかり、返しのついた鉤を指先に深く刺してしまった。
こうなると厄介で、ちょっとその場の状況と道具では処置出来ない状態に。
同行の二人に詫びつつ車で40分程の大きな町の病院まで付き合って頂くことに。
お医者は局部麻酔をかけて鉗子でブチッと造作も無く引っこ抜いてくれた。
傷は大したこともなく、その後に温泉にもきちんと入って帰投。

友人達に振舞う釣果はマスターからもお裾分けして頂き、格好がついた。
今回は振り返れば終盤ちょっとした珍道中になってしまったが、
最後に入った東西の沢にはまた改めてじっくりと向き合ってみたいと思う。
 
 

今回のツーリング <期間:1日>

  走行距離:336㎞      走行時間:7時間04分
  平均時速:47.55㎞/h  平均燃費:11.8㎞/L
 
 
  1. 2013/05/20(月) 23:59:07|
  2. 旅や野遊び
  3. | コメント:0
<<『 鈴本余一会 第八回 古今亭菊之丞独演会 』  於 鈴本演芸場 / 平成二五年五月三一日 | ホーム | 『 第9回 ワザオギ落語会 』 於 国立演芸場 / 平成二五年五月一八日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (55)
演芸など (300)
フォト・キネマ・アートとか (148)
道具のたぐい (36)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

archive

counter

search form