七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『 夏のコタツ 』 小辰独演会 於 日本橋ピッコロ / 平成二五年七月六日

青菜 / 小辰
星野屋 / 小辰

仲入り

宿屋の仇討 / 小辰


前回、開演時刻を間違えて大遅刻をした会である。

前夜、午前様だったため遅く起きる。
二時開演に合わせて行動開始。 銀座へ出て、とある写真展へ。
作品群はユニークで良かったが会場の設えが宜しくない。
作品演出に会場の暗さが肝心な割に入口から外光が入り過ぎている。
大ベテランの写真展だけに大きな「?」が・・・何故こんな事に。
搬入が日没後だったのだろうか。 いやそれ以前の問題だ。
陽光が燦燦と降り注ぐ銀座の裏路地を少々残念な思いで後にする。
予定していたより写真展での滞在時間が短かった。
開演までまだ余裕があったので銀座トラヤ帽子店を冷やかすことに。
ハンチングを見たがこれだと云うものがなく散財せずに店を出た。

会場まで地下鉄に乗るには近いが歩くには猛暑日の日照りがキツい。
結局歩いて途中、京橋にあるモンベルにも寄って涼む。
丁度、北アルプス三県合同山岳遭難防止対策連絡会の催しの最中。
登山マップを配布中、昨年の遭難データがマッピングされたものだ。
一部分けてもらう。 山をやる友人に打って付けなので進呈しよう。

いよいよ会場へ向かう。
指呼の間まで来てコロコロを引きずった若者が足早に追い越していく。
小辰本人であった。 店先で席亭と話しているところへ追いつく。
挨拶を交わしてこちらも会場入り。
ワンドリンク付き、炎天下歩いて来たので生ビールを貰い一気に干す。
甘露甘露、この一杯は美味かった。

火照った体にあちこち歩き回った足の疲労と程よいアルコール。
小辰の噺を聴きながらスゥスゥと意識が遠のく。
「 青菜 」 は堪能したが 「 星野屋 」 は1/3くらい落ちていたと思う。
狭い会場のこと、小辰も気づいたことだろう。 悪いことをした。

仲入りで表へ出てすぐ脇にあった自販機で珈琲を買う。
後半は頭も冴えて 「 宿屋の仇討ち 」。 小辰の演り方は手堅い。
この噺は白酒で聴くのがいちばん好み。
これから小辰はどんな噺を十八番にするのだろう。 楽しみである。

開演が遅刻客待ちで遅れ、仲入りが小辰の着替えもあってか少し長かった。
この日は昼と夕のふたつの会をハシゴだったので気分が急いた。
思ったより終演が遅く、小辰への声掛けもそこそこに会場を後にした。
次の会場は浅草である。


  1. 2013/07/07(日) 23:59:14|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0
<<『 雲助蔵出しふたたび 』 雲助独演会 於 浅草見番 / 平成二五年七月六日 | ホーム | 『 人形町噺し問屋 その41 』 兼好独演会 於 日本橋社会教育会館 / 平成二五年七月五日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (64)
演芸など (318)
フォト・キネマ・アートとか (160)
道具のたぐい (40)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

archive

counter

search form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。