七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

『 人形町噺し問屋 その42 』 兼好独演会 於 日本橋社会教育会館 / 平成二五年八月一三日

大安売り / 竹のこ
だくだく / 兼好

仲入り

尺八 / 坂田梁山
三方一両損 / 兼好


この会場は噺家連中にも人気で、なかなか押さえ辛くなったと兼好。
来月は何とか確保出来たが、年内はそれでお仕舞いと残念な告知。
かと云って落語会を開かないのも何なので、
場所を深川に移して十一月に噺し問屋は開くと今度は嬉しい告知。
そんな中、今回初めて立ち見が出た。後ろを見て兼好が詫びている。
自分が通い出したのが「その28」であった。
ほぼ毎月だからそれほど前のことではなく、昨年二月のこと。
確かにその頃よりもお客は増えている。
それこそ最初からのご贔屓筋からすれば感慨深い立ち見騒動だろう。

「三方一両損」を聴いたのは初めて。
もっと堪能したかったが、ここ数日仕事が頭から離れず。
兼好ならば良い気晴らしになろうと期待しての今回であった。
もちろん、沢山笑って大いに楽しんだのだが、
ふと頭を過ぎる懸案事項がその笑いの風船をしぼませる。
そんなこんなで腹八分目でお開きを迎えることに。
まぁ、この会がなかったら更に悶々としていたことであろう。
落語に足を運べるうちは、まだ精神的に余裕がある証左と思っている。

仲入りに湯島へメールして空き具合を確かめた。
十時で店仕舞いですが是非にとの返信。
月遅れの盆の候、今週は早仕舞い営業のようだ。
九時半を回るようならば行かない積りでいたが九時過ぎに跳ねた。
移動もスムースで、ひと息ついて軽く呑める時分には暖簾を潜った。

雲助の惨劇を聴いた後で黙々と飲んだのが十日ほど前。
今回は仕事で少しクサっているが、美味い酒肴でこの日を締め括らねば。
蛤や がんもどきなどを突きながら女将と共通の友人たちの噂話をする。
早い人は既にお盆休み、あちこちへダイバー仲間が旅に出ている。
そこでちょっと面白い話を聞いていい気晴らしになった。
小一時間の寄り道だったが悪くない〆であった。

翌日、十一月の深川の席を確保すべく兼好へ電話。
人形町では定位置を取り置いて貰っているので予約電話は久々。
深川の件だと告げて、人形町でいつも座る位置相当の席番を指定した。
すると既に埋まっているとのこと・・・残念と思いきやそこで誰何され、
名を告げるとその席は人形町の見当で自分の為に確保してあったとのこと。
恐れ入ったお気遣い。オレ様もご贔屓筋の仲間入りか・・・?!


  1. 2013/08/14(水) 23:59:55|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0
<<1440 days - 西表島の休日 2013/09/13~17 - | ホーム | SHORT PEACE 於 新宿ピカデリー 1スクリーン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (64)
演芸など (318)
フォト・キネマ・アートとか (160)
道具のたぐい (40)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

archive

counter

search form