七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

『 第36回 白酒ひとり 』 白酒独演会 於 国立演芸場 / 平成二五年一二月三日

道灌 / はまぐり
牛褒め / さん坊
時そば / 白酒
花瓶(尿瓶) / 白酒

仲入り

木乃伊取り / 白酒


席に着くと隣は名の知れた御通家であった。
連れの人と今日ははまぐりが出ると話すのが漏れ聞こえた。
白酒が弟子を取ったのは知っていたが名は初めて聞いた。
開口一番でそのはまぐりが上がる。 初高座らしい。
初高座は後にも先にも一回きり、貴重なものを見た。
物怖じしない、きちんとした高座であった。
まだ前座でもない見習いだが、今後が楽しみだ。

すぐに白酒が上がるかと思いきや、さん坊であった。
いつもの調子。前座の割に色々話す。この会だけのことだろう。
白酒の配慮なのか、独演会を使って後輩に機会を与えているようだ。
「牛褒め」は独自のイレゴトがあり、かなりのオリジナル。
その挑戦と前に格下が演ったせいもあってか、少々緊張気味の高座。
年々、後ろから追いかけて来る後輩からのプレッシャーもあろう。
そうやって香盤の中で揉まれて行くのだろう。

漸く白酒。「時そば」は初めて。 どうやら師匠譲りの運びらしい。
前回の白酒ひとりを仕事で不意にしたのでまくら有りの高座は久々。
先日、池袋の主任を聴きに行ったがやはり独演会の方が堪能出来る。
「尿瓶」ははねてからお題目に「花瓶」とあった。
確かにキレイな噺ではない。 ごくたまに聴けば十分。
調べたら去年の暮にも白酒で聴いていたが他の噺家では一度も無かった。
「木乃伊取り」で清蔵が徐々に酔って行くのを見て酒が恋しくなる。
どうも落語を聴きに行くと、酒の噺でまんまと飲む気にさせられる。

国立演芸場の時は新橋へ寄るか高円寺へ戻るのがいつものコース。
今回は用事もあって大手町乗換えで湯島まで遠回り。
ご新規の大勢さんと最近通い始めたと云う常連さんでほぼ満席。
その常連さんの隣にお邪魔する。
一緒に飲んでいた仕事仲間が関西へ転勤してしまい独り飲みが増えたと。
身に憶えのある話だ。御仁は話しながら日本酒をくいくいと干して行く。
お強いですねと感心すると、今ので四合目だと女将が口を挟んだ。
聞けばご自宅は遠方、湯島はお勤め先からの通り道。 看板前にお帰り。
入りが遅かった自分は看板まで飲んで、更に女将に一軒付き合って貰う。
日付がかわったところで店の衆も交えて、故あって乾杯。
酒が変わったせいか、暫くすると急に酔いが回って真っ赤になった。
眠気も誘って疲れがどっと出た感じ。帰りのTAXIでは到着まで眠りこけた。

次回の白酒ひとりはチケ発売日を失念して取れなかった。
代わりといっては何だが、一月の百栄との二人会にでも行こうか検討中。


  1. 2013/12/04(水) 12:15:17|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0
<<酒肴と火あれば冬の宴 -河原乞食の忘年会- 2013 (※12/10 末尾に追記) | ホーム | BP5-A 維持費 - running cost 2012~2013 ->>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (64)
演芸など (318)
フォト・キネマ・アートとか (160)
道具のたぐい (40)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

archive

counter

search form