七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

定席寄席 一二月中席 楽日 夜の部 於 鈴本演芸場 / 平成二五年一二月二〇日

たらちね / ございます(途中から)
................................

悋気の独楽 / 小辰
ジャグリング / ストレート松浦
時そば / 菊太楼
豊竹屋 / 志ん輔
漫才 / ロケット団
太閤記 / 圓太郎
露出さん / 百栄

仲入り

粋曲 / 小菊
宗論 / 一朝
奇術 / アサダ二世
徂徠豆腐 / 扇辰


鈴本の中席で扇辰が主任を務めていた。
14日も考えたが当日は映画に行ったので後日改めようと。
いよいよ金曜が楽日だったので足を運んだ。
交代出演の小辰が出番であったし、文左衛門の代演が圓太郎。
菊太楼には悪いが他の六師は好きな噺家がズラリと並んだ。
この顔づけなら申し分なく、聴けば菊太楼も良かったし。

久々に志ん輔を聴いた。「豊竹屋」は義太夫を唸る噺。
喉が強くない師の熱演に、聴いているこちらが力んでしまった。
明けて今日、師のブログを読むと昨日の高座の事が書いてある。
千秋楽でもあり今年最後の寄席の高座でもあるので精一杯・・・
と云うことであった。読んでいて嬉しくなる心意気だ。

トリの扇辰が出色であった。
扇辰を初めて聴いたのが「徂徠豆腐」であった。
冷奴をやけに美味そうに食べるのが印象的であった。
今回もそれは変わらず。 寒い冬に冷奴だけの飢え凌ぎ。
季節感たっぷりで、大いに楽しませて貰った。
楽日ならではの充実感とでも云おうか。
この日を選んで良かったと思わせるものであった。

以前、小辰が師匠の話として言っていた。
扇辰の贔屓は“扇辰も好き”程度の距離感であると。
確かに自分もその一人かも知れない。
ただこの人だけと云うよりは、欠かせぬ噺家達の中のひとり。
知っている客だけの楽しみ。そんなに広まらなくてもいい。
我先と席を確保せずとも、心安くゆっくりじっくり聴ける。
扇辰の魅力には、そんなところも含まれている気がする。

かなり満足して湯島へ。店はひと段落したところらしく。
先客は二人連れだけで、女将もひと息ついている感じであった。
お通しでビールを干していると、つぶ貝の煮貝が二つ出て来た。
ひとつは先っぽまで上手く引き出せず切れてしまった。悔しい。
出汁巻き玉子は自分で頼んだが、あとは何かとお任せで出て来た。
やがて常連さんが二人来ていつものペースで四方山話。
閉店まで飲んで解散。
一旦駅まで行ったが気が変わり女将にメール。
一軒行くかと誘ったら行くと言うので地上に戻る。
リクエストで店近くのビストロでお疲れ様。
気づけば地下鉄終了、TAXIで帰宅も信号が通って足代は安かった。


  1. 2013/12/21(土) 11:31:57|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0
<<『 暮れのコタツ 』 小辰独演会 於 食堂ピッコロ / 平成二五年一二月二八日 | ホーム | ゼロ・グラビティ- Gravity - 於 ユナイテッドシネマとしまえん 8スクリーン 3DIMAX>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (64)
演芸など (318)
フォト・キネマ・アートとか (160)
道具のたぐい (40)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

archive

counter

search form