七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

新潟遠征 入渓から -NIIGATA expedition  15. Jun. '11 #2-

 (前回のつづき) 

呆気ない口開け。 先に竿を出したマスターが第一投で1分も経たぬうちに1尾目をキャッチ。 
「今日はいるよ。」 とマスターがニヤリ。 平日にこんな奥までやって来たのだ。 そうでなくては。
釣り始めてみると、さすがに支流出合いより上流なのでその分 水量は少ない。
渓相も少しスケールダウンして全体の把握が容易になった。 その分、目に留まるポイントも密集している。
奥地へやって来たと云う実感はいや増し、森と渓が包み込んで来る気配は濃密で独特なものがあった。

最初の当たりが来たのは釣り始めて30分ほどして。 静かにグィと引き込まれる感触に竿を立てる。
思いのほか強い抵抗に期待しつつ慎重に引き寄せながら釣り上げると、鈍色の魚体が躍り出た。
パッと見た感じでもそこそこのサイズ。 揚げてみれば27㎝のイワナ、いきなり自己新記録サイズであった。
下顎が発達した頭は大きくなかなかの面構え、鰭も長く鋭く総じて精悍な姿。
なかなか勇ましい。 ここまで来た甲斐があったと云うものだ。


230615-3

27㎝ イワナ 自己新記録サイズ (過去 24㎝)


さらに30分後、かなり分かり易い落ち込みの底取りをして2度目のヒット。 伝わってくる手応えは悪くない。
流れに負けぬように竿を操りキャッチしてみれば鮮やかな黄金の腹をしたイワナ、先ほどよりキレイな魚体だ。
やはり形が良い。 体長24㎝、自分としてはサイズも満足の域で意気も上がる。 今回は出来れば3尾揚げたい。


230615-4

24㎝ イワナ 釣果の中でベストビューティ


山容水態。 渓相は徐々に険しさを増し、巨岩を縫って奥へと続く。
上流へ目を向けるとアイストップの山肌には少しだが残雪が見受けられる。
晴れた青空に新緑が眩しく、梅雨の晴れ間と云うより里より遅い春の盛りと云った景色がつづく。

釣行も終盤。 暫しベテランの風格、マスターの釣り姿、竿・仕掛けの操りなど観察しつつ、沢登を楽しむ。
そして13時を過ぎた頃に3尾目がヒット。 2尾目より若干スリムだが24㎝のイワナ。 釣果目標達成である。

結局、それを最後に1325時、マスターの声掛けで納竿。 その場で腸を抜き、帰り支度。 1350時に撤収。
恐らく最源流部への二股までは残り150m位の距離だったのではと推測。
この距離が指呼の間に思えて巨岩続く渓相では結構な長さで、確認までには至らなかったのが心残りではあった。


230615-5

左上:山には僅かながら残雪  右上:岩と化し渓魚を狙うマスター
左下:行程は終始 道なき道  右下:渓相は美しくもあり 猛々しくもあり


復路は相当にしんどいものであった。 前夜ほとんど睡眠がとれなかったこともあり、疲れが早く出始めた。
フェルト底のウェーディングシューズでの長丁場も登山靴とは違った疲れを蓄積するし、ルートの9割が道なき道だ。
往路の彷徨によるタイムロスも体力のロスに繋がっていた。 次第に膝の古傷にも負担がかかり、身体は重くなる一方。
それでも両手で体勢を庇える自分は楽な方で、道中 山菜を山のように採って持ち歩いているマスターはそれ以上だ。
たかが山菜と思われるかも知れないが、あれで量があると結構な大きさと重さになるものなのだ。

結局、車止めに辿り着いたのは1843時、出発してから14時間半のことであった。
湯沢の健康ランドで腹を満たして湯に浸かり、仮眠のつもりが夜中の2時まで爆睡。 東京着は4時半であった。
日帰り釣行27時間。 鋭気と疲労と釣果と反省と意欲と・・・色々と印象深い遠征であった。

マタイツカ ドコカヘ。



今回のツーリング <期間:1日>

  走行距離:399㎞       走行時間:5時間24分
  平均時速:73.89㎞/h   平均燃費:12.6㎞/L



(おしまい)

  1. 2011/06/19(日) 11:53:53|
  2. 旅や野遊び
  3. | コメント:4
<<『127時間』 -127 HOURS- 於 新宿武蔵野館 1 | ホーム | 新潟遠征 入渓まで -NIIGATA expedition  15. Jun. '11 #1->>

コメント

to sora

渓流は居心地良いです。流れる水は飽きませんね。
ここは足腰やられました。普段の鍛錬が必要だなと痛感しました。

魚の写真、もうちょっと気を遣ってキレイに撮らないと。
以前から雑だなと思ってたんですが、
このところ他のフィッシャーの写真をみてちと反省中です。

今季はまだ餌釣りオンリーなんですよ。
餌釣りとフライ、魅力はそれぞれですね。
小継ぎのフライロッド&リールを先輩から貰ったんで、
タイイングセットを揃えないと・・・初期投資がかかりますな。
やはりフライはタイイング習って自作しないとね。
まだまだやってるうちに入らない新米ですから。
  1. 2011/06/26(日) 10:29:56 |
  2. URL |
  3. 七敵 #TIXpuh1.
  4. [ 編集 ]

いやー。いいですねー。この雰囲気。バスとはぜんぜん趣きが違いますねー。いい景色だ。
いい魚体ですな。惚れぼれ。
しかし、足腰鍛えられそうですな。
言い方忘れましたが、フライはトップウオーターなんですか?気分いいでしょうね。あ。ドライか。浮くやつは。
フライはラインシステムを作るのが面倒なんで・・。海もハリスを作るのが面倒で・・。Bassがらくちんです。
  1. 2011/06/25(土) 19:36:03 |
  2. URL |
  3. sora #nOJiXcNY
  4. [ 編集 ]

to foxx

なかなか尺越えに至りませんで。
あげてみたいな30㎝。

キャンプ、マスターとやったら大ご馳走なのだ ♪
  1. 2011/06/20(月) 11:23:04 |
  2. URL |
  3. 七敵 #TIXpuh1.
  4. [ 編集 ]

おっ、大きいのあげたね~~。
キャンプしながらやるといいかも。
  1. 2011/06/19(日) 19:09:53 |
  2. URL |
  3. foxxzappa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (62)
演芸など (313)
フォト・キネマ・アートとか (157)
道具のたぐい (39)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

archive

counter

search form