七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

冬、中信へ -信州ツーリング 2014 2/8~2/9 その1-

週末はあの大雪の中、遠出の予定を敢行。
信州は原村一泊ツアー、潜水仲間が集まっての宴会であった。

土曜、首都圏は午前三時から雪の予報。
中央道で気掛かりなのは笹子トンネルを通過出来るかだ。
そこを越えてしまえば一般道でも目的地まで行く目処が立つ。
出発を30分早め7時半に。朝の時点では諏訪ICまで行かれる状態。
やがて封鎖範囲が広がり、最終的には甲府昭和ICで降ろされた。
途中事故も目撃、雪は強まるばかりで致し方ない処置と思われ。
しかし並行する国道20号には思いの外、渋滞や混乱は無かった。

それにしても降雪は激しくなるばかり。
現地集合の同じく東京組2台がまだ出発していない。
子供連れを含んでいるため、学校があって出るに出られない状況・・・。


oyaji-2014-1


高速封鎖を切り抜けた我が班は一路諏訪湖へ。
途中、別荘へ寄りたかったが行程遅延の為それは断念。
昼食に寄るつもりであった諏訪湖に程近い「うなぎ古畑」へ直行。
結局店まで四時間半、今回は運転を労って同道のH氏のご馳走に与る。
腹もくちくなって漸く人心地ついた。次は強張った体をほぐしたい。
「えびす屋」でワカサギの唐揚げを買ってから下諏訪まで足を伸ばす。
目指すは共同浴場「菅野湯」、お気に入りの鄙びた風呂へH氏を案内。
大雪の中、先客もひとり。深くてやや熱めの湯船が気持ち良い。
上がるまで他の出入り人数は三人と静かな午後のひと風呂であった。

食事と温泉で心身ともにリラックス、残る道草は酒の調達である。
岡谷の知人に教えて貰った酒屋「信濃屋」へ。
以前は蔵元巡りもしたが、目当てがあれば酒屋の方が便利である。
自分用、お遣い用、宴会用と二人で何本か調達して任務完了。
さて、いざ原村。諏訪から戻ると標高も上がり雪も激しくなるばかり。
除雪車とすれ違う中、あちこちで擱座する乗用車を横目に走る。
手助けをと都会者が粋がって木乃伊取りが木乃伊では洒落にならない。
気の毒ではあるが我が身可愛さもあって横目で通過する。

原村はペンション村の指呼の間まで来て除雪が間に合わない道に突入。
粉雪に四輪が微妙に空転し、船を操る時の浮遊感に近いハンドル捌き。
それでも車は雪上を駆け上がり、漸く目的地に着いたのだった。

さて、宿に落ち着き各地から参加の各班は如何にと様子を窺う。
するとその後、大雪は予想以上の猛威を振るうことになるのであった。


(つづく)
  1. 2014/02/10(月) 18:00:52|
  2. 旅や野遊び
  3. | コメント:0
<<冬、中信へ -信州ツーリング 2014 2/8~2/9 その2- | ホーム | 定席寄席 二月上席 三日目 夜の部 於 鈴本演芸場 / 平成二六年二月三日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (60)
演芸など (306)
フォト・キネマ・アートとか (152)
道具のたぐい (37)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

archive

counter

search form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。