七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『 らくご街道 雲助五拾三次 -酒- 』 雲助独演会 於 日本橋劇場 / 平成二六年二月一九日

のめる / 雲助
幇間の炬燵 / 雲助

仲入り

らくだ / 雲助


三回に亘り「名人長二」をかけた五拾三次。
二回目に行かれなかったので三回目をパスした。
そんなこんなで昨年十一月以来のこの興行。
今回のテーマは酒。

「のめる」と云えば以前に聴いた文左衛門が印象深い。
誰が演っても“のめる”が口癖の男は文左衛門の顔が浮かぶ。

「幇間の炬燵」、初めて聴く噺。
落語に出てくる幇間には悲哀を感じる。
おもしろうて やがてかなしき 鵜舟かな 芭蕉 
てな感じである。

出囃子が“かんかんのう”で根多出しの「らくだ」。
この「らくだ」がなかなか良かった。
屑やの久六が本当に情けなくて気の毒で。
その分、酔っ払ってからの変貌振りが無類の可笑しさであった。
小三治の「らくだ」も好きだが、雲助も甲乙つけ難しだ。

はねてから今週土曜に小辰の会で行く日本橋の食堂ピッコロへ。
先の小辰の打ち上げに出て以来飲みに行こうと思っていた。
店に入ると客がいない。 想定外のことで一瞬怯む。
小さく流れているジャズが却って静けさを強調する。
やぁどうもと挨拶をして目が泳ぐ・・・どこに座ろう。

結局勧められた席に落ち着いてデキャンタで赤を頼む。
摘みはグリルしたチーズと馬刺し四種のプレート。
他に客が居ないのでのっけから奥さんと落語の話。
やがてマスターも厨房から半分顔を出して来て話しに加わる。
色々話しているうちにワインが空いてしまった。
ちょっと迷ってもう一度デキャンタを頼んでしまった。
これがいけなかった。都合1リットル飲み干して長っ尻。
遅くまで居座ってしまい悪いことをした。

罰が当たって地下鉄で爆睡。 久々にやってしまった。
行って来いをやって慌てて下りたがどの駅だったか憶えていない。
引き返すも最終で東陽町止まり。
TAXIを拾って首都高まで使う破目に。足代は木戸銭の倍以上・・・。
ピッコロの酒手はお手頃だったのに、イタイ出費。
酒がテーマの落語会に行って、酒に呑まれてしまったとさ。
 
 
  1. 2014/02/20(木) 12:59:00|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0
<<『 冬のコタツ 』 小辰独演会 於 食堂ピッコロ / 平成二六年二月二二日 | ホーム | 『 人形町噺し問屋 その45 』 兼好独演会 於 日本橋社会教育会館 / 平成二六年二月一八日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (64)
演芸など (318)
フォト・キネマ・アートとか (160)
道具のたぐい (40)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

archive

counter

search form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。