七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

ラッシュ/プライドと友情 -  RUSH  - 於 TOHOシネマズ六本木 スクリーン4

自分の前後を含めてスーパーカー世代である。
兄はちょっと外れているが自分と弟は印象深い。
中学受験を控えて息抜きのひとつがスーパーカーだった。

その頃とF1の日本GPがリンクする。
しかしこの物語に描かれた76年のGPは記憶に無い。
翌77年の事は良く憶えている。
ピーターソンとビルヌーブが第一コーナーで接触しコースアウト。
ビルヌーブの車が大破して観客に死者が出る惨事となった。
その辺から自分のF1の記憶が始まっている。
前年のラウダの事故は過去の出来事としての知識だ。

何しろ子供だったからF1レーサーの実在がピンと来なかった。
マッハGoGoGoの三船剛とさして変わらない感覚で捉えていた。

大人になってこうして当時の出来事をほぼノンフィクションで振り返る。
なるほどと思う反面、そう云うものかと思うところも。
F1レーサーともなればスーパースターだが、その実は一己の人間なのだ。
そこの弱さも垣間見て、イメージから来るスケール感がぐっと縮まった。


rush
(C)2013RUSHFILMSLIMITED/EGOLITOSSELLFILMANDACTIONIMAGE.ALLRIGHTSRESERVED.

 

迫力のレースシーンは見応えがあった。
事故後、苦しみながら復帰を果たすラウダの件も凄まじい。
それとは別にハントが抱いていた心弱さみたいなものも引っかかる訳で。

内容は決してレーシングスポ根ものではなかった。
パンとサーカスとグラディエーターの日々。
さながらF1サーキットは現代のコロッセオのようだ。

久々に「栄光のル・マン」が観たくなった。
 
 
  1. 2014/02/25(火) 12:30:29|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0
<<ほとりの朔子 於 シアター・イメージフォーラム シアター1 | ホーム | 『 冬のコタツ 』 小辰独演会 於 食堂ピッコロ / 平成二六年二月二二日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (58)
演芸など (305)
フォト・キネマ・アートとか (149)
道具のたぐい (36)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

archive

counter

search form